紙飛行機の調整:縦安定

飛行機の軌跡を見れば、縦の安定性が解る。
調整は、尾翼端に僅かな曲りつけて、後端の揚力によって揚力中心を変えることで行う。
1.ノーズが重すぎる場合は、後端に下向きの揚力を
2.ノーズが軽すぎる場合は、後端に上向きの揚力を

1.は、通常の旅客機がノーズを重くなるようにして、尾翼に下向きの揚力を発生させている場合と同様である。

20140606-062305-22985098.jpg

後部の端にスジを入れて、後端部の揚力を調整する。

20140606-144905-53345958.jpg

仰角が増加すると、空力中心に上昇する力が増大し、回転モーメント(トルク)が発生して、仰角を安定させる。(重心位置が前にあれば)

20140606-145235-53555834.jpg

(Visited 665 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です