柏、拍手(はくしゅ、かしわで)

魏志倭人伝

魏志倭人伝には、邪馬台国などの倭人(日本人)の風習として「見大人所敬 但搏手以當脆拝」と記され、貴人に対し、跪いての拝礼に代えて手を打っていたとされており、当時人にも拍手を行ったとわかる。

かしわで、かしわ手

宮中の料理人である「膳夫(かしわで)」と関連があるとする説や、手を合わせた時の形を柏の葉に見立てたとする説もある。

礼手のように、日常は食前・食後に行う事から、膳夫に建膳・撤膳を求める合図とも、食前食後の感謝ともされる。

『続日本紀』では、慶雲年間(和銅の前。704年から708年まで)に「跪く礼法」を廃した事が記述されている。慶雲元年(704年)7月 :に大宝2年(702年)に派遣された粟田真人ら大宝の遣唐使が帰国。慶雲年間には、遣唐使の報告や実際に律令を施行した上での諸問題を是正する政治改革が行われた(慶雲の改革)。また、平城遷都も立案された。707年に元明天皇即位。

拍手と拝(神前での敬礼作法の一つ。 最も敬意を表わす作法で、腰を90度に折った姿勢をいう)の形式は、神社によっても異なります。 手の打ち方には、二拝二拍手一拝のときに打つ「短拍手(みじかて)」、八つ打ってさらにその終わりに短拍手を一つ打つ「八開手(やひらて)」、直会(なおらい)で盃を受けるときに一つ打つ「礼手(らいしゅ)」、神葬祭(しんそうさい)のときに音をたてずに打つ「忍手(しのびて)」などがあります。 拝には、座って行う「坐拝(ざはい)」、立ったまま行う「立拝(りっぱい)」、そして、座った位置と立った位置にて行う「起拝(きはい)」などがあります。 伊勢神宮では、起拝を四度繰り返す「八度拝(はちどはい)」・「八開手」と呼ばれる拝礼作法を、出雲大社では、「四拍手(しはくしゅ)」という拝礼作法を行っています。 古来からの伝統的拝礼作法。

コメントを残す