iPhone、アンドロイド携帯とMP4、MOV

どんなビデオカメラが使い勝手が良いか?
モバイルブラウザへの対応が要点か?
1、スマホで閲覧投稿できること
2、スマホカメラの動画形式に対応していること
3、ウェブ上のオープンソースに動画をアップロード、ダウンロードできること

ビデオカメラで撮影した動画形式を見ていろいろな疑問点が出てきた。

スマホ携帯で撮影してウェブサイトにアップロードする時代になって、画像形式もMP4やMOV形式が使い勝手が良いようです。Flashの動画形式は、その閉鎖性からAppleが採用しなかったこと、YouTubeやニコニコ動画の普及、スマホ携帯で採用されなかったことなどの理由で衰退してきた。

ちなみにスマホカメラの場合、
androidスマホで録画した動画形式はMP4です。
iPhoneスマホで録画した動画形式は拡張子MOV(MP4 H.264)です。
iPhoneに内蔵のカメラは、静止画のほかに動画の撮影にも対応しています。ファイルフォーマットは静止画がJPEG、動画が「H.264/MPEG-4 AVC」(「H.264」と略して呼ばれることが一般的です)に固定され、他のフォーマットに変更できません。

代表的マルチメディアコンテナ
柔軟なコンテナは多くの種類の音声や動画を含むことができる。有名なマルチメディアコンテナは次の通り。

Audio Video Interleave (AVI)
以前Windows用の標準だったコンテナ、やはりRIFFをもとにしている。なお、近年のものでは一部DivXやXvidといったMPEG-4準拠のコーデックを必要とするものなども存在する。

QuickTime file format (MOV)
QuickTimeの標準コンテナ。アップル社のMac OSを中心に使われているが、Windows版もある。

MPEG-2システム
MPEG-2系フォーマットの一種。現在、以下の2フォーマットが存在。
 1.MPEG-2 TS
世界各国のデジタル放送規格の多くで採用されているコンテナ。
 2.MPEG-2 PS
DVD(DVD-Video、DVD-VR)などで採用されているコンテナ。

MP4
主にMPEG-4関連の動画・音声の記録に用いられている標準コンテナ。QuickTime file format(MOV)がベースとなっている。QuickTime PlayerやWindows Media Playerなどで再生可能。

iPhoneで再生できる動画ファイル形式
iPhoneはm4v、mp4などが再生できる
youtubeはmp4形式ですので再生できる。またmov、ptという「QuickTime」で主に使われている動画形式もiPhoneで再生することができます。

アンドロイド携帯では、
WMV、MOVなどの動画をAndroid携帯で見る為には、拡張子がこのままの状態では不可能なので、まずはビデオ形式と言われているMP4やFLVなどといった形に変換をするという作業を行う必要があります。ただ拡張子を変換しただけでは当然Android携帯で見る事は不可能なので、動画形式変換を行うソフトが必要になってきます。この変換ソフトも色々な種類が出ていますし、中には無料で使用できるソフトもある
無料の場合は体験版という形で支給されている事が多くなっているので、WMV、MOVなどの動画をAndroid携帯で見る為には、お金を払ってアプリケーションソフトを購入するという方法が必要になってくる。

まず、ビデオカメラで最近流行っているスポーツなどで使うアクションカメラでは、MOV形式とMP4である。
どちらが良いか?
MOV形式とは、Apple Computer社が開発したマルチメディア技術のフレームワーク「QuickTime」における動画ファイルのフォーマットのことである。 拡張子には「.qt」や「.mov」が付く。 MOV形式のファイルはMOVコンテナと呼ばれる。 これは階層的構造をもっており、同じファイルに動画像や音声のほか、テキストやエフェクトなどの情報を含めることができる。

MOV、MP4、というのはコンテナと呼ばれ、単なるファイル形式です。
重要なのは、そのファイルの中で使われている動画圧縮形式です。

MOV、MP4、共に「H.264」という動画圧縮形式を使用する事が出来ます。
MP4は主に使われる形式はH.264なのですが、
MOVの方は、H.261、H.263、H.264、など色々な形式が使われてきました。

GoProはMP4形式
ISAWはMP4形式
SJCAMのSJ4000などはMOV形式

動画ファイルには、いくつかの種類がありますが、オリンパスのデジタルカメラでは、 AVCHD 形式、MPEG4 形式、AVI 形式、MOV 形式 などで記録されます。
xz-2などではMOV(MP4H.264)です。

スマホは、動画形式はMP4が基本のようです。

パソコンでMP4動画

Macの場合、システム(OS X)に標準装備の「QuickTime」というソフトウェアにより、H.264の再生がサポートされています。Windowsの場合も、iTunesとともにインストールされるWindows用QuickTimeがあれば、iPhoneで撮影したH.264動画の再生が可能になります
これは、iPhoneでも事情は同じです。

iPhoneには、H.264の録画/再生に対応したチップ(エンコーダ/デコーダ)が搭載されているので、かつてパソコンでも負荷が高く扱いづらいとされていたH.264動画を無理なく扱うことができる。

フルHD対応とビットレート

最近のデジカメもフルHD(ハイビジョン)対応以上になってきた。アクションカメラも同じである。

フルHD対応とは高解像度のデジタルテレビ放送(HDTV)のうち、走査線1080本以上の方式のこと。また、そのような映像を表示できる、1920×1080ピクセルの画面解像度のこと。
パソコンでも1920×1080ピクセルの画面です。
デジタルテレビ放送の映像信号には、既存のアナログテレビと同じ走査線525本の方式(SDTV)と、720本、1080本の方式(HDTV)がある。このうち、最も解像度の高い1080本の方式をフルHDと呼んでいる。大画面テレビやDVD/HDDレコーダーなどでは「フルHD対応」が売り文句の一つとなっている。

MOV、MP4、というのはコンテナと呼ばれ、単なるファイル形式です。
重要なのは、そのファイルの中で使われている動画圧縮形式です。

MOV、MP4、共に「H.264」という動画圧縮形式を使用する事が出来ます。
MP4は主に使われる形式はH.264なのですが、
MOVの方は、H.261、H.263、H.264、など色々な形式が使われてきました。

現在、WMV、DivX、H.263、H.264、など数ある動画圧縮形式の中で一番圧縮率が高いのがH.264です。WMV、DivX、H.263はほぼ同じような圧縮率です。H.264はその1.5~2倍程度の圧縮率が有ると思っていいです。

単純に言えば、2GBのH.263動画を、H.264では1~1.5GBのファイルで表現する事が可能となります。

2.9GBのMOVというのはH.263が使われていたんでしょうかね。
2.9GBのMOVと、100MBのMP4を比べて「同じくらいの画質」と感じるのは、それは元々「2.9GBのMOV」が無駄にファイルサイズを食っていただけの話。つまり、200MBのMOVで充分な動画だったってことです。

>また、画像と動画で比較すると↓、こんな感じですか?

違います。
RAW画像ファイルは、「未圧縮」もしくは「可逆圧縮」です。
そしてJPEG画像は、「非可逆圧縮」
「可逆圧縮」とは、字の意味のごとく、未圧縮の状態に戻せる圧縮方式。戻す事が可能な圧縮形式。つまり劣化が無い。
「非可逆圧縮」とは、未圧縮の状態に完全には戻せないが、それっぽいデータに戻せる圧縮方式です。つまり劣化が有る。

H.263は「低圧縮率な非可逆圧縮」、
H.264は「高圧縮率な非可逆圧縮」です。
動画圧縮形式の大抵は「非可逆圧縮」であり、劣化が有ります。
未圧縮の動画データって、すぐに100GBくらいに成っちゃうんですよ。2.9GBというファイルサイズの動画なら、それはつまり「生」ではなく、JPEGの様に「圧縮されているデータ」なんです。

H.263が低圧縮率・・・と言っても、数年前までは主流の規格だったんです。パソコンの処理速度の向上により、最近、マシンパワーの必要なH.264がやっと使えるようになってきた。昔のパソコンだとH.264は再生もままならないんです

動画編集ソフトや、動画変換ソフトを使って、動画を変換する必要があります。

ビットレートを上げれば、画質が良く成り、ファイルサイズが大きく成る。
ビットレートを下げれば、画質が悪く成り、ファイルサイズが小さく成る。
ファイルサイズ(MB) = ビットレート(kbps) × 時間(秒) ÷ 8192
そして、あまりビットレートを上げ過ぎても意味が無い。

しかしホームページに公開するとなると

1、スマホで見れるか
最近のiPhone5などではフルHDのMP4が見れるそうです。しかし旧型も多い。
このためには、フルHDよりも少ない方が良い。保守的に見て
1280×720ピクセル 30p ビットレートは最大でも3MB/秒ぐらいが良いようです。

2、投稿に画像形式の変換や画像圧縮が必要ないと便利

この観点からはあまり高級なビデオカメラでないアクションカメラは最適かもしれない。

ーーー
Macの上で無料にMP4をMOVに変換する手順
まず、フリー動画変換ソフトMacX Video Converter Free Editionをダウンロードして、インストールしてください。
それから、以下の手順に従って、MP4からMOVへ変換しましょう。
mp4 mov 変換
1、「ビデオ追加」ボタンをクリックして、お好きなビデオフォーマットを入力してください。
2、出力プロファイルを選択してください。ここでは、こういう順番:Macの通常映像->MOV動画(MPEG4)。そして、「完了」ボタンをクリックしてください。
3、「ブラウザ」をクリックして、保存先フォルダを選択してから、「Run」ボタンをクリックしてください。
以上のように、ただ簡単な3歩でフリー動画変換ソフトでMacの上で無料にMP4をMOVに変換する完了。それから、お好きなデバイスへ変換して、動画再生もできるようになります。ちなみに、動画変換と動画編集には、もっと多彩な機能を体験したい場合、正式版MacX Video Converter Proをご利用ください。370プロファイルを内蔵するため、vob, avchd, mkv, m2ts,mp3, avi, flv, mp4などを相互変換、動画をiPhone/6/6 Plus、iPad Air、iPad Air 2、iPad、iPad mini 3、Xperia Z1/Z2/Z3、Galaxy Note 4、iPad、Android、Fujitsuなどに無劣化で取り込みへの完璧な対処法を提供している。また、Youtube動画をダウンロードすることや、ビデオを編集することや、スクリーンをレコーダすることや、スライドショーを作成することなど順調にいけます。

ーーー
『MX 動画プレーヤー』はアンドロイド用のムービープレイヤー。ダウンロード数は5000万件以上をほこり、Google Playでのレビューでは☆4.7の高得点を出している「超定番」アプリです。

高い人気の理由はいくつもありますが、すぐれているのは「多数の動画形式を再生できる」ことと、「操作のしやすさ」にある。

ーーー
GoProとiPhoneの画像比較

(null)

投稿者: tokyoblog

Dr of Systems Scyence

コメントを残す