神社

高市、河俣神社、忌部山、天太玉

近つ神奈備 古くは神奈備を直接に拝礼していたのであるが(今もそうして構わないのだが)、後

牛頭天王と兵主神、蚩尤と武器作り、天日槍

『史記』の封禅書にあった。その中で兵主神は、山東八神―天主・地主・兵主・陽主・陰主・

湯立神楽、湯立神事、垂水神社、武貝児王

武貝児王、武養蚕王 武殻王は、鵜足郡井上郷玉井村(現在の綾歌郡飯山町下法軍寺)の讃留

葛城、剣根命、葛城襲津彦

『神武紀』:高尾張を葛城といい、剣根を葛城国造とした 高尾張邑に土蜘蛛がいて、身の丈が

安曇、綿津見、志賀海神社

わあ海神社の総本社、志賀海神社(しかうみじんじゃ) 福岡県福岡市東区志賀島にある神社

真清田神社、天香山、高倉下

神社神明細帳によれば 当社の創建は崇神天皇の御代のこととされるが、当社の社記によれば

星神、香香背男、星の宮、天背男

甕星香香背男ともいう。東国に多い星の宮に祀られている。 神武天皇以前からの神である。

伊迦賀色許男命、宇陀、水分神社

伊迦賀色許男命. いかがしこをのみこと 別名 伊香色雄命:いかがしこをのみこと. 饒速日命六

阿太加夜奴志多岐喜比賣と和加布都努志命

阿太加夜奴志多岐喜比賣を祀る神社は、 出雲・伯耆において米子市の阿陀萱神社、松江市東