近畿

伊香郷、伊香色謎命、欝色謎命、

開化・崇神天皇の時代 伊香色雄と伊香色謎の時代に物部氏は天皇家と密接に結託して大躍進

山城国、山背、京田辺、宇治

古くは「山代」と記され、7世紀に「山背国」という表記で国が建てられた。 この名称は、平

春日・和邇臣、淡海国造、天押帯日子命、粟田臣

和珥氏は、奈良北部に勢力をもち、天皇の母系となった古代日本の中央豪族。 本拠地は旧大

阿自岐神社、阿知吉師、和邇吉師

阿直岐(あちき)は、記紀によれば、百済から日本に派遣されたとされる人物。阿自岐神社の

葛城、剣根命、葛城襲津彦

『神武紀』:高尾張を葛城といい、剣根を葛城国造とした 高尾張邑に土蜘蛛がいて、身の丈が

高倉下、鞍手、鞍橋

神剣を熊野の高倉下が神武天皇に渡す 神倭伊波禮毘古命は、熊野村に着かれた時に、大熊が

浦島太郎の伝承と、各地の月読神

丹後伊根町 丹後半島の東側,日本海や若狭湾に面した,伊根,朝妻,本庄,筒川の4つの村

伊迦賀色許男命、宇陀、水分神社

伊迦賀色許男命. いかがしこをのみこと 別名 伊香色雄命:いかがしこをのみこと. 饒速日命六

山背根子

山背国造と山背根子 摂津の山氏の祖。神功(じんぐう)皇后摂政元年,皇后が新羅(しらぎ)(朝鮮)