絹、倭文

平成八年夏、天理市の下池山古墳(三世紀末-四世紀初)から国産の銅鏡を包んだ袋としてブ

安寧天皇、威徳天皇、渟名底仲媛命、磯城津彦

渟名底仲媛命(ぬなそこなかつひめのみこと) 安寧天皇の皇后。息石耳命と懿徳天皇と磯城

紀伊三所神、伊太祁曽神社、五十猛、大屋毘古

『日本書紀』巻一第八段一書第五  素盞嗚尊の子の五十猛命、大屋津姫命、抓津姫命の三柱

祇園祭り、八坂神社

祗園社と祇園祭 元慶元年(877)疫病が流行したので占ったところ、東南の神の祟りとされた。そ

聖武天皇、桓武天皇

聖武天皇、称徳天皇 769年5月に称徳呪詛事件が起きる。聖武の娘・不破内親王は安積親

道臣命、大伴氏の祖

刺田比古神社 延喜式内社、和歌山城の氏神、吉宗公拾い親の神社である。岡(現在の和歌山

高市、河俣神社、忌部山、天太玉

近つ神奈備 古くは神奈備を直接に拝礼していたのであるが(今もそうして構わないのだが)、後

牛頭天王と兵主神、蚩尤と武器作り、天日槍

『史記』の封禅書にあった。その中で兵主神は、山東八神―天主・地主・兵主・陽主・陰主・

湯立神楽、湯立神事、垂水神社、武貝児王

武貝児王、武養蚕王 武殻王は、鵜足郡井上郷玉井村(現在の綾歌郡飯山町下法軍寺)の讃留