宇陀の酒部、木の酒部、神櫛王、五十日足彦

古事記に

 景行天皇、針間之伊那毘能大郎女を娶して生みませる御子、櫛角別王、次に大碓命、次に小碓命、次に倭根子命、次に神櫛王なり。
神櫛王は、木国の酒部の阿比古、宇陀の酒部の祖なり。 櫛角別王は茨田の下の連らの祖なり。

日本書紀に

次の妃、五十河媛は、神櫛皇子と稲背入彦皇子を生めり。(記は垂仁皇女の阿邪美都比売り命が稲瀬毘古王に嫁いだとする)
その兄、神櫛皇子は、これ讃岐国造の始祖なり。 弟の稲背入彦皇子は、これ播磨別の始祖なり。(景行紀、四年の条)

天皇本紀に

またの妃、五十河媛は、神櫛皇子と稲背入彦皇子を生んだ。[景行天皇の条]より
五十河彦命は、讃岐直、五十河別の祖なり。大稲背別命は、御杖君の祖なり。櫛角別命は、茨田連の祖なり。

新撰姓氏録に

    讃岐公 (右京皇別)   大足彦忍代別天皇(景行帝)の皇子 五十香足彦(亦の名、神櫛別命)の後なり。
    酒部公 (和泉国皇別) 讃岐公と同祖、神櫛別命の後なり。
    羽咋公 (右京皇別)   垂仁天皇皇子、磐衝別命の後なり。亦名、神櫛別命なり。続日本紀に合えり。

五十日足彦命は垂仁ではなく、その次の大王景行帝の息子だとされる「神櫛皇子=神櫛王=神櫛別命」と同じ人物で「櫛角別王、五十河彦命、五十香足彦」の別名も持っていた四国の讃岐を本拠地とする豪族の祖だったことが明らかになります。

「石田君」の正体

日本書紀によれば「石田君」の祖先は垂仁帝と山背の苅幡戸辺との間に産まれた五十日足彦命(イカタラシヒコ)という皇子なのですが、古事記は苅羽田刀辨の生んだ五十日帯日子王は「春日の山君、高志の池君、春日部の君の祖」であると記して内容が一致しません。また厄介なことに古代氏族の名鑑とも言うべき「新撰姓氏録」には肝心の「石田君」という姓を持った氏族が掲載されておらず、その代わりに次のような文章が記録されています。

讃岐公  右京皇別   大足彦忍代別天皇(景行)の皇子 五十香足彦(亦の名、神櫛別命)の後なり。
酒部公  右京皇別   同皇子(五十香足彦) 三世孫の足彦大兄王(タラシヒコオオエ)の後なり。
酒部公  和泉国皇別  讃岐公と同祖、神櫛別命の後なり。

そして姓氏録は、この他にも「山公 和泉国皇別 五十日足彦の後なり」「山守 摂津国皇別 五十日足彦の後なり」とも伝えていますから、垂仁帝の皇子だと記紀の云う「イカタラシヒコ」の実体は、どうやら景行帝の皇子だとされている「神櫛別命」という人物であるらしい事が分かります。出典:http://www.ten-f.com/ishida-to-hatashi.html

五十日足彦尊は、垂仁天皇と薊瓊入媛との皇子で、成務天皇の別名である。(中略)膽香足媛の「イカガ」は、今の五十河のことである。[丹後旧事記]

京都府八幡市の石田(イワタ)神社

五十日足彦命を主祭神とし、大山咋命を配神として鎮座しているのが延喜式内社の石田(イワタ)神社で、同社が建つ周辺の地名も「岩田茶屋の前」と呼ばれているのです。また、そこから、ほぼ東の方角に1.7㎞ほどの距離にも「磐裂神」を祀る石田神社(岩田辻垣内)があり、岩田の字を持った地域全体を支配していた「石田(イワタ)」一族の存在を強く印象付けます

和気氏

和気氏が自分たちの祖先だとする鐸石別命は、垂仁帝と丹波道主王の娘・渟葉田瓊入媛との間に産まれた皇子であり、古事記は「沼帯別命(鐸石別命)と伊賀帯日子命(イカタラシヒコ)は兄弟」だと記しています。

「酒部之祖」 「古事記景行天皇段日神櫛王者木国之酒
部阿比古宇陀酒部之祖 とあ り酒部は職 に
てすなわち氏なり… 」 

「帰化人と酒部」 「仁徳天皇の朝に酒を造る韓人帰化
し酒部公其人を掌 りしことあ り… 」 

「酒殿塵」日籐三鏡 すなわち八腿の鏡を皇太神宮 に奉献 されてい るが,そ れ と同時に鋳造 されたものが,奉 献され てい る日前宮の 古代図に 「酒殿臆間口六間妻二間御酒造
所」が北中央に配置 されてい る… 等