標本と標本空間 sample/sample space

ある測定方法を定めてそれによって得られる測定結果を考える。 実際の測定結果を標本とよび、その集合を標本空間という。

標本と母集団

分布モデルでは、測定値が無限個あると抽象されており、その無限の測定値のかたまりを「母集団」populationと呼ぶ。

  • 分布 distribution。母集団の確率分布を母集団分布とよぶ。
  • 統計学上の考察をするときには、「標本」はモデルとする母集団から「抽出」されたものであるとすることが前提になっている。この場合、「無作為抽出」にしたがっているなら、「標本」は母集団の特徴を反映すると考えることができる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-12 (日) 13:22:00 (3746d)