就職活動実態調査

レジェンダ・コーポレーションは6月2日、2010年度入社を目指す大学生、大学院生の調査結果を発表している。

  • 調査の対象・方法
    調査対象:就職活動をしている23万1800名の学生
    調査方法:インターネットアンケート
    調査時期:2009年5月13日から19日の1週間
  • 調査回収
    • 有効回答数は6106人。(男性57.7%、女性42.3%)。(大学生72.8%、大学院生27.2%)
  • 調査結果(前年度も併せて表記)
            入社年度   2009年 2010年
    平均エントリー企業数 59.3社 66.4社
    説明会参加企業数   23.2社 23.6社
    面接参加企業数    11.5社 11.3社
    内定獲得数(平均)   1.57社 1.04社

ベルヌーイ試行の仮定

ここでは、面接に参加した学生が、内定を得る確率をpとして、ベルヌーイ過程と考える。

すなわち、

一回の試行(面接)の成功確率pが一定
個々の試行が独立

と仮定する。これは、サイコロ投げのように、独立にn回試行する状況と同じである。

二項分布

個々の試行での成功確率p のとき,N 回のベルヌーイ試行のうちで,x 回成功するとき,その確率変 数x は2項分布に従う. 2項分布の確率関数は、x回成功する確率を表し

p(x) = Pr(X = x) = NCx*p^x*(1 − p)^(N-x) 
ただし、 NCx=N!/{x!(N − x)!}
  • 平均値
    • Xの期待値: E[X] = Np
  • pの推定 前の実態調査によれば、2010年度入社の学生は、11.3回面接に参加して、平均1.04社の内定を得ている。そこで、1.04=11.3*P から 1回の試行の成功確率は、おおよそp=1/11程度である。一方、2009年度の場合は p=1.57/11.5 であり、大幅に成功確率が低下したことが認められる。

エクセルで2項分布

エクセルには二項分布を直接計算する関数もあります. 各試行で,事象E(成功)の起こる確率をpとするとき,そのうちN回の試行でx回成功する確率は、BINOMDIST(x, N, p, false)で計算できます。

  • 例えば、10回サイコロを振って3回1の目がでる確率は、BINOMDIST(3, 10, 1/6, false)=0.15504536 です。

2010年度入社の場合の内定確率

syuusyoku-kakuritsu.JPG
syuusyoku-naiteiritsu.JPG

2010年度入社と2009年度入社の比較

syuusyoku1.JPG
syuusyoku2.JPG

添付ファイル: fileSyuusyokuNaiteiRitsu.xlsx 257件 [詳細] filesyuusyoku-naiteiritsu.JPG 391件 [詳細] filesyuusyoku2.JPG 386件 [詳細] filesyuusyoku-kakuritsu.JPG 381件 [詳細] filesyuusyoku1.JPG 385件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-24 (土) 10:14:00 (3371d)