ラプラス変換とは:Laplace transform

ラプラス変換とは、時間tの関数f(t)が時刻0以降で与えられている時、次の変換によって定義される関数F(S)を積分によって求めることである。積分区間は零から無限大である。 Sは複素数であり、時間領域の実関数f(t)の複素領域の複素関数F(S)への変換である。

The Laplace transform of a function f(t), defined for all real numbers t ≥ 0, is the function F(s), defined by:

F(S)=L{f(t)}=∫Exp(-st)f(t)dt 

The parameter s is a complex number:

S=σ+iω
with real numbers σ and ω.

確率論とラプラス変換

Xの確率密度関数がf(x)の場合、fのラプラス変換は、exp(-sx)の期待値とみなせるので、sを-tに置きかえれば、xのモーメント生成関数と見ることができる。そこで、マルコフ過程や取り換え理論のような確率過程に用いられる。

Laplace transform is defined by means of an expectation value. If X is a random variable with probability density function ƒ, then the Laplace transform of ƒ is given by the expectation

 (Lf)(s)=E[exp(-sx)]

By abuse of language, this is referred to as the Laplace transform of the random variable X itself. Replacing s by −t gives the moment generating function of X. The Laplace transform has applications throughout probability theory, including first passage times of stochastic processes such as Markov chains, and renewal theory.

ラプラス変換の性質


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-10 (木) 13:15:00 (3475d)