ウサイン・セント・レオ・ボルト

Usain St. Leo Boltはは、ジャマイカの陸上競技短距離選手である。 17歳の時に200mで20秒を切る[5]など若年から将来を期待されていたが、身体の成長に伴う故障が数年にわたって続いた。それを克服し100m、200mの世界記録保持者となった。 2008年8月20日、北京オリンピック陸上男子200m決勝で、19秒30の世界新記録(当時)で優勝する(ラップタイム9秒96 - 9秒34)。風速-0.9m/sという不利な環境の下、“不滅の世界記録”“向こう100年は破られない”と言われたマイケル・ジョンソンの世界記録19秒32(当時)を12年振りに0秒02更新した。

2009 世界選手権 ベルリン(ドイツ)100m 9秒58 世界新記録
2009 世界選手権 ベルリン(ドイツ)200m 19秒19 世界新記録
  • 自己記録
    100m:9秒58(+0.9m/s)(2009年8月16日、世界記録)
    200m:19秒19 (-0.3m/s)(2009年8月20日、世界記録)
    400m:45秒28(2007年5月5日)
    400mリレー:37秒04(2011年9月4日、世界記録、最終走者) 

身長195cm、体重94kg。短距離選手は身長が180cm台の選手が多く、190cm以上の長身の選手はスタート時の静止状態からの加速が鈍くなるため一般に不利とされる

走法

  • 大きい歩幅:日本陸連科学委員会が2009年8月の世界選手権100メートル競走決勝におけるボルトの走りを分析した結果
    • 長身を生かし、2m78cmの非常に大きなストライドを活かしレース中盤から加速し最高速に達し一気に飛び出す後半追い込み型
    • ゴールラインを超える最後の一歩は2メートル99センチ5ミリに達し、これは100メートル競走における史上最大級の歩幅
    • 身長に対する歩幅の比も140パーセントと他の選手に対して大きい
  • 大きい骨盤と肩の揺れ:2012年7月12日NHK朝の放送より
    • 着地と蹴りのつどに、左右に骨盤が大きく揺れて、強い蹴り?を生みだしている。
    • 不安定にみえる走り方  一般的に首は振らない方が良いと言われる しかしボルトは首を振り、トカゲ走法と言われている これが矯正できれば、もっと良い記録が期待できる?????

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-12 (木) 14:14:00 (2322d)