下記により、SwikiのWebを立ち上げ  公開:--->http://tokyo.atso-net.jp:8000/

  • Swikiは、一般のWiki以上に機能テンコモリ。Squeak言語ゆえ。
  • しかし、練習場で勉強して
  • 通常の編集は、このサイトのpukiwikiとよく似ている。

 Swiki練習場:何ができるか良くわかる

Swiki ダウンロード

  • 下記のサイトで日本語化template 1.3用を感謝しながらダウンロード
  • http://ma2tak.dyndns.org:8888/ma2tak/1222
    default template 1.tar.gz
    refs template 1.tar.gz
    なお、新HELPとForm部分の日本語化はしていません。
    また、このサイトに適した書き換えになっている

 本体と日本語テンプレート

  • まず本体を解凍し、次に2つの日本語天応レートを解凍し本体に上書き

    #ref(): File not found: "swiki0.jpg" at page "Swiki+インストール"

 squeakの実行

  • 上記のimgファイルをexeファイルにドラグ&ドロップ
  • 下記画面のとおり実行
  • まず port#を決める。私の場合8000としてsave&quit
  • つぎに,画面で下記のURLを入れれば、8000portでWeb公開できる
    http://mysite:8000/

#ref(): File not found: "swiki1.jpg" at page "Swiki+インストール"

 Web公開画面

#ref(): File not found: "swiki2.jpg" at page "Swiki+インストール"

管理画面

  •  管理画面の入り方
  •  http://mysite:8000/admin/help#getStarted
  •  セキュリティをクリックし管理パスワード変更

    #ref(): File not found: "swiki3.jpg" at page "Swiki+インストール"

  •  以上で一応使える

使い方

  • http://127.0.0.1/admin (ポート番号 80 以外の場合は http://127.0.0.1:8080/admin などとして)にアクセス
  • ユーザー名とパスワードを要求されるので、それぞれ admin 、password と入力して決定 管理者画面が現れます
  • 画面上段から Security ボタンをクリック
  • 右下の入力欄に : で区切って適当な管理者ユーザー名とパスワードを入力
  • 左下の update security ボタンをクリック
  • これで管理者のユーザー名とパスワードを変更できました。
  • 以後、この管理者画面に移動するには、ここで指定したユーザー名とパスワードが必要になります。
  • 画面上段右手の Create ボタンをクリック
  • Name 欄に新しく作る Swiki ブック名を入力
  • このブック名は URL も兼ねるので短くてわかりやすいものがよいでしょう。 ここでは仮に test とします。
  • 左下の create new Swiki ボタンをクリック
  • 左手のコラムに test が追加され、新しいブックの管理画面が現れます。
  • 画面上段中程の Go There ボタンをクリック
  • 新しい Swiki ブックへのアクセスを開始します。
  • URL は http://127.0.0.1:8080/test になっているはずです。
  • これでまっさらな Swiki ブックを作ることができたので、あとはページを作ってリンクを増やしてゆけばよいでしょう。新しいページを作ってそこへのリンクを張るには、次の手順を踏みます。

edit ボタンをクリック 表示中のページのタイトルやソースを編集するための画面があらわれます。 ソース中に新しいページのタイトルにしたいフレーズを入力します。 たとえば、ここでは「new page」とでもしましょう。 新しいページのタイトルにしたいフレーズを * でくくります。 「*new page*」というふうにくくります。 入力欄の左下の save ボタンをクリック ページ内容を表示する画面に戻ります。 new page の直後に作られた create ボタンをクリック 新しいページが作られ、その編集用の画面が現れます。 適当な内容を入力して左下の save ボタンをクリック

初期設定

  • 管理者パスワードの変更
http://localhost:(設定した番号)/admin/

にアクセスすると、ID、パスワードを聞かれますので、それぞれ「admin / password」と入力すれば、「Swiki Admin Tool」というページになります。

次に「Security」のイメージをクリックして、「Allow All」のところで、「admin:password」とあるところを任意のものに書き換え、「update security」ボタンをクリックします。

  • Swikiディレクトリの作成

導入時には「refs」というSwikiディレクトリが予め作られていますが、これとは別に新しくSwikiディレクトリを作ってみます。同じく「Admin Tool」の画面で「Create」のイメージをクリックして、「Name」のところに適当な名前を入れて、「create new Swiki」をクリックします。

http://localhost:(設定した番号)

にアクセスして、上で設定したSwikiディレクトリができていることを確認します。

あとはそこで自由にコンテンツの作成ができます。

日本語対応

  • 以下の手順で日本語化させます。
  • Squeakサービスが動いているときには停止させる。
  • Squeakフォルダをバックアップしておく。
  • SqueakをSwikiイメージとともに起動する。Swikiサーバーは停止させておく。
  • Squeak内のウインドウが開いていないところで右クリックする。
    1. "world"メニューが現れる
    2. "open..."を左クリックする
    3. "open"メニューが現れる
    4. "brwoser"を左クリックする
    5. クラス・ブラウザが現れる
  • クラス・ブラウザの上半分のペイン群を左から順にたどって目的のメソッドを探す
    1. Swiki-Commanche
    2. SwikiModule
    3. processing
    4. responseFrom:
    5. 下半分のペインに"responseFrom:"メソッドのソースが表示される
  • メソッドをスクロールし、"response"の部分のcharsetを以下のように書き換える
response
    contentType:(dict
        at: 'contentType'
        ifAbsent: ['text/html'; charset=EUC-jp']),
  • クラス・ブラウザを右クリックする
    1. メニューが現れる
    2. acceptを選ぶ
    3. ダイアログが現れる
    4. 自分のイニシャルを書き込む
    5. OKをクリックする
  • Squeak内のウインドウが開いていないところで右クリックする。
  • "save"をクリックする
  • サーバーをスタートし、動作を確認する。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-19 (日) 09:57:00 (2108d)