Rubyとは

  • Rubyは、手軽なオブジェクト指向プログラミングを実現するための種々の機能を持つオブジェクト指向スクリプト言語です。
  • 本格的なオブジェクト指向言語であるSmalltalk、EiffelやC++などでは大げさに思われるような領域でのオブジェクト指向プログラミングを支援することを目的としています。
  • Rubyはテキスト処理関係の能力などに優れ、Perlと同じくらい強力です。

 所在

 設置方法

  • ダウンロードしたファイルをたとえばC:\に展開、ファイル名をRubyとする。

    #ref(): File not found: "ruby.jpg" at page "Ruby設置方法"

  • C:\Ruby\binにPATHを通す
    • スタートボタンから [設定] - [コントロールパネル] で、 コントロールパネルを開きます。
    • XPの場合、その中からシステムを開き、[詳細設定] - [環境変数(N)] を選びます。
    • あなたが一ユーザならば、[新規(N)] をクリックして 「usernameのユーザ環境変数」を追加してください。
      変数名は 「PATH」、変数値は 「%PATH%;C:\Ruby\bin」 です。 
      すでに 「PATH」 がある場合には 最後に 「;C:\Ruby\bin」 を追加してください。
  • 拡張ライブラリのインストール
    • ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/binaries/mswin32/ext/
    • 上記からバイナリをダウンロードして、Ruby自身を展開したディレクトリ (上の例だとC:\Ruby)に同じようにディレクトリ付きで展開します
    • バイナリーは eruby-1.0.5-i386-mswin32-1.8.zip が対応か

 削除方法

  • アンインストールする場合、ruby自体はレジストリなどを変更しないので、展開先のディレクトリごと消去
  • PATHを追加した場合は元に戻しておく。

関連


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-17 (金) 13:52:00 (2163d)