Gmailの使い方

  • どんなベネフィットがあるか:Benefit
  • どんな機能があるか    :Function
  • どんな特徴があるか    :Characteristics

特徴

  • 2.5Gバイト:大容量
  • 捨てずに蓄積、検索で調べる使い方が基本
  • フォルダーに入れずにラベリング:属性づけして絞り込む
  • 招待によって、無料でメール入手するしくみ

ひとつのメールを、場面で使い分けられる

  • papa@gmail.comをもっている場合
  • などとすれば、自動でラベリングして、振り分けられる。
    • どこのメールでspamがきたかすぐわかる
    • shopなど運営していれば、商品ごとに振り分けて担当に知らせるなど

送信元を変更して送れる

  • 海外出張中などGmailをつかって送信、会社のメアドで送ってそちらに返信してもらう
    • 受信者には、会社のメアドが表示されるので、そちらに返信される
    • senderは、Gmailアドレス、Fromヘッダーが指定した会社メールとなる

 ドメイン宛のメールを管理

  • サーバーなど運営していると、ドメインのメール管理のホスティングが欲しくなる
  • 会員@domain.comに届いた、すべてのメールのホスティングができる

Gmailをファイルホルダー(HDD)にする

  • GMail Drive shell extension ツールを使って、WebブラウザでGmailやファイルを見れる。
  • Webブラウザできる環境ならばよい。
  • Gmail File Systemを使うと、ファイルのupやdownが自由にできる。(FireFox拡張機能)

自宅と旅行先で同じファイルをつかえる。

  • いつでも、どこでもファイルアクセス
  • USBで運ばなくて良い

新着お知らせがある

  • Gmail Notifire ツールで、PCのタスクトレイに常駐して表示される
  • Webブラウザのホームをgoogle検索画面にして、新着確認も可能

 読み込み POP サービスがある

  • 自宅のPCやサーバーでメールを読める
    • 読んでも、gmail上でbackupされている。
    • 読んでも、既読にならない
  • この機能は、想像するといろいろメリットある!!

GmailでPDF、ワードなどテキスト変換

  • PDF、Word、Exelファイルを添付すると、テキスト変換してHTML表示される

GmailでRSSリーダー、音楽再生

  • MP3ファイルを保存して、直接再生する
  • RSSを読み込みエントリーをメールでGmailに送って、RSSリーダーにする

 スクリプトを書いてGmailを使う GmailAPI

  • いろいろできる

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-17 (金) 15:23:00 (2110d)