XAMPPで一括インストール

  • この方法がお勧めです。
    • 以下では、個別にMySQL -> Apache ->PHPを導入する方法の紹介です。
    • MySQL,phpなどは最新のものをお使いください。以下は過去の設定の備忘録です。

厳選して、Webアプリ、PHP,CGIスクリプトを評価中:フリーウェアを中心に

  • このサイトはWindowsOS+Apache+MySQL+PHPで構築し、CIM、Wiki,BLOGなどのアプリ搭載

最新のWindowsサーバーの作成 2004年9月末

  •  備忘録
  • MySQL -> Apache ->PHP の順にインストール

 サーバー構築目次

 MySQL+Apache+PHPのインストール

  •  Apacheのインストール -->Apache
    •  参照:httpd.conf
  •  PHP5またはPHP4のインストール
  •  MySQLのデータベース管理ツールのインストール -->phpMyAdmin
    •  これは無理してインストール不要です。

 CGIやDBD,DBI,GDなどの環境構築

  •  CGIを使う場合はActivePerlのインストール==>ActivePerl+Apache
    •  参照:DBDとDBIのインストール-->MySQL+Perl
  •  MovableTypeのBlogを使う場合は、DB_Fileをインストール-->DB_Fileをインストール
  •  グラフィック GD を使えるようになっていない場合 -->GDGraphicsLibrary
    •  上記のMySQL -> Apache ->PHP の順に行えば、インストールされているはず。
    •  確認方法は、PHPのinfo画面でGDがみつかればOK。
  •  ImageMagickのインストール --> ImageMagick

 メール環境構築

  •  PHPメールを使えるようにする-->PHP+Mail
  •  Sendまねーるを使って、メールを発信-->sendまねーる

MovableTypeのインストール

MySQL

  •  上記fileを解凍し、解凍後のファイルの中のSETUP.EXE を実行。
  •  インストーラーが稼動するので、下記を2つを指定
1.インストール先 : C:\mysql
2・Setup Type      :   Typical(Compactではなく)
以上の指定しながら、インストールが完了

 MySQLの設定 :以下の順

  •  MySQLサーバーの設定用の my.iniファイルの作成&配置
  •  MySQLサーバーをWinPCのWindowsOSのサービスとして登録
  •  環境変数の設定
  •  文字コードの設定
  •  セキュリティとrootユーザーのパスワードの設定

 My.iniファイルの作成&配置

  •  My.ini ファイル参考のこと : 

MySQL-my.ini

  •  my.iniファイルはSQL起動時に、読み込む設定ファイル
  •  C:¥Windows(またはc:¥winnt)フォルダーの中に、上記URLに添付のmy.iniをコピー貼り付けのこと

 MySQLサービスの設定

  •  インストールされた C:\mysql\binにある mysqld-nt.exeをWindowsサービスに追加
コマンドプロンプトの画面から、下記の命令でサービスに登録される。
C:Documents and Setting\Administrator> cd c:\mysql\bin
c:\mysql\bin> mysqld-nt.exe  --install
services successfully installed
  • サービス登録ができたかの確認
コントロールパネルから「管理ツール」-> 「サービス」を選択し、「MySQL」というサービスがあればOK。
  •  MySQLサービスの起動/停止方法 サービス削除方法
c:mysql\bin>net start mysql          ...起動
c:mysql\bin>net stop mysql           ...停止
c:mysql\bin>mysqld-nt.exe --remove       ...削除
c:\mysql\bin> mysqld-nt.exe  --install   ...インストール

 環境変数の設定

  •  コントロールパネルから 「システム」「詳細設定」->「環境変数」へ画面を移す
  •  **ユーザーの環境変数の画面で「Path」を追加する
「変数名」に Path と入力
「変数値」に c:\mysql\bin と入力
  •  すでにPathが設定されている場合は、編集して追加
「変数値」の末尾に「;C:\mysql\bin」を追記してOKをクリック
  •  Pathが設定されたか、コマンドプロンプト画面で設定
c:\Document and Settings\administrator>mysql   .....いきなりmysqlと指示
Welcome to the MySQL monitor.以下省略   .....Welcomeが出ればPath成功。  
mysql>                                     .....mysqlのコマンド待ち状態
mysql>exit                                 .....脱出
Bye
  •  以上でPathが通り、どのディレクトリーからでもmysqlコマンドが可能となった。

 セキュリティの設定

  • my.ini の設定でport:3306を指定したが、このままではだれでもmysqlコマンドでサーバーにアクセス可能
  •  下記の指定によって「root」なるユーザーと「localhost」(サーバーPC自体)からの指令でなおかつパスワードの適合するアクセスのみ受け付ける。
ユーザー名:  root
パスワード:  mypassword   ....任意
ホスト名 :   localhost       ....通常このままで
  •  パスワードの新規設定
c:\>mysqladmin -u root password mypasswoprd  ....お好みのパスワード
  •  パスワードの修正・変更
c:\>mysqladmin -u root -p password Newmypasswoprd
Enter password:*********                     ....新パスワード
  • ホストの設定
C:mysql -u root -p
Enter password:**********
Welcome   以下略
mysql>DELETE FROM mysql.user WHERE Password = '';
Query OK, 以下省略

mysql>DELETE FROM mysql.db;
Query OK, 以下省略

mysql>FLUSH PRIVILEGES;
Query OK, 以下省略

mysql>exit
Bye
C:\>
  • 確認 : mysqlのみ パスワードなしの2ケースでERROR 1045 が示されるかチェック
c:\>mysql
ERROR 1045: Acess denied for ..以下略

C:\>mysql -u root
ERROR 1045: Acess denied for ..以下略

 次はApacheインストールへ


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-19 (日) 09:52:00 (2225d)