麻績王(おみのおおきみ)

  • 麻績王には、聖武天皇の別名であるとか、上記の歌から柿本人麻呂であるとか、橘諸兄の父の美努王であるとか、時代は50年程幅があるが、諸説ある。 聖武天皇は、紀州の海女だという伝承を持つ、藤原宮子の子。海人系か。
  • 万葉集巻一、麻績王、伊勢の国の伊良虞の島に流さゆる時に、人の哀傷しびて作る歌、
打麻を 麻績王 白水郎(海人)なれや 伊良虞の島の 珠藻刈ります... 読み人知らず
答歌
うつせみの 命を惜しみ浪にぬれ 伊良虞の島の玉藻刈り食む....... 麻績王
  • 天武四年四十八日、三位麻続王に罪があって因幡に流された。一子を伊豆島に、一子を血鹿(値嘉)島(長崎の五島列島)に流した。...日本書紀
    • 「万葉集」では、流罪地は伊良湖岬。「風土記」は潮来(霞ヶ浦)。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-18 (土) 12:12:00 (2256d)