凡海郷

  • 大浦半島と由良川下流域
    • 『加佐郡誌』の古代図によると凡海郷は大浦半島と対岸の由良川下流域からなる郷として描かれている。
    • 日本書紀に、天武天皇の即位の際に用意された主基(大嘗会の朝の食事)の供納地=訶佐郡
    • 下流部と対岸の半島の先端部の両方が凡海と呼ばれていたらしい。
  • 「丹後風土記残缺」に、地震で海中に沈んだ凡海郷の記録がある。
    • 京都北白川家に伝わっていたものを、十五世紀末に丹後国一之宮籠神社の社僧・智海が筆写
      凡海郷者。往昔。去此田造郷万代浜四拾三里。去□□三拾五里二歩。
      四方皆属海壱之大島也。所以其称凡海者。故老伝日。往昔。
      治天下当大穴持命与少彦名命到坐于比地之時。
      引集海中所在之小島之時。潮凡枯以成壱嶋。故云凡海矣。
      于時。大宝元年三月己亥。地震三日不已。此郷一夜為蒼海。
      漸纔郷中之高山二峯与立神岩出海上。今号云常世嶋。亦俗男嶋女嶋。
      毎嶋在神祠。所祭者。天火明神与日子郎女神也。
      是海部直並凡海連等所以斎祖神也。
  • 大穴持命と少彦名命の時代に、小島を引き集めた所、潮が凡て枯れて一つの嶋となったので凡海というようになった。
  • 大宝元年701年三月己亥 地震が三日続き この郷は一夜にして蒼海となった。
  • 今では常世嶋 亦は男嶋女嶋と呼ばれている小さな島のみ。
  • 天火明神と日子郎女神を祀る祠があるのみ。
  • これは海部直並びに凡海連等らが斎祭る祖神。

籠神社

  • 宮津市にある籠神社(このじんじゃ)は、代々海部氏が宮司を務めている神社
  • 海部は、志楽郷(上記の凡海の近く、半島側)に笠津彦(うけつひこ)神と笠津姫(うけつひめ)神をお祀りした祠があり、この二神は海部の祖神。
  • 海部と凡海は、隣り合って舞鶴付近にいた。

讃岐の鰐河神社:豊玉姫を祀る神社

  • 男木島:高松沖
    • 男木港からすぐ近くに、豊玉姫神社の鳥居が見えます。豊玉姫神社は他の県でも祀られている安産の神様
  • 和尓賀波神社[ワニカハ]
    • 天野神社摂社引宮神社[ひきみや]「仲哀天皇」香川県木田郡三木町井上43
  • 鰐河神社[わにかわ]「豐玉姫命、應神天皇」
    • 太古の昔、豊玉姫神、鰐魚に乗り、この地に来たり社を建立緒神緒仏遊戯の地となりぬ延喜式内、和称賀波神社はこの産社なり。僧行基の建。郷社、高岡八幡宮とも奉称す。
    • 後鎌倉時代に元軍退治の祈祷所となり、明治五年鰐河神社と改称し郷社に列す。
  • 讃岐國三木郡 和尓賀波神社
    • 豐玉比賣命
    • 配祀 玉依比賣命 八幡大神 息長足姫命
    • 香川県三木町にある。高松琴平電鉄長尾線・公文明駅の南1Kmほどの井戸に鎮座。 鴨部川(鰐川)の西側に南北に長い境内。
  • 山幸彦の子(神武)を生む
    • ヤマサチが国に帰ってしばらくして、豊玉姫がヤマサチを追って地 上にやって来ました。そして「実はあなたの子供が出来ました」と言うの で、山幸彦は喜んで、豊玉姫の希望のとおり海辺に産屋を建てました。 豊玉姫はお産の時には決して中を見ないよう、と伝えたのですが、ヤマサ チヒコは我慢できずにのぞいてしまいます。するとそこには苦しむ大きな ワニ(これは今で言うサメじゃないかと思いますが)の姿がありました。
  • 和多都美神社:対馬にあり
    • 「延喜式」に名前の見える神社で、社伝では海神豊玉彦命の海宮の跡とされる。 祀られているのは豊玉彦の女豊玉姫命(とよたまひめのみこと)と、その夫で海幸山幸伝説の山幸にあたる彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
  • 若狭姫神社(わかさひめじんじゃ) 福井県小浜市遠敷65-41
    • 豊玉姫を祀る。若狭姫神社は、元正天皇養老5年(721)2月10日、 上社より分祀し、若狭姫大神とした
    • 神紋は、「宝珠に波」。別名、水玉とも呼ぶ。
    • 上社祭神の彦火火出見尊(山幸彦)が龍宮で手に入れた潮を自在に操る玉

寒川氏

  • 寒川氏は讃岐公凡直千継の一族で、世々寒川郡の郡司を務め、その後裔が寒川氏を称したと伝えられている。大内・寒川の二郡および小豆島を併せ領し、昼寝・挙山・虎丸等の諸城を構えて東讃岐に威勢を振るった。
  • 続日本紀に次の様に書かれている
    「延暦十年、讃岐国寒川郡人、正六位上凡直千繼等言、千繼等先星直、譯語田朝廷御世、繼国造之業、
    管所部之界、於是因官命氏、賜紗抜大押直是姓、而庚午之籍、改大押字、仍注凡直是以星直之裔、
    或為讃岐直、或為凡直、方今聖朝仁均雲雨、恵及昆虫、当此明時、冀照覆盆、請因先祖之業、
    賜讃岐之姓、勅千繼等戸二十烟依請賜之」
  • 572~85 敏達天皇
    • 讃岐国造星直氏,紗抜(讃岐)大押直の姓を与えられる(続日本把)
  • 670 天智9 (庚午)
    • この頃 紗抜大押直氏,庚午年籍の編成に際し,大押の字を凡と改め,凡直氏と讃岐直氏とに分かれる(続日本紀)

塩竈神社:宇多津

  • 「塩竈神社」は、宇多津から塩田が消えたのを機に「宇夫階神社」に合祀された
  • 伝承によると、江戸時代の文政年間に久米通賢栄左衛門(くめつうけんえいざえもん)が造りあげた塩田の守護神として塩竈神社が坂出の中堪浦(なかたんぽ)の地に造営されたが、天保9年(1838)に現在地に移され、同11年(1840)には一大祭典が催された

近江の兵主神社

  • 式内の名神大社で、現在滋賀県野洲郡中主町五条に鎮座
    • この兵主大社を中心に、現在の中主町のほぼ全域と守山市の一部地域を氏子区域として、「兵主十八郷」と呼ばれる地域に総氏神と末社二十二社(現在数)が鎮座。この末社のなかの乙殿神社(中主町五条)が稲背入彦命を祀る。 兵主神社は八千矛神を祀り、兵主の神は延喜式で21座(19社)あるなか、この神社の社格(神位)が最も高いものですが、なぜ稲背入彦命が近江の地に祀られるのかは不明です。
    • その由緒としては、当社は景行天皇の御代、皇子稲背入彦命により大和国穴師(奈良県桜井市)に奉斎されたのを創祀とし、近江高穴穂宮遷都に伴い、宮域近き穴太(大津市坂本)に遷座になり、その後の欽明天皇の御代に琵琶湖上を渡り、現在の地に御鎮座されたと伝えられている。
  • 穴穂は??。讃岐のモモソ姫との関係は

播磨

  • 播磨の白国神社はもと新羅訓神社(しらくに)と書き、現姫路市白国町、旧地名では枚野里新羅訓村にあります。その由来書によると、祭神は神吾田津日売命(=木花咲耶媛)で、相殿に稲背入彦命、阿曽武命(前者の子で、針間国造の祖)を祀る。
  • 稲背入彦命は、韓地から渡来した五十猛神(兵主神、八千矛神)の後裔にあたる。針間国造家がこの祖神を祀るのは自然だといえます。播磨国造は

国造本紀

  • 針間国造(はりまのくにのみやつこ)   志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に稲背入彦命(いなせいりひこのみこと)の孫の伊許自別命(いこじわけのみこと)を国造に定められた。
  • 針間鴨国造(はりまのかものくにのみやつこ)   志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に上毛野(かみつけぬ)と同祖の御穂別命(みほわけのみこと)の子の市入別命(いちいりわけのみこと)を国造に定められた

針間別佐伯直

  • 右京皇別下:佐伯直(さえきのあたへ)。
    • 景行天皇の皇子、稲背入彦命(いなせいりひこのみこと)の後なり。男、御諸別命(みもろわけのみこと)、稚足彦天皇(わかたらしひこのすめらみこと)[謚は成務]の御代、針間国を中分(なかばわけ)て給はれり。よりて針間別(はりまのわけ)と号く。男、阿良都命(あらつのみこと)[一の名は伊許自別(いこじわけ)]、誉田天皇、国堺を定むる為に、車駕巡幸(いでまし)て、針間国神崎郡瓦村の東崗の上に到りたまふ。時に青菜葉、崗の辺の川より流れ下りければ、天皇、「川上に人あるべし」と詔りたまひて、すなはち伊許自別命を差して往て問しむ。すなはち答へて曰さく、「己らは是れ日本武尊の東の夷を平けたまひし時に、俘(とりこ)に所(せ)られし蝦夷の後なり。針間、阿芸、阿波、讃岐、伊予等の国に散け遣され、よりて此に居る氏なり[後に改めて佐伯と為き]」といふ。伊許自別命、状(ありつるかたち)を以て復奏(かえりことまう)す。天皇詔して曰はく、「汝、君と為て治むべし」とのたまふ。すなはち氏を針間別佐伯直と賜ふ[佐伯は謂ゆる氏姓なり。直は君を謂うなり]。その後、庚午の年に至りて、針間別の三字を脱落て、ひとへに佐伯直と為き。

丸部氏:和爾の一族

  • 和爾氏は、海神族(海祇族)の祖神綿津見豊玉彦命の嫡統で阿曇連と同族
  • 大和国添上郡和爾(現、天理市和爾)より起こるが、同地には和爾坐赤坂比古神社(神名式、大社、月次、相嘗)があり、これが本来の祖神と考えられる。
  • 和邇(ワニ)は、丸、丸邇、和爾、和珥とも記される。この本宗家和珥臣は、継体朝頃までに絶えたとみられ、これに代って、仁徳天皇朝の頃に春日(奈良市白毫寺町)に分かれた有力な支族春日臣が本宗家となった。
  • 播磨國風土記 讃容郡 の記録
    • 昔、近江の天皇(天智天皇)の御世、丸部の具(そなう)というものありき。是は仲川の里人なり。 此の人、河内の國兔寸(とのき)の村の人のもたる劔を買ひ取りき。 劔を得てより以後、家こぞりて減び亡せき。 しかして後、苫編部(とまみべ)の犬猪(いぬい:人名)、彼の地の墟を圃(はたつくり)するに、土の中に此の劔を得たり。 土と相去ること、廻り一尺ばかりなり。其の柄は朽ち失せけれど、其の刃は渋(さ)びず、光、明らけき鏡の如し。 ここに、犬猪、すなわち鍛人(かぬち)をよびて、其の刃を焼かしめき。 その時、この劔、のびかがみして、蛇のごとし。鍛人大きに驚き、つくらずして止みぬ。 ここに、犬猪、あやしき劔とおもいて、朝廷にたてまつりき。
  • 印南郡には、「丸部(わにべ)臣等の始祖、比古汝茅(ヒコナムチ)」という記述がある。
    • 「印南郡の南海中に小島あり。名は南毘都麻という。成務天皇時代、丸(ワニ)部臣等の始祖、比古汝茅を派遣して、国の堺を定めさせた。この時、吉備比古、吉備比売の二人が迎えに参上した。比古汝茅(ヒコナムチ)が吉備比売を娶って生んだ子が印南の別嬢(わきいらつめ)である」

近江の古墳

  • 「春日山古墳群」は、被葬者未確定とされている。
  • 和邇氏族の首長と家族の墳墓とするのが一般的。
  • 和邇氏族は、四世紀初頭より近江の湖西・滋賀郡を中心に、勢力を誇示していた有力豪族である。元々は奈良天理市から起こり、三世紀より六世紀にかけて歴代天皇に仕えた有力な氏族であった。
  • 同族支族は多く、丸部・春日・大宅・栗田・小野・柿本と連なり、小野妹子・小野道風・柿本人麻呂も一族である。その勢力圏は大和に留まらず、山城・近江を経て日本海側へと拡大。
  • 七百一年「大宝律令」発令後、中央の行政強化により、地方の特権を徐々に無くしていき、他の有力豪族と共に次第に力を弱めていった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-18 (土) 10:14:00 (2078d)