建築の神事

  • 地鎮祭:とこしずめのまつり
    • 祭神は、産土神(現在では氏神さま)と大地主神(おおとこぬしのかみ)の二神を主神として祀る。
      修祓(しゅばつ)        祭場・参列者等を祓い清める儀
      降神(こうしん)         神々を神籬(ひもろぎ)にお招きする儀
      献饌(けんせん)        神々に食事を奉る儀
      祝詞奏上(のりとそうじょう) 神職が建築主に代わって祈願詞を奏上する儀
      散供(さんく)          土地の神さまにお供え物をする儀
      刈初・穿初(かりそめ・うがちぞめ) 工事開始の際、始めて鎌、鍬をいれる儀
      鎮物(しずめもの)       土地の神々に御神宝となるものを埋納する儀
      玉串拝礼(たまぐしはいれい)神職および参列者一同が、玉串をお供えして拝礼する儀
      撤饌(てっせん)        食事をおさげする儀
      昇神(しょうしん)        お招きした神々をお送りする儀
以上で神事が終了                続いて直会(なおらい)・祝宴があります。
直会は神々にお供えしたものをいただく行事で、一般に御神酒(おみき)で乾杯。
  • 釿始祭:ちょうなはじめさい
    • 社殿又は屋舎等を造営に用いる木材を木造(こづく)り始める祭儀で、釿始祭(てをのはじめさい) 或いは 木造始祭(こづくりはじめさい)とも言う。
    • この儀は地盤既に成り、始めて斧斤(手斧)を下して建築工作に著手す る式であるから、地鎮・上棟に亜ぐ儀として重んぜられる。
    • 祭神は木匠の祖神たる手置帆負命・彦狭知命の二神と所在の産土神を祀る。
  • 上棟祭:むねあげのまつり
    • 木の神様の屋船久久遅命(やふねくくのちのみこと)、建物の神様の屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)、工匠の神の手置帆負命(たおきほいのみこと)・彦狭知命(ひこさじりのみこと)の四柱の神様と産土神(うぶすなのかみ)を祀る
    • 一般に中央の柱に棟札(むねふだ)をつけ、梁の上に板などを並べて祭場を設け、神籬(ひもろぎ)を立てます。お招きする神々は屋船久久遅命(やふねくくのちのみこと)屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)手置帆負命(たおきほおいのみこと)彦狭知命(ひこさしりのみこと)や産土神(うぶすながみ)など建築に関わる神さまで、棟札にはその神名を記してあります。さらに棟木には、上棟幣(じょうとうへい)といわれる大きな御幣、弓矢の作り物、日の丸の白扇などが飾られ彩りを添えます。いずれも魔除の標(しるし)とされるものです。
ます屋上の祭場正面に上棟幣、弓矢を飾り、その前に神籬を設けて修祓(しゅばつ)の後、降神を行う。
続いて献饌と祝詞奏上「エイ、エイ、エ-イ」のかけ声とともに棟木を棟に上げる曳綱(ひきつな)の儀、
棟木を棟に打ち固める槌打(つちうち)の儀が行われる。
この際、「千歳棟・万歳棟・永永棟」(せんざいとう・まんざいとう・えいえいとう)と声を発します。
そして、餅や銭を撒く散餅銭(さんぺいせん)の儀。災禍を祓い除くものです。
その後、玉串拝礼、撤饌、昇神の儀と続いて神事は終わります。
  • 竣工祭:「神殿祭」「新室祭」
    • 完成の儀礼で、屋船久久遅命(やふねくくのちのみこと)、屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)、産土神(うぶすなのかみ)をお祀りします。
  • 遷座祭:せんざさい
    • 御祭神の御神靈に新殿にお遷りいただくお祭りで、深更斎行する事となっている。これは「浄暗」(じょうあん)と言い、清らかで静かな夜に行われるのが最も重い祭りの条件であることからである。神社の最も大切にする御神靈をお遷しする、御建替の祭儀中、最も重要なお祭である。

八幡宮の上棟祭

  • 上棟式は、造営事業の中で最大の行事であり、古儀に則り工匠等によって斎行されるもので、建物の棟木を上げるにあたり、家屋や工匠の守り神である屋船久久遅命、屋船豊受姫命、手置帆負命、彦狭知命をお祀りして無事棟上げに至ったことを感謝、祝福すると共に、竣工に至るまでの工事の安全と建物の堅固長久を祈願する儀式です。 その起源は平安時代末期まで遡り、建久元(一一九〇)年の伊勢神宮『内宮遷宮記』に記録されており、以後次第に普及し、江戸時代には広く一般にも斎行される様になりました。 式に先立ち、屋根の上の中央の榊に棟札を供え、一番高い棟木には祝福を表す五色の幟や御幣を立て、東には天に向けられた鏑矢、西には地に向けられた雁股矢をそれぞれ弓に番えられた状態で飾ります。この東西の矢は天地の災難を祓い、鬼門を戒める破魔矢として建物を守ります。 当宮では、先ず仮殿において宮司以下神職の奉仕による「上棟奉告祭」が斎行された後、拝殿唐破風屋根前に設けられた架台を斎場として上棟式が斎行されました。式は先ず斎場内の奉仕者や参列者をはじめ式具一切を祓い清める「修祓」に始まり「降神の儀」、「棟賀寿詞奏上」と続きます。 そして「丈量の儀」にて社殿の位置の確認を行い「曳綱の儀」にて威勢のよい掛け声と共に棟木を曳き上げ「槌打の儀」で束柱に差込み、打ち固めます。最後に「撒銭・撒餅の儀」で天地の神々に感謝のお供え物として金銭・銀銭、紅白の餅が撒かれて神事は結びとなります。

手置帆負命:讃岐忌部氏の祖

  • 忌部氏の遠祖は天岩戸隠れの段で活躍する天太玉命である。天太玉命の後裔に天日鷲命(阿波忌部氏の祖)、手置帆負命(讃岐忌部氏の祖)、彦狭知命(紀伊忌部氏の祖)、天富命(安房忌部氏の祖)となった。
  • 主な神社
徳島県鳴門市大麻町坂東字広塚13 大麻比古神社「大麻比古神」天太玉命、猿田彦命などの説 
徳島市二軒屋町2丁目48 忌部神社「天日鷲命」 
香川県善通寺市大麻町上ノ村山241 大麻神社「天太玉命」 
香川県観音寺市粟井町1716 粟井神社「天太玉命」 
香川県三豊郡豊中町竹田214 忌部神社「手置帆負命」 
千葉県館山市大神宮589 安房神社「天太玉命」 
和歌山市鳴神1089 鳴神社「本来は天太玉命」 
和歌山県那賀郡桃山町神田101 三船神社「木靈屋船神 配 太玉命、彦狹知命」 
和歌山市下三毛508 上小倉神社「手置帆負命 配 彦狹知命」 
  •  紀の国の忌部氏は当地の木材をもって大和大権の宮殿の建築等を司ったとされる

屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)

  • 別名 若宇加能売命は、別名を、豊宇気比売大神(伊勢外宮)宇加之御魂神(稲荷神社 広瀬大忌神とも呼ばれ、総て同神である。
  • 讃岐にも、広瀬神社(:祭神 若宇乢廼賣神)がある。祭神は、どう読むか。和加宇加之売=若宇乢廼賣 か?
  • 広瀬神社 http://www.genbu.net/data/yamato/hirose_title.htm

 家船久久遅神

  • 久久能智神=建築用材の木の霊魂。家船久久遅神。
  • 草野比売神= 家の屋根の葺く草の霊。屋船豊宇気姫神 
  • 記紀神話では、国生みに続いて、海、川、山に続き木の神久久能智神や野の神の鹿屋野比売神(草野神)、更に家屋成立の神とされる大屋毘古神等を生んでいる。
  • ククノチは、延喜式大殿祭の祝詞で、屋船久久遅命、これ樹霊なり。とある。  葉守の神は樹の神なり、よろづの物につかさどれる神なり。カシハの木に鎮まる。
  • 船はクスノキのはず。ククノチが転じてクスノキとなったのかな????
  • 樹木をつかさどる木の神。『古事記』では久久能智神、『日本書紀』では句句迺馳(ククノチ) と記されています。『古事記』に依れば、伊耶那岐・伊耶那美命(イザナキ・ イザナミノミコト)は、神婚による国生みの後、神々を生みます。その12番目に生まれたのが、 木の神・久久能智神です。このときに生まれた神々は自然神としての神格を表す神々で、 海の神(大綿津見神オオワタツミノカミ)、風の神(志那都比古神シナツヒコノカミ)、 山の神(大山津見神オオヤマツミノカミ)、野の神(野椎神ノヅチノカミ)等々です。 神名の「クク」は茎のことで、草木の幹の立ち伸びるさまを表し、「チ」は男性の美称であると、 本居宣長は言っています。『日本書紀』ではこの場面を、「次に海(うなはら)を生む、次に川を生む、次に山を生む、 次に木の祖(おや)句句迺馳を生む、次に草の祖(おや)草野姫(カヤノヒメ)を生む、 亦は野槌と名く」と記しており、句句迺馳を木の生みのおやと表現しています。 このことを折口信夫は、「山川に生えている眺める樹木ではなく、建築用材の木の霊魂」を 表す意図がある、と言っています。

高家神社(血の宮)

  •  香川県坂出市高屋町878(讃岐 阿野)
  • 祭神 天道根命、崇徳天皇、待賢門院
  • 天道根命(彦狭知命の子、高家首の祖神) 『日本地理志料』
    • 由緒 往古ここに高家首の一族が居住し、遠祖の天道根命を奉斎して氏神とした。 里人には森の宮とも奉称され貞観九年(八六六)従五位下を奉られている。 崇徳天皇は長寛二年(一一六四)九月十六日白峰で御葬祭奉仕の途次、高屋村阿気の地で御棺を休め奉った時俄に風雨雷鳴があり、葬祭の後村人畏んで天皇の神霊を当社の相殿に奉斎し、御棺を駐め奉った台石も社内に納めたので俗に崇徳天皇血の宮とも称えられている。
  • 式内社の高屋神社が香川県観音寺市高屋町稲積山2730に鎮座していますが、祭神については不詳ですが、刈田郡に紀伊郷があったそうで、紀の国や紀氏との薄くない関連が認められます。
  • 忌部氏の由緒 :和歌山 鳴神社由緒より
    • 紀伊忌部の祖先たちを率いて山の材を採り、神武天皇の宮殿を造営した天富命の子孫が紀の名草郡に住むとあり、工人の部曲が忌部氏の配下としてこの地に居住していた。紀伊忌部氏の祖として彦狭知命の名が伝わる。和歌山市下三毛の上小倉神社 には手置帆負命、彦狹知命が祀られている。紀伊忌部の居住した忌部郷は鳴神や井辺、御木郷は三毛である。忌部氏は造殿港湾工事などの技術集団でもあり、初期大和政権発展に貢献したと伝えられている。
  • 他の高家神社
    • 忌部に関係の深い高屋神社が、三浦半島、南房総 にある。讃岐忌部の祖、海部の移動ルートか。
      宇佐市大字下高家 高家神社 田心姫命 湍津姫命 市杵嶋姫命 
      神奈川県三浦市 高家神社 磐鹿六雁命
      羽曳野市古市 高屋神社 饒速日命
      宮城県亘理郡亘理町 高屋神社(こうやじんじゃ)天之御中主神
      愛知県江南市 高屋神社 軻遇突智命
      千葉県安房郡千倉町 高家神社 磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)

房総の忌部

  • 『古語拾遺』によると、天富命(あめのとみのみこと)が四国・阿波の忌部(いんべ=朝廷の祭祀を司る古代氏族)を率い、黒潮に乗って半島突端の布良(めら)に上陸して開拓し麻の栽培を始めて以来、「あわ」と呼ばれるようになったと言い伝えられる。
  • 大和朝廷は5世紀後半頃から房総半島全体を「総(ふさ)の国」と呼び各地に国造を置いて土着の豪族を服属させた。総とは古語で麻のことである。安房では阿波と長狭の国造が勢力を二分した。大化改新(645年)で中央・地方の制度が整備され、房総は京に近いところを上総(かみつふさ→かずさ)国と下総(しもつふさ→しもうさ)国に分けられそれぞれ国府が置かれた。6~7世紀には多くの古墳が築かれ、今日県下に1200基以上が確認されている。

料理と包丁の神様:磐鹿六雁命

  • 千倉の高家神社は、景行天皇が安房の地を訪れた際、家臣の「いわかむつかりのみこと」が白はまぐりを料理して褒められた「料理の始祖」磐鹿六雁命[いわかつむりのみこと](日本書紀や高橋氏文にある)を祭ってあり、全国唯一の料理の神様として全国の料理人が参拝する。11月23日に大きな台の上で鯛をさばく「包丁式」が行われる。
  • 安房神社(館山市白浜/館山駅からバス20分)  天富命が忌部族を率いて布良に上陸し、忌部族の祖である天太玉命を祭ったことに始まる、伊勢神宮に似た配置を持つ大神社。

参考


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-18 (土) 10:19:00 (2190d)