先代旧事本紀

  • 神武天皇の条
    • 都の造営:天太玉命(あめのふとだまのみこと)の孫の天富命(あまとみのみこと)は手置帆負(たおきほおい)と彦狭智(ひこさしり)の二神の孫を率いて、斎斧(いみおの=斎清めた斧)と斎鋤(いわいすき=斎清めた鋤)で山材をとり、正殿を構え建てた。所謂、「畝傍の橿原に底津磐根に太い宮柱を立てて、高天原に届くほど高くし、初めて国を治められた天皇で天業の基礎を作られた」と言うのである。皇孫命の瑞御殿(みずのみあらか=宮殿)を造ってお供えした。その忌部の末裔が居るところは紀伊の国の名草の御木(みき)と麁香(あらか)の二郷である。その材を取る忌部の居るところを御木と言い、殿を造る忌部の居るところを麁香と言う。
      • 天富命は天日鷲命の孫を率いて肥沃な治に分遣し、麻の種を播き植えた。また、天富命は更に肥沃な土地を求めて良い麻・木綿を分け植えた。永く麻を大嘗会(だいじょうえ)に奉るのはこの事が始まりで有る。また、天富命は安房の国で太玉命の社を立てた。安房の社と言うのはこれで有る。
    • また、手置帆負命(たおきほおいのみこと)の孫は矛竿を造った。今、讃岐の国が永く八百竿(やおのほこさお)を奉るのはこのためで有る。
  • 孝霊天皇
    • 妃の倭国香媛(やまとくにかひめ)。またの名は●某姉(ははいろね)は三人の皇子を生む。
      倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)、
      次に彦五十狭芹彦命(ひこいさせりひこのみこと)[またの名は吉備津彦命(きびつひこのみこと)]、
      次に倭迹稚屋姫命(やまととわかやひめのみこと)である。
  • けいこう天皇の皇子
    神櫛別命(かみくしわけのみこと)[讃岐国造(さぬきのくにのみやつこ)の先祖]
    稲背入彦命(いなせいりひこのみこと)[播磨別(はりまのわけ)の先祖]
    豊国別命(とよくにわけのみこと)[吉備別(きびのわけ)の先祖]
    五十河彦命(いかわひこのみこと)[讃岐値(さぬきのあたい)・五十河別(いかわけ)の先祖]
    櫛見皇命(くしみしらすのみこと)[讃岐国造(さぬきのくにのみやつこ)の先祖]
  • 日本武尊:妃の吉備武彦(きびのたけひこ)の娘の吉備穴戸武媛(きびのあなとたけひめ)は二男を生んだ。
    武卵王(たけみこのみこ)[讃岐の綾君(あやのきみ)等の先祖]
    次に十城別王(とおきわけのみこ)[伊豫別君(いよわけのきみ)等の先祖]両道入姫
  • 日本武尊:妃の穂積氏(ほずみのかばね)の忍山宿禰(おしやまのすくね)の娘の弟橘媛(おとたちばなのひめ)は九男を生んだ。
    息長田別命(おきながたわけのみこと)[阿波君(あわのきみ)等の先祖]
    五十目彦王命(いめひこのきみのみこと)[讃岐君(さぬきにきみ)等の先祖]

吉備津彦

  • 吉備津彦神社の主神、大吉備津彦命はまたの名を彦五十狭芹彦命、孝霊天皇の第三皇子と伝える。『日本書記』によれば、第十代崇神天皇御宇十年、四人の将軍を四道に派遣することとなった。西道に派遣されたのが彦五十狭芹彦命であった。崇神天皇が四道将軍を集めて軍議をしているとき、武埴安彦とその妻吾田姫が謀叛を起こした。大坂から入って都を襲おうとした吾田姫を彦五十狭芹彦命は打ち破りこれを殺し、乱を平らげたあと西道に制き、弟の稚武彦命とともに吉備地方を平定した。
  • これによって大吉備津彦命と呼ばれる.
  • 備前は吉備津彦神社、備中・備後は吉備津神社がそれぞれ一宮として祀られ、大吉備津彦命が吉備においていかに尊敬されたかがうかがわれる。
  • 吉備津彦神社の祠官は大森(のちに大守に改姓)氏で、系図によれば、その祖は吉備津彦神社の祭神である弟彦命となっているが、大守家の系譜については、さきの吉備津彦命につながる三野臣の後裔とするもの、田使姓難波氏の一族、さらに藤原支流など諸説がある。
  • 備前一ノ宮吉備津彦神社社務所発行の「吉備津彦神社要覧」によると、大吉備津彦の御子が吉備津彦でこの吉備津彦は稚武吉備津彦ともいうが、孝霊天皇の皇子である若建吉備津彦とは別人であると伝えられている。

吉備津神社

  • 吉備津彦兄弟は吉備國に入り、この地方を平定したが、崇神紀六十年秋七月には、崇神天皇への神宝の奉献を拒もうとした出雲国造の祖出雲振根を武渟河別と協力して誅している。 その後社伝によると 「吉備の中山」 の麓に 「茅葺宮」 を作ってこれに住み、吉備国の統治にあたったが、二百八十歳の長寿を保って、ついにこの茅葺宮に薨じ、御墓は 「吉備の中山」 の頂の茶臼山に葬られたという。
  • 若日子建吉備津彦命に一男二女がおり、姉妹ともに景行天皇の後宮に入り、姉は天皇の皇后に立ち櫛角別王・大碓命・小碓命を生んだ。 この小碓命は日本武尊である。 景行天皇即位四年、日本武尊の東征に従って大功があった。 
  • 吉備津宮の創立については確実な文献はない。 社伝に従うと、吉備津彦命の五代の孫、加夜臣奈留美命が 「吉備の中山」 の麓の 「茅葦宮」 という斎殿の跡に社屋を営み、はじめて祖神である吉備津彦命を祀り、相殿に八柱の神を祀ったのが吉備津宮の正宮(本殿)の起源であるという。 一説には、仁徳天皇が吉備海部直の娘黒媛を慕って難波から吉備國に行幸したとき、吉備津彦命の功を嘉して社殿を創建してこれを祀ったと伝えている。 
  • 神主・大禰宜・祝部などの重職は賀陽氏であり、それについで神饌を司った御供座は藤井氏と堀家氏、神楽座を組織したものは藤井氏と河本氏とで、その外に無座と称する宮侍の家が十数家あったといわれる。

加夜臣奈留美

  • 備津神社の社伝によると、この社は、祭神である吉備津彦から五代の孫に当たる加夜臣奈留美(かやのおみなるみ)と云う人物が、吉備津彦が吉備の中山に建てた「茅葺宮」と云う斎殿の跡に社殿を営んで、初めて祖神として吉備津彦を祀ったのに始まると云う。
  • 加夜臣奈留美と云う名前は全く突如として現れる。吉備の伝承・伝説の中、他には全く現れない。ここにしか現れない。しかし、成る程、加夜臣は賀陽臣であり、賀陽郡の名を負うものであり、御友別の次子仲彦の末と伝えられる香屋臣であり、かつ、吉備津神社の社家の筆頭は長く賀陽氏。
  • 大和国は明日香村、その飛鳥川の上流、栢森(かやのもり)の集落に鎮座している加夜奈留美(かやなるみ)神社と全く同じ名前である。この神社は、延喜式神名帳の中で、大和国高市郡五十四座の中の一つであるのみならず、かの「出雲国造神賀詞」(いずものくにのみやつこのかむよごと)の中で、 「・・大穴持命の申したまわく。・・己命(おのがみこと)の御子、・・賀夜奈流美命の御魂を飛鳥の神奈備(かんなび)に坐(ま)さしめて・・」 と述べている神社である。それは、明日香の古い都の人たちに豊かな恵みを送った飛鳥川の水の神であると共に、大国主命(大穴持命)の御子なる出雲系の神なのである。

系図

kibi-keizu.jpg

添付ファイル: filekibi-keizu.jpg 157件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-18 (土) 10:06:00 (2137d)