近江、安国造、野洲と和爾

December 2018 編集されました カテゴリ: 近江
image近江、安国造、野洲と和爾

安国造(やすのくにのみやつこ・やすこくぞう)は近江国東部(琵琶湖東岸)を支配した国造。淡海安国造・近淡海安国造…

Read the full story here


コメント

  • 日下部氏
     開化天皇の皇子、彦坐主王の後裔で、但馬国造家の後裔である。 孝徳天皇裔とする系図が多く見られるが、大日本史の説に従う。 越前の戦国大名朝倉氏は、日下部氏の後裔を称する。
  • 鷹羽紋に改むとある。日足紋は元々日下部氏の家紋であり、太陽の光が後光のように差している図柄で、この後光の光を「足」と見立ててのもののようだ。つまり日下部氏は「日」を奉じる氏族であり、その後裔の菊池氏もまた「日」を奉じる氏族であるのだ。

    その日下部氏が祀る日下部吉見神社には水神が祀られていたが、阿蘇大神である健磐龍命に嫁いだのが日下部吉見神社の水神であり、阿蘇神社に嫁いで阿蘇津姫となった。

    この日下部吉見氏が奉祭する母神「蒲池比咩」は肥前国一宮である川上神社に祀られる「與止日女」と習合していた。筑前糸島の桜井神社(與止日女宮)」で川上の與止日女は瀬織津比咩と同神とされている。つまり日下部吉見神社という「忌避された神」を祀る下り宮に祀られた水神は瀬織津比咩であって、それが阿蘇神社に嫁いで阿蘇津姫となった。
  • 菊池氏の主流である日下部氏が奉祭する母神に蒲池比咩がいる。蒲池比咩(かまちひめ)は肥前国一宮である川上神社に祀られる與止日女(よどひめ)と習合していた。そして筑前糸島の桜井神社(與止日女宮)」で川上の與止日女は瀬織津比咩と同神とされている。
  • 異本阿蘇系図に、国龍吉見神の女は速瓶玉命の妻で、阿蘇津(都)彦命の子は「味吹の君又曰く健句々知〔タケククチ〕君」とあり(「くくち」は「きくち」の古名です)、ここに、肥後国の豪族菊池氏の存在が見えてきます。日下部氏と菊池氏の繋がり


    「違い鷹の羽」の家紋は、菊池氏よりも阿蘇神社で採用したのが古く、その由来は現在宮山であり、古くは鷹山という霊山で阿蘇権現(健磐龍命)の月馬が遊んでおり、阿蘇権現はその馬を鷹山の地主神吉松神に献上したという。その吉松神とは日下部吉見神の事であるそうだ

    阿蘇神社の神事に御前迎えというものがあるか、その姫神の依代となる御神木を採りに(迎えに)行くのが鷹山であるそうだ。その鷹山にちなんで出来たのが、違い鷹の羽紋であるようだ
  •  茂木和平は、『埼玉苗字辞典』の「丸」の項で、つぎのように述べている。

     ≪日本書紀に「素戔鳴尊、新羅国に到り、埴土を以て舟に作りて、出雲国に到る」とあり。埴土(はにつち)は鉄を含んだ赤い土で製鉄の原料である。埴土で鉄器(丸)を作り、その鉄器で舟を作ることから、船に「□□丸」と名付ける。刀剣の「□□丸」などの名にも用いられる。また、丸は両刃の刀と合口の意味で、鰐(わに)の歯に似ていることから丸(わに)と称す。古事記に「日子穂穂手見命は鰐の背に乗って海神宮から帰ったが、その鰐に紐小刀をつけて送り返したので、鰐を佐比持神(さひもちのかみ)と称した」と。日本書紀に「神武天皇の兄の稲飯命は、剣を抜いて海に入り、鋤持神(さひもちのかみ)となった」とあり。サヒは古代朝鮮語で鋤(すき)または剣を意味するが、同時に鋭い歯をもった鰐を意味する。対馬国鰐浦村は海洋民鍛人の渡来地にて、古くは和珥津(わにのつ)、和邇津(わにのつ)、鰐乃津(わにのつ)と称した。≫
  • 建部大社は、日本武尊の妃、布多遅姫(ふたじ)が、自分の子供の稲依別(いなよりわけ)と共に
    近江建部郷に日本武尊の神霊を祀ったのが始まりと伝わります。

    その後675年に、当時近江国府の所在地であった瀬田の地に、
    近江一之宮として崇め奉ったのが現在の建部大社
  • 最古の古墳である富波古墳とこれに続く古富波古墳は平地に築かれた。その後の3世代の首長墓である天王山古墳、大岩山第2番山林古墳、大岩山古墳は、大岩山丘陵地帯に築かれている。それに続く2世代の首長墓は大岩山丘陵の北側の微高地に築かれ、再び平地に戻って6世代の墓が、そしてその後に大岩山丘陵地帯に2世代の墓が造られている。

    このような築造地の移動は何を意味するのかは、現在のところ明らかにされていない。さらに、古墳の墳形も各時期によってかなり変動しているが、その理由も不明である。おそらくは、同一地域に本拠を置き、これらの古墳を残した豪族の性格や消長などを反映しているものと推察されている。

    一族の首長たちの奥津城として大岩山古墳群を営々と築いてきたのは、どのような古代氏族だったのだろうか。可能性として指摘できるのは、野洲国の国造(くにのみやつこ)だった近江安直(おうみのやすのあたい)という地方豪族である。『古事記』などの伝承では、日子坐王が三上山に降臨した天之御影神(天照大神の孫)の娘・息長水依比売を娶って生んだのが、水穂真若王であり、その子孫が安直一族とされている。
  • June 2017 編集されました
    勝部神社(かつべじんじゃ)は滋賀県守山市にある神社。
    正式名称は物部郷総社 勝部神社。
    戦前までは物部神社または物部大明神、勝部大明神と称されていた。

    勝部神社
    所在地 滋賀県守山市勝部1-8-8
    主祭神 物部布津命・火明命・宇麻志間知命
    社格等 郷社
    創建 大化5年(649年)

    旧社格は郷社で、旧物部郷の総社。祭神は、主祭神の物部布津命・火明命・宇麻志間知命と、相殿神の住吉神・猿田彦神を合わせて祀る。大化5年(649年)に物部宿禰広国が物部郷勝部村の現在地に祖神を祀り、物部大明神と称したのが起源とされる。江戸時代初期に当地一帯に守山宿が設けられ、宿場町とともに隆盛した。

    「近江国輿地志略」巻之四十三(栗太郡第五)
    勝部明神社  勝部村に在。 土俗云、本地勝軍地蔵なりと。 祭神詳ならず。 延暦年中慶俊建立すと云。 毎年正月八日、仁王会の執行と号し、柴を以龍蛇の形を作る。 長三間半、太さ八尺許、夜に入て火を点ず。 神事四月初の申の日
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。