龍田大社、龍田神社 – 古代史俯瞰 by tokyoblog

December 2018 編集されました カテゴリ: 舒明ー聖武
龍田大社、龍田神社 – 古代史俯瞰 by tokyoblog

万葉歌で詠われている「 風祭 」は今も「 風鎮大祭 」として続いているのですが、その始まりは日本書紀に記録されています。

Read the full story here


コメント

  • 武国凝別命(たけくにこりわけのみこと)は、記紀などに伝える古墳時代の皇族。武国凝別皇子。景行天皇の第12皇子。母は阿倍氏木事の女・高田媛。伊予国平定のために派遣され、神野郡(後の新居郡、現在の愛媛県新居浜市・西条市他)に拠点を置いたと伝える。子孫も地方各地へ広がり、「別」の子孫が治めたということから別子という地名が生まれた。その御霊は拠点地付近に建立された伊曽乃神社に代々篤く奉られている。西条市朔日市に鎮座する風伯神社はその当時、命が海上守護のために、龍田の神(風神)を奉祀したことによると伝えられている(龍田神社は、のちの官幣大社であり朝廷の崇敬も深かった)。なお、飯積神社のご祭神のうちの一柱、十城別王は武国凝別命の御孫である

コメントするにはサインインまたは登録して下さい。