葛城、剣根命、

2»

コメント

  • 鳥栖市の朝日山頂上には宮地嶽神社がある

    総本社の福津市宮地嶽神社がこの真北にあり、
    筑紫国造が調べた十連寺古墳上の宮地嶽神社が真南にある

    宮地嶽神社は安曇族の一族である阿部氏だ。
    これこそが磐井の姓でもあった。阿倍磐井という。
    その子が葛子。

    この朝日山には葛子の伝承があった。磐井が火君と通婚して葛子が生まれたという。

    もともと磐井と物部麁鹿火(あらかひ)が戦う必要はなかった。
    大伴金村の差し金で、両者が戦わざるを得なくなった。
    結果、磐井は殺されたが、葛子はこの砦を守り抜いたのだろう。

    物部麁鹿火は磐井の亡き後数年で没した。
    再び磐井の一族に政権は戻った。
    すなわち葛子へ。そして勝村・勝頼へ。

    葛子のもう一人の子の鞍橋(くらじ)は百済に派遣され、百済王子を助けた。『日本書紀』は鞍橋の本名を抹消した。
  • 播磨風土記に記載された生石の郷
    大国の里 土は中の中。 大国とよぶわけは、百姓の家が多くここにたむろしていた。だから大国という。 この里に山があり、その山を伊保山という。仲哀天皇を神と奉り、神功皇后は石作連大来を連れて讃岐の国の羽若の地の石を
    お求めになられた。その地から海を渡って来られて、まだ御盧 をお定めにならなかったとき、大来が(絶好の地を)見出して みんなに知らせた。だから美保山という。 山の西に原がある。名を池之原という。原の中に池がある。だ から池之原という。
    原の南に石の造作物がある。 その形は家屋の如くで、長さは二丈、巾は一丈五尺で、高さも 同様である。その名号を大石という。言い伝えによると、聖徳 の王の御代に弓削大連(物部守屋)が作った石である。
  • 高天彦社の岡本家家系図では、賀茂氏と葛城氏が同族関係にあったと述べました。
    賀茂氏や葛城氏そして尾張氏の祖先達は、この葛城の地に同居していたのです。


    【鴨県主系図】「諸系譜」第十五冊より

    この「鴨県主系図」は、国立国会図書館に所蔵されている「諸系譜」に収められており、古代賀茂氏を考察できる数少ない資料となっています。
    そして、この系図では「玉依毘古命」から始まっています。
    この系図では、玉依毘古から十一代を経て、「賀茂神官賀茂氏系図」及び「河合神職鴨県主系図」の冒頭の人物である「大伊乃伎命」に接続しています。


    「賀茂神官賀茂氏系図」「続群書類従」より

    そして注目すべきは、玉依毘古の子「五十手美命」の兄弟に「剣根命」と書かれていることです。
    この剣根命とは、初代葛城国造に任じられた人物であり、葛城氏の始祖とされています。
    つまり先祖を遡れば、賀茂氏と葛城氏とは兄弟の間柄だったのです。
    ところで、剣根命の子孫には「難波田使首」となった一族がいます。
  • 葛城氏については、神武東征の論功行賞にて葛城国造に任じられた剣根命に始まります。

    珍彦を以て倭国造とす。又、弟猾に猛田邑を給ふ。因りて猛田県主とす。是菟田主水部が遠祖なり。弟磯城、名は黒速を、磯城県主とす。復、剣根といふ者を以て、葛城国造とす。
    【日本書紀】舎人親王(720)神武天皇二年より

    この時、国造に任じられたのは、剣根命と「倭国造」に任じられた「珍彦(記では槁根津日子)」だけです。
    この国造とは、おそらく大きな集落か、もしくは特定の領域内に存在する村々を、統治管轄する首長職のようなものでしょう。
    今の奈良盆地には「葛城国」と「倭国」という二つの国が存在することとなったのです。
    ちなみにこの時に国造や県主に任じられたのは、剣根命を除いては神武東征の功労者ばかりです。
    剣根命については、何の功績によって葛城国造に任じられたのか、そもそも剣根命の人物像について何も記されていません。
    ただ、旧事紀では剣根命を「葛木土神」と記しています。

    次に天忍男命、此命は葛木土神、劔根命の女賀奈良知姫を妻と為し二男一女を生む。
    【先代旧事本紀】(平安前期頃成立)天孫本紀より
  • 高御魂命五世孫・剣根命です。
     剣根命は、神武天皇即位直後に、葛城国造としてこの葛城の統治を任され、後には「葛木直の祖」と云われ、葛城(葛木)における地歩を公認されたのです。注 神武紀:神武東征の論功行賞に「剣根を葛城国造とした」とあり。

     その裔孫の名前は次のように「新撰姓氏禄」(815年)に見ることが出来ます。
    1大和国神別に葛木忌寸、
    2河内国神別に葛木直、
    3和泉国神別の荒田直、
    4未定雑姓右京に大辛、天押立命 四世孫劔根命之後也、
     いずれもこの葛城から出て、近隣地域に展開したものと云えるでしょう。

     このように見ると、高天彦神社に高御魂命は葛城氏祖神として祀られていますから、劔根命が祖地に高皇産霊神(葛城氏祖神)を祀った、と読むのが至極自然ではないでしょうか
  • tokyoblogは言いました:

    日本書紀では、論功行賞で、「剣根を葛城の国造とした」と記すのみ。
    ・剣根は、三島溝杭耳の孫。
    ・三島溝杭耳には、玉櫛彦と玉櫛媛の二人の子があり、 玉櫛彦の子が剣根。
    ・おばの玉櫛媛は、ニギハヤヒ命(大物主)との間に、三人の子を生んだ。
    天日方奇日方命、五十鈴媛命(神武后)、五十鈴依媛
    (綏靖后)である。
    ・神武天皇は、皇后のいとこの剣根を葛城国造に任命した。

  • 葛城市内では第3位の大きさを誇る前方後円墳(全長95m)です。かつては神塚古墳と呼ばれていましたが、地元での呼び名にしたがいこの名称にもどされました。
     作られた時期は、古墳時代中期後半(西暦450年~500年)頃と考えられています。時期や古墳の大きさなどから、古代豪族葛城氏の墓の一つと考えられています。
     火振山古墳の火振山とは、文字どおり「火を振る山」という意味です。これは古墳時代より後の飛鳥時代の頃、この古墳の上に明日香の都を防衛するために設置された、のろし台のようなものがあったからと推測されます。
    所在地

    葛城市南藤井
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。