葛城、剣根命、

2»

コメント

  • 鳥栖市の朝日山頂上には宮地嶽神社がある

    総本社の福津市宮地嶽神社がこの真北にあり、
    筑紫国造が調べた十連寺古墳上の宮地嶽神社が真南にある

    宮地嶽神社は安曇族の一族である阿部氏だ。
    これこそが磐井の姓でもあった。阿倍磐井という。
    その子が葛子。

    この朝日山には葛子の伝承があった。磐井が火君と通婚して葛子が生まれたという。

    もともと磐井と物部麁鹿火(あらかひ)が戦う必要はなかった。
    大伴金村の差し金で、両者が戦わざるを得なくなった。
    結果、磐井は殺されたが、葛子はこの砦を守り抜いたのだろう。

    物部麁鹿火は磐井の亡き後数年で没した。
    再び磐井の一族に政権は戻った。
    すなわち葛子へ。そして勝村・勝頼へ。

    葛子のもう一人の子の鞍橋(くらじ)は百済に派遣され、百済王子を助けた。『日本書紀』は鞍橋の本名を抹消した。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。