葛城、剣根命、

2»

コメント

  • 鳥栖市の朝日山頂上には宮地嶽神社がある

    総本社の福津市宮地嶽神社がこの真北にあり、
    筑紫国造が調べた十連寺古墳上の宮地嶽神社が真南にある

    宮地嶽神社は安曇族の一族である阿部氏だ。
    これこそが磐井の姓でもあった。阿倍磐井という。
    その子が葛子。

    この朝日山には葛子の伝承があった。磐井が火君と通婚して葛子が生まれたという。

    もともと磐井と物部麁鹿火(あらかひ)が戦う必要はなかった。
    大伴金村の差し金で、両者が戦わざるを得なくなった。
    結果、磐井は殺されたが、葛子はこの砦を守り抜いたのだろう。

    物部麁鹿火は磐井の亡き後数年で没した。
    再び磐井の一族に政権は戻った。
    すなわち葛子へ。そして勝村・勝頼へ。

    葛子のもう一人の子の鞍橋(くらじ)は百済に派遣され、百済王子を助けた。『日本書紀』は鞍橋の本名を抹消した。
  • 播磨風土記に記載された生石の郷
    大国の里 土は中の中。 大国とよぶわけは、百姓の家が多くここにたむろしていた。だから大国という。 この里に山があり、その山を伊保山という。仲哀天皇を神と奉り、神功皇后は石作連大来を連れて讃岐の国の羽若の地の石を
    お求めになられた。その地から海を渡って来られて、まだ御盧 をお定めにならなかったとき、大来が(絶好の地を)見出して みんなに知らせた。だから美保山という。 山の西に原がある。名を池之原という。原の中に池がある。だ から池之原という。
    原の南に石の造作物がある。 その形は家屋の如くで、長さは二丈、巾は一丈五尺で、高さも 同様である。その名号を大石という。言い伝えによると、聖徳 の王の御代に弓削大連(物部守屋)が作った石である。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。