大国主、御井神、木俣神、大井神社

December 2018 編集されました カテゴリ: 出雲
image大国主、御井神、木俣神、大井神社

木俣神(きのまたのかみ、このまたのかみ)は日本神話の中で、大穴牟遅神が因幡の八上比売に生ませた神。日本書記には…

Read the full story here


タグ付けされた:

コメント

  • 波比伎神・阿須波神と兄弟にあげられる大山咋神とは、山末之大主神ともいわれ、近江の日枝山(日吉神社)に坐すとともに山城葛野の松尾(松尾神社)に坐す鳴鏑の矢をもつ神で、鴨県主一族が奉斎する神であった。山城鴨は天神とされ、天孫族系統の氏族である。そして、座摩五神のうち、「井」に関係する三神がその実、一神であれば、波比伎神・阿須波神の二神のほうも同様に一神で、こちらは御井神と同神か近親神ではないかと考えざるをえない。


    東山道の美濃には御井神社の分布が顕著であり、とくに各務(稲葉)郡三井郷及び養老郡多芸村金屋に式内社の御井神社が鎮座するが、前者は物部連一族の三野後国造・村国連の領域であり、後者からは同じ一族の物部多芸連が起こっている。
    各務は鏡であり、金屋といい、鍛冶部族に関係する地名でもある。

    大和の宇陀郡檜牧に御井神社があり、宇陀主水部・宇陀県主の奉斎を受けた。これら一族の系譜は不詳であるが、主水部の職掌をもつ鴨県主と同族であったと推される。「檜」は肥伊であり、火であった。

    讃岐の多度郡にも三井郷があったが、伊勢国桑名郡の古社である多度神社は、天津彦根命を祀り三上祝の一族桑名首が奉斎した。

    但馬国養父郡の式内社・御井神社(兵庫県養父郡大屋町宮本)も祭神は御井神であるが、他に大屋比古命・大屋比売命を祭神に追加する説がある。氏子に大屋谷十二ヶ村等があり、かって岩井牛頭天王といった。素盞嗚尊の子で木に関係する神として大屋比古命がおり、またの名を五十猛命とされる。同国には気多郡にも式内の御井神社がある。

    五十猛神を祭る紀伊の伊太祁曽神社の摂社には、元宮かとも思われる御井神社がある。
  • 高良とは、「高+羅(朝鮮語の国・地域の意)」で、すなわち高の国である。御井郡には、この地の地主神で高牟礼神(同、牟礼は村の意)とも高魂命ともいう祭神を祀る高樹神社のほか、式内社として伊勢天照御祖神社もあった。

    太田亮博士は、筑後平原を天孫族の物部氏族の起源の地とし、高良社はその氏神とみており、私もこれは基本的に妥当な見解とみている。というのは、高良玉垂神に比定される「天明玉命(玉祖神)=天目一箇命(鉄鍛冶神で、天津彦根命の子神)」こそ、物部氏族の遠祖神とみているからである。高良内町には赤星神社・富松神社があって弦田物部の祖・天津赤星を祀り、近くには物部祖神・経津主神(これも実体は天目一箇命か)を祀る楫取神社もあり、これら物部系の小社の中心が高良大社とされる。筑紫君磐井の乱にあたって、物部の族長たる麁鹿火大連が討伐に向かったのも、こうした背景があったものとみられる。
  • May 2016 編集されました
    波比伎神を祀る主な神社をみると、摂津国西成郡の大社坐摩神社(奉斎者は凡河内国造で、のち都下国造といった)、伯耆国川村郡の波波伎神社(同、伯岐国造)があげられます。両式内社ともに天照大神の御子・天津彦根命(天若日子)の後裔にあたる氏族が奉斎しています。

    「ハヒキ」はハハキ・ハウキに通じることも知られます。また、大和国吉野郡式内で銀峯山鎮座の波宝(ハハウ)神社の祭神も波比伎神で、対応する黄金岳鎮座の式内波比売神社はその妻神水波能売神を祀ると考えています。

    坐摩神社の井の神に「生・栄・長」とつくのも、御井神の又の名が木俣神というのも、出産と生長に関わるからであろう、波比伎神が神木のY字形の木俣神と推測する、と考えて、坐摩神とは日の御子が生れ育つ(そのことを示すのが生井・栄井・津長井の神)、朝日直刺す夕日日照る場所「大宮地」の神(阿須波・波比木神)である、と大和岩雄氏が結論されています(上掲の坐摩神社の項)。私は、坐摩の五神を二群に分けることには賛意を表しますが、 最初の三神は御井神(=木俣神で、高魂神)、次の二神はその父神の波比伎神(=五十猛神)だと考えます。
  • 木俣神=御井神= 多岐喜比賣命!!

    米子市橋本の阿陀萱(あだかや)神社の由緒書

    『多岐喜比賣命は大巳貴命(おおなむちのみこと)と八上比売命の御子なり。出雲の国 直江の里にて誕生あり。八上比売 因幡に帰らんとて共に歩き給うときに多岐喜比賣命 榎原郷橋本邑の里、榎の股に指挟みて長く置き給ひし時に 吾は木俣の神なりと申給ひて 宝石山に鎮座し給へり…』とあります。

    出雲国風土記(いずものくにふどき)では大穴牟遅命(おおなむちのみこと)の御子神として阿陀加夜奴志多岐喜比売命(あだかやぬしたきぎひめ)という女神が登場してきます。これが、木俣神か、又は木俣神の兄弟になる。
  • May 2016 編集されました
    太加夜奴志多岐喜比賣を祀る神社は、

    出雲・伯耆において米子市の阿陀萱神社、松江市東出雲町出雲郷の阿太加夜神社、出雲市の多伎神社、多伎藝神社と広い範囲で見られます。

    1922年に出版された、島根県秋鹿村誌によると、高野宮(島根県松江市大垣町746)には、阿太加夜奴志多岐喜比賣(アダカヤヌシタギキヒメ)が祀られていたという。

    高野山は、本宮山と改称し、現在にいたる。通称、高野宮も、高野山に鎮座していたことによる。また、祭神・下照姫命の別名、高姫命の宮という意味でもある。高宮、足高大明神、足鷹大明神とも。

    阿太加夜奴志多岐喜比賣を祀る高野宮

    内神社は本村大字大垣にあり。式内の古社にして、出雲国風土記に宇知社と見え、延喜式神名帳には、秋鹿郡十座(並小)内神社と見える。和加布都努志能命及び下照媛命を奉祀せり・・・

    御鎮座:当社は風土記に所謂、女嵩野山の山腹にありて、天下造らしし大国主神の御子、和加布都努志命のこの山にて御狩したまへりし、御由緒に拠りて鎮座したまへり。

    又、同じ大神の御子高姫命(亦名下照比売亦名雅国玉神亦名阿太加夜奴志多岐喜比賣亦名大倉比売)は素よりこの山に座し、神なるが故に、同じく当社に祀れるなり。

    亦この神が座せる故に、古来女嵩野の山塊を総称して、別に高野山あるいは芦高(アタカ)山と呼び、随いて、当社を高野宮または、蘆高宮(八束郡出雲郷村阿陀加夜神社は即ち、阿太加夜奴志多岐喜比賣に座し、明治維新まで蘆高大明神と称せり)よも称し奉る、

    島根県秋鹿村誌

    秋鹿村誌には、内神社は本村大字大垣にあり。式内の古社にして、出雲国風土記に宇知社
    と見え、延喜式神名帳には、秋鹿郡十座(並小)内神社と見える。和加布都努志能命及び
    下照媛命を奉祀せり・・・

    御鎮座:当社は風土記に所謂、女嵩野山の山腹にありて、天下造らしし
    大国主神の御子、和加布都努志命のこの山にて御狩したまへりし、御由緒に拠りて
    鎮座したまへり。
    又、同じ大神の御子高姫命(亦名下照比売亦名雅国玉神亦名阿太加夜奴志多岐喜比賣
    亦名大倉比売)は素よりこの山に座し、神なるが故に、同じく当社に祀れるなり。

    亦この神が座せる故に、古来女嵩野の山塊を総称して、別に高野山あるいは芦高(アタカ)山
    と呼び、随いて、当社を高野宮または、蘆高宮(八束郡出雲郷村阿陀加夜神社は即ち、
    阿太加夜奴志多岐喜比賣に座し、明治維新まで蘆高大明神と称せり)
    よも称し奉る、

    とあります。

    阿太加夜奴志多岐喜比賣を祀る神社は、出雲・伯耆において
    米子市の阿陀萱神社、松江市東出雲町出雲郷の阿太加夜神社、
    出雲市の多伎神社、多伎藝神社と広い範囲で見られます。
  • 出雲国風土記(いずものくにふどき)の中で、神門(かむど)郡・多伎郷の地名由来として「…大己貴命(おおなむちのみこと)の御子、阿陀加夜奴志多岐喜比売命がここにいらっしゃる。だから、ここを多吉(たき)という…」。そして、多(阿太加夜神社)支枳(たきぎ)社(現在の多伎藝神社)については、「…阿陀加夜奴志多岐喜比売命は、父神・大己貴命に会うために嵐を鎮めた後、お伴の者たちの手を引いて真一文字に大社の稲佐の浜へ急いだ…」という“手引ヶ浦の浜”の神話などなど。

  • 二つの神名、木俣神=御井神

    古事記では【木の股にさし挟んで置かれたから木俣神と名付けた】と神名由来が語られているのに、御井神についてはまったく説明もなく「亦(また)の名を御井神と謂ふ。」と取って付けたようにある

    「出雲の源郷 斐川の地名散歩」という神話伝承が由来になった地名辞典と出会いました。その中に「結(むすび)の郷」「姥捨て山と木の股年」という章があり、次のような伝承が伝わっています。

    姥捨て山の地名が残る、斐川町直江(なおえ)に結という地区があり、そこに伝わる伝承です。「還暦(生まれて61年目)の年を木股年(このまたどし)といい、この年になると姥捨てと云って老人を山へ捨てた(略)……、しかし結の郷では、生活にゆとりのある人は木股年になると、静かな山に入って隠居した(略)……そこは豊かで住みよい土地であり隠居所だけでなく産屋もあり、お産や子育ての世話もした。八上比売がこの地で産気づいた時、木股年の老女たちが出産を手伝い、そのことから木俣神(このまたのかみ)と言われるようになったのではないか。(後略)…。」

    八上比売ゆかりの地・斐川町では、【木の股に挟んだから木俣神ではなく、木股年の人たちがお産や子育てを手伝ったから「木俣神」といわれるようになったのではないか!?】と、いうことらしいのです。

    この伝承「地元の人でも知る人は少ない」といわれ、やっぱり大発見だったかも!)伝承には続きがあって、八上比売は因幡には帰らず木俣神の成長を願いこの地に留まり、御子とともに結の郷の守護神となり結神社にお祀りされています。結神社とは実巽(じっそん)神社のことで雲陽誌(うんようし:享保2年[1717年]に松江藩士の黒澤長尚が編さんした出雲の地誌)にも記録があります。
  • June 2016 編集されました
    玉垂命が御井神の説

    御井神とは、『木俣神』とも呼ばれ『多祁理比賣命』と『大國主命』の間の子の『下照比賣命』とされ、『高比賣命』とも呼ばれています。高羅山が高良山になったと謂われ、この『高+羅』の意味は『高の國』の事である。と「宝賀寿男」さまが『御井神の系譜』の中で述べられています。

    御井は「三つの井戸」とも解釈され、之は祭祀を行なう『巫女』の禊(清め)が想像され、高羅大社の『御手水の井』と朝妻に在ります『味水御井神社』と赤司八幡宮の傍、大城小学校内にある『益影の井』の三つの『井』をもって『三井』の始まりに成ったのではなかろうか。とも考えられています。
    『御井神』(下照比賣命)を表す『御井』ではない???

    『大善寺玉垂宮』に祀られています玉垂命は、千木は外削ぎの『男神』となっていますが、口伝では、本当の祭神は『女神である』とされており、『謎』の女神となっております。

    玉垂宮の『鬼夜』祭り伝承では、仁徳天皇の御代56年(368年)1月7日に藤大臣(玉垂命)が、玉垂宮を占拠していた肥前國水上悪党の『桜桃沈輪』(ゆすらちんりん)を退治した事に由来している由。
  • June 2016 編集されました
    御井神をお祀りする神社の分布を調べると、斐川町の御井神社以外はほとんどが因幡より東で、但馬(兵庫県北部)、播磨(兵庫県南部)、丹波(京都府中部・兵庫県北東部・大阪府北東部周辺)、河内(大阪)、山城(京都南部)、越(北陸・東北の一部)、信濃(長野県)、美濃(岐阜県)、尾張(愛知県西部)、三河(愛知県東部)、遠江(静岡県大井川以西)に多く、研究者のなかには御井神は出雲系の神ではなく、天孫系の物部氏一族の起源を越の国として、その氏神だったのではないか、または皇祖神・天孫士族の遠祖ではないかというような説もあります。

    御井神社 兵庫県養父市大屋町
    御井神社 兵庫県豊岡市日高町
    美登内神社 兵庫県氷上郡春日町
    井ノ大神社 兵庫県加古川市八幡町
    駒形大重神社 奈良県御所市
    御井神社 奈良県宇陀市
    御井神社 岐阜県各務原市
    御井神社 岐阜県養老郡養老町金屋
    気多若宮神社 岐阜県飛騨市
    津田神社 三重県気多町
    高座結御子神社 境内 御井社 愛知県名古屋市熱田区高蔵町
    須倍神社 外宮 静岡県浜松市北区都田町
    神目神社 石川県鳳珠郡能登町
    石井神社 新潟県三島郡出雲崎町
    子檀嶺神社里社・中社・奥社 長野県小県郡青木村


    御井神社 奈良県宇陀市榛原檜牧字高取96
    御井神社 兵庫県豊岡市日高町土居字天神228
    耳井神社 兵庫県豊岡市宮井字大門215
    五百井神社 滋賀県栗東市下戸山20
    大井神社 京都府亀岡市大井町並河1-3-25
    子檀嶺神社里社 長野県小県郡青木村大字田沢字宮下2378
    子檀嶺神社中社 長野県小県郡青木村大字田沢
    子檀嶺神社奥社 長野県小県郡青木村大字田沢子檀嶺山頂
    駒形大重神社 奈良県御所市大字楢原字石川1662
    松方社跡 三重県松阪市垣内田町
    津田神社 三重県多気郡多気町井内林159-1
    久武神社 境内 木俣祠 島根県出雲市斐川町出西字随心1834
    高座結御子神社 境内 御井社 愛知県名古屋市熱田区高蔵町9-9
    富士山本宮浅間大社 境内 水屋神社 静岡県富士宮市宮町1-1
    和田八幡宮 境内 愛宕神社 島根県浜田市旭町和田字八色山
    神目神社 石川県鳳珠郡能登町藤波16-150-1-2
    須倍神社 外宮 静岡県浜松市北区都田町6284
  • 御井神の鎮座地には御井郡・三井郡、御井郷・三井郷があり、御井氏・三井氏の発祥地と重なり、御井神と木俣神は別々の働きをしていた。
  • 阿陀加夜奴志多岐喜比売命は木俣神=御井神か?
    出雲国風土記(いずものくにふどき)では大穴牟遅命(おおなむちのみこと)の御子神として阿陀加夜奴志多岐喜比売命(あだかやぬしたきぎひめ)という女神が登場してきます。まあ、大国主命は奥さんも沢山いたし、御子神においては古事記では180人、日本書紀では181人もいたという説もあるので他に御子神がいても驚きませんが、 注目したいのは、米子市橋本の阿陀萱(あだかや)神社の由緒書きです。 『多岐喜比賣命は大巳貴命(おおなむちのみこと)と八上比売命の御子なり。出雲の国 直江の里にて誕生あり。八上比売 因幡に帰らんとて共に歩き給うときに多岐喜比賣命 榎原郷橋本邑の里、榎の股に指挟みて長く置き給ひし時に 吾は木俣の神なりと申給ひて 宝石山に鎮座し給へり…』とあります。
  • 八上姫

    意地悪な八十神(やそがみ)達の求婚に対して自らこう言います、「……ここに八上比売、八十神に答へて曰く、『吾は汝等(いましたち)の言は聞かじ。大穴遅神(おおなむちのかみ)に嫁がむ』といひき。(私はあなた達の言うことはききません。私は大穴遅神と結婚します。)」と

    八上比売のふるさと河原町やその周辺に伝わる、古事記とは違う神話伝承とは、霊力をもった巫女・豪族の娘・勇猛果敢に鬼退治をし、一族を束ね因幡を統治した烈女。かと思うと、御子神を愛情深く育てた母神としての伝承もある。
  • 斐川町直江(なおえ)に結という地区があり、そこに伝わる伝承

    「還暦(生まれて61年目)の年を木股年(このまたどし)といい、この年になると姥捨てと云って老人を山へ捨てた(略)……、しかし結の郷では、生活にゆとりのある人は木股年になると、静かな山に入って隠居した(略)……そこは豊かで住みよい土地であり隠居所だけでなく産屋もあり、お産や子育ての世話もした。八上比売がこの地で産気づいた時、木股年の老女たちが出産を手伝い、そのことから木俣神(このまたのかみ)と言われるようになったのではないか。(後略)…。」
  • 八上郡と稲羽の八上姫
    大穴牟遅命もまた稲羽の王の娘を娶る資格を得て稲羽に稲作文化をもたらし八上比売とともに国造りをした。

    『和名抄(わみょうしょう」)』によれば八上郡とは律令制度の古代因幡國(701年以降)の郡名で若桜(わかさ)、丹比(たじひ)、刑部(おさかべ)、亘理(わたり)、日部(くさかべ)、私部(きさいべ・きさいちべ)、土師(はじ)、大江(おえ)、散岐(さぬき)、佐井、石田、曳田(ひけた)の12郷が記されており、因幡国内で最大規模の郡でした。
  • 「大井」の名の発祥

    神泉「丹の池」
    亀岡盆地は太古は「丹の湖(にのうみ)」と呼ばれる湖であったといわれるが、それが無くなるときに当地に水が乾き残り、旱魃でも枯れない「大いなる井戸」として永く残ったのが「大井」の名の発祥の由来とされる。そしてこの井戸に万一のことがあれば平野が湖に戻るか旱魃地帯になると憂いて、井戸の神である木俣神(御井神)が勧請され祀られることとなった。

    湖は「丹の湖」の名のように赤色[5]の泥湖であったといわれるが、その様子が「丹波」の語源となったという説もある。現在も境内には「大井」の名残とされる神泉「丹の池(にのいけ)」があり、鉄分を含み赤色を呈している。ただし、現在は周辺の宅地開発の影響もあって水は枯れており、地下から水を汲み上げている。

    なお「おおい」の発音から社名が大堰川に因むとされることがあるが、上記の様に当社は「大いなる井戸」に因むものであり、嵐山の渡月橋付近に設けられた堰(せき)・葛野大堰に因む大堰川とは由来は異なっている。
  • June 2016 編集されました
    ウィキペディアに
    亀岡市大井町の大井神社の創建に関わる伝承として、大宝2年(702年)に京都市西京区の松尾大社から月読命と市杵島姫命が亀の背に乗って大堰川を遡上したが、八畳岩辺りから保津の急流で進めなくなったので鯉に乗り換え、亀岡市河原林町勝林島の在元淵にまで至った。それを見た工匠が社を建立したという(河原林町の大井神社)。その後、現在地に遷ったと伝えられる。

    本当でしょうか?
    亀岡市の神社紹介では、「和銅3年の創建。祭神の木股命が保津川を鯉に乗って上がってきたと伝えられ、通称「鯉明神」といわれています。この地域ではでは鯉を神の使いと考えられ、鯉を食べず、鯉のぼりも揚げない風習が伝わっています。」とあります。

    木俣神ならば、大国主の頃の話でしょうが、「木股命」ならば新しい時代でしょうか?松尾大社に月読神がやってきた頃に、大井神社に新しい伝承が加わったように考えられる。

  • June 2016 編集されました
    大井神社
    由緒 http://blog.livedoor.jp/ooijinja-densetsu/
    御祭神
    御祭神 【御本殿】
    月 讀 命 (つきよみのみこと)
    市杵島比賣命 (いちきしまひめのみこと)
    木 俣 命 (きのまたのみこと) 別称:御井の神

    【境内社】
    天 満 宮 菅原道真公
    稲荷神社 大宮姫命
    出雲神社 大己貴命
    松尾神社 大山咋命
    蛭子神社 事代主命
    愛宕神社 火具槌命
    大原神社 伊邪諾命
    厳島神社 田心姫命
    春日神社 建御賀豆智命
    往古、亀岡の盆地は泥湖であったが、大変革の時に湖の中心点が乾き残り(現 当社神池)、
    旱魃でも涸れない「大いなる井戸」として、永く存したことに由来する。
    その大井の水に万一のことがあれば、平野一帯は瞬時にして前の如く湖水になるのを憂いて、木股命(御井神)を大井神社に勧請して篤き守護を祈った。

    沿革
    和銅3年(710年)9月、元明天皇の勅命により創建された。
    天正4年(1576年)、明智光秀の丹波平定に際し兵火に罹ったが、
    同12年(1584年)豊臣秀吉が再興し、造営の片桐且元が「正一位大井大明神」の扁額を自署して奉納。その後、高槻城主の遠山長貞が鰐口を寄進した。

    鯉伝説
    大宝2年(702年)に、御祭神が京都嵐山の松尾大社から大堰川(保津川)を亀の背に乗り
    遡って来られたが、八畳岩の辺りから水勢が強くなって進めなくなり、そこへ現れた鯉に
    乗り換えて勝林島の在元渕(河原林町)まで来られ、後に大井へ遷られた。
    最初に在元渕に建てられた社を在元社と呼び、この社を建てた大工が住んでいた里は、
    今でも「宮前町神前(みやざきちょうこうざき)」という地名としてのこされている。
    大井神社氏子地内では、この鯉の大功を崇め敬い大切にし、鯉を食べないばかりか
    触れることもせず、本物の鯉だけでなく絵や人形でさえも触れようとしなかった。
    後の世に「鯉のぼり」の風習が全国的に広まっても、やはり例外ではなく、現在でも
    五月の節句に鯉のぼりをあげない風習が残り継がれている。

    また古老の中には、鯉のことを呼び捨てにせず「お鯉さん」と呼ぶ者もいる
  • June 2016 編集されました
    耳井神社 (豊岡市)みみいじんじゃ
    兵庫県豊岡市にある。山陰本線・豊岡駅の西2.5Kmほどの宮井に鎮座。
    奈佐川の北、光雲寺の西側に、道に面して、南向きに、民家の間に参道入口がある。
    参道を進み、鳥居をくぐり、さらに参道を進む。参道階段を上ると、もう一つの鳥居があり、
    さらに参道と階段を上ると、社殿のある境内。大きな敷地をもっていたようです。
    天武天皇白鳳三年六月、城崎郡司・物部韓国連鵠が黄沼前縣主・耳井命を祀ったのが創祀。
    だが、現在の祭神は御井神で、耳井命を祀ったという伝承は、後世の付会と考えられている。
    中世後期、山名氏の麾下に属し、宮井集落西方の城ノ谷に城館を構えていた篠部伊賀守が守護神として尊崇したといわれる古社。
    式内社・耳井神社に比定されている神社で、もとは、現在地の西南200mの神処と称する地にあったという。
    『式内社調査報告』には、「本殿の右手には合祀された阪谷神社の拝殿があり」と記されている。
  • 奈良県宇陀郡榛原町檜牧。旧郷社。御井大神・天照皇大神・春日大神・水分大神を祀る。延喜の制小社に列せられ、明治の初期郷社になったという。例祭一〇月二一日。
    -『神社辞典』-
    式内社 大和國宇陀郡 御井神社
    御祭神 御井大神 天照皇大神 春日大神 水分大神

    奈良県宇陀市にある。墨坂神社から369号線を2Kmほどの所。三井山の麓にあり、隣には公民館のような公共の施設がある。瑞垣の奥に神明造の本殿がある。
    瑞垣内には、「氣比大明神」と読める石碑が立っていた。
    創祀年代は不詳。式内社・御井神社に比定される古社。
    以前は、食井明神とも称したらしく、食井明神とは御食津大神のことで、気比明神とも称された神。だが、本来は御井神であり、木俣神とも呼ばれる素盞鳴尊の御子神なのだ。
    境内は、ツルマンリョウの群生地で天然記念物に指定されている。
  • 石井神社 新潟県三島郡出雲崎町石井町583
    御井神 饒速日尊
    祭神 大国主命 神名帳考證では御井神(饒速日尊と推定)。北条の石井神社(相模の寒川神社からの勧請)は小鹿島(饒速日尊と推定)という。
    伝承は
    「神代の昔、各地を平定した大国主の命が、この地に来られ佐渡ヶ島を平治しようとしたが、海を渡る船がない。そこで、石の井戸の水を汲んで撒くと一夜にして12株の大樹が茂った。その霊樹で船を造り海を渡って平治したと伝えられており、その時、大小の魚が船を守り助けたので12株の大樹の辺(現在の井鼻)に宮を造り海上守護の大神を祀った。祭神は神名帳考證では御井神(饒速日尊と推定)。北条の石井神社(相模の寒川神社からの勧請)は小鹿島(饒速日尊と推定)という。」 

     祭神御井神は、大国主命の子木俣神を指すと言われているが、この地に来た記録はない。御井神は大和国宇陀郡にある御井神社に祭られている神でこの神社の記録では気比神として祀られており、同時にこの地は饒速日尊の滞在伝承地である。これから、御井神=気比神=饒速日尊となる。この伝承より、饒速日尊がここから佐渡島に渡り、佐渡島を統一したことが分かる。

    斐太神社 新潟県妙高市宮内241 大國主命・ 矢代大神・ 諏訪大神 饒速日尊 大國主命が国土経営のため御子言代主命・建御名方命を従へて当国に行幸し、国中の日高見国として当地に滞在した。大國主命・建御名方命は山野・田畑・道路を、言代主命は沼地・河川を治め水路を開いた。積羽八重言代主神は矢代大明神と称し、矢代川の名の由来となつたといふ。
  • 大国主
     (1)因幡の素兎伝説、(2)根の国の物語、(3)八千矛の物語、(4)国作り神話、(5)国譲り神話。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。