穂積氏

December 2018 編集されました カテゴリ: 古代氏族
image穂積氏

『記』成務巻には、天皇が穂積臣らの祖、「建忍山垂根」の娘、弟財郎女をめとり、和訶奴気王を生んだとある。 「日本…

Read the full story here


コメント

  • 穂積氏
     太古以来の大族で、物部氏と同族の饒速日命後裔で大和国山辺郡穂積邑発祥と伝えられる。
     伊香賀色雄命の子大水口宿禰の子孫が穂積臣、穂積朝臣を賜姓されるに始まる。
     後裔の紀州熊野系の穂積氏からは、熊野神社が全国に勧請されて大いに穂積姓鈴木氏が栄える。

    饒速日命──宇麻志麻治命──彦湯支命──意富禰命──出石心大臣命──鬱色雄命──大水口宿禰─建忍山宿禰命──大木別垂根命──【穂積】真津─阿米──十能寸──鎌子──押山─巴提──福良
  • 内色男命系(穂積系)の関係系譜


     饒速日命の第五世孫(以下、⑤のように表現する)の内色男命-その子の⑥大水口宿祢(崇神朝。穂積臣・釆女臣、末盧国国造祖)、その同母弟の⑥大矢口宿祢(崇神朝。大新河命、武諸隅命、大毋隅連、武牟口命と同人)-⑦大売布命(景行朝の東国遠征に供奉したと『高橋氏文』に見)-⑧大小木宿祢(成務朝に遠江国造になった印岐美。豊日連、同上遠征に供奉)-その子の⑨樫石宿祢(志紀県主)、その兄弟の⑨舩瀬宿祢(成務朝に久自国造)、同じく⑨印播足尼(仲哀朝に久奴国造)。大小木宿祢の兄弟の⑧大小市宿祢(成務朝に駿河国造になった片堅石命のことで、大新川命の子と「国造本紀」に見える)-その子の⑨阿佐利連(応神朝に風早国造)、その兄弟の⑨子致命(応神朝に小市国造。大新川命の孫と「国造本紀」に見える)。大売布命の兄弟の⑦意布美命(建新川命に当たるか。春道宿祢の祖の布都弖は、その子か同人か)-⑧伊其和斯彦宿祢(伊福部氏系譜に成務朝に稲葉国造。伊福部臣祖)、その兄弟の⑧臣賀夫良命(成務朝に三野後国造。景行朝に見える美濃県主角鏑)。
  • 鈴木を名字とする家は多くの流れが知られているが、そのほとんどは穂積を本姓としており、熊野三山信仰と関係が深い。穂積姓鈴木氏は熊野新宮の出身で、元来は熊野神社の神官を務める家系である

    鈴木氏は紀ノ川対岸の雑賀荘(現在の和歌山市街周辺)を中心に周辺の荘園の土豪たちが結集してつくっていた雑賀衆の有力な家系のひとつで、十ヶ郷の指導者的な立場にあった

    雑賀氏は、本姓鈴木なり。『続風土記』雑賀荘和歌浦条に、 
     「雑賀城跡、村の入口、妙見堂山の北の端にあり。鈴木佐大夫の城地なり。佐大夫は七万石許を領す。( 七万石許を領すといふ。疑はしけれども、「士姓旧事記」に出ずるを以て、姑く原文に従ふ)。天正年中、本願寺光佐当国鷺森に来て、雑賀の一族を頼む。同五年、織田内府、その子信忠、信雄、信孝をして、軍兵を率いて雑賀の一族を攻む。そのとき雑賀の一党、太田、土橋、岡崎等二千余人山口にて防戦す。織田の軍、利を失ひて退散す。同十三年、豊臣太閤大兵を挙げて根来を滅ぼし、あわせて国中を平げむとす。鈴木孫市( 佐大夫の男 )、佐竹伊賀守、根来寺の僧徒、泉州千石掘の積善寺に城を築き、防戦すといへども、太閤の兵遂に根来を焼き、大田城を降すを以て、鈴木は城を出でて降参し、佐竹は熊野の山中に遁る。佐大夫は藤堂高虎の智略に落ちて、粉川にて切腹す。雑賀城没落ののち、町屋は多く和歌山に移る」
     とある。
  • 穂積の遺称地・保津(奈良県磯城郡田原本町保津)は弥生期の大遺跡たる唐古・鍵遺跡の南西近隣に位置するし、河内国の哮ヶ峰(現在の生駒山)への降臨伝承が残る石切劔箭命神社(河内国河内郡の式内社で、東大阪市東石切町に鎮座。穂積堂と呼ばれた摂末社もある)の社家は、地域的に見て物部の初期分岐とみられるが、初め穂積と称し、いま転訛して「木積(コツミ)」を名乗る事情もある。鈴木真年翁も『史略名称訓義』で、可美真手命が大和国十市郡穂積里に居たとして、穂積臣氏本宗説を記している
  • 出雲積、鰐積(和珥臣の原始的姓氏)、津積(同、尾張連)や阿曇(同、阿曇連)などの例から見て、「穂積」(穂は「火」の意か)であり、物部氏は本来、穂積であり、その本宗は穂積臣であって、豪族系の臣姓をもっていた。
  • 穂積の遺称地・保津(奈良県磯城郡田原本町保津)は弥生期の大遺跡たる唐古・鍵遺跡の南西近隣に位置するし、河内国の哮ヶ峰(現在の生駒山)への降臨伝承が残る石切劔箭命神社(河内国河内郡の式内社で、東大阪市東石切町に鎮座。穂積堂と呼ばれた摂末社もある)の社家は、地域的に見て物部の初期分岐とみられるが、初め穂積と称し、いま転訛して「木積(コツミ)」を名乗る事情もある。鈴木真年翁も『史略名称訓義』で、可美真手命が大和国十市郡穂積里に居たとして、穂積臣氏本宗説を記している。
  • 矢田部氏は添下郡矢田郷を中心に大和郡山市・奈良市辺りに勢力を持ち、穂積氏は摂津国島下郡穂積郷(現茨木市穂積)を中心に西方の豊島郡穂積村(現豊中市の穂積・服部)にかけての地域に居住した。大和郡山市矢田には名神大社の矢田坐久志玉比古神社があり、茨木市穂積の北方近隣の福井に三島郡唯一の名神大社・新屋坐天照御魂神社があって、ともに饒速日命を祀る
  • 九州の発生
    筑後川中下流域の御井郡を中心とする地域(邪馬台国や高天原の主領域と重なる地域)
    物部関係神社の分布が稠密であり、配下の諸物部に縁由の地名も多くある。

    この地から、北九州筑前の遠賀川の中下流域へまず移遷し、そこから近畿の河内、さらには大和へと氏族(部族)が移遷した。

    大矢口宿祢は、「天孫本紀」では第四世孫の世代に大水口宿祢の弟としておかれ、穂積臣系統以外のすべての物部氏の祖とされて重視されていることに留意され るが、一方、華族諸家の宮内省呈譜史料や鈴木真年史料では、傍系の祖で「榎井部の祖」としてしか記されない
  • 大矢口宿禰

    吉備津彦等とともに崇神朝に出雲討伐に活躍し、子孫には因幡国造・伊福部臣らを出したと「伊福部家譜」に見える武牟口命や宇倍神社の祭神の武内宿祢にあたるとみられる

    大矢口根大臣命。「天孫本紀」に大矢口宿祢命と見え、出石心大臣命の弟とされたり、子とされたりして諸伝があるが、穂積臣の祖・大水口宿祢の弟とするのが活動時期や古代特有の命名法からみて妥当か(この場合、内志許男の子か)

    大矢口宿祢は、因幡の伊福部臣氏の系譜にその祖の武牟口命と解されている者に当たり、「牟」は「矢」の誤解ないし誤記
    http://wwr2.ucom.ne.jp/hetoyc15/keihu/monobekz/monobek1.htm

  • 伊福部氏は、因幡国庁跡近隣で稲葉山南西麓に位置する因幡一宮、宇倍神社(鳥取市国府町宮下)の奉斎を歴代世襲して近世に至った
    「伊福部家譜」には、氏祖の武牟口命を崇神朝の人として、その第五代(四世孫。世代から推すると仁徳朝頃の人か)に阿良加宿祢をあげるが、これにほぼ対応する名前の因幡国造阿良佐加比売という仁徳朝の者が『播磨国風土記』讃容郡条に見える。この男女は、古代の命名法と年代から考えて、直接の兄妹とみられるから、これも同家譜の妥当性を傍証するという

    伊福部臣が因幡国造であるという。

    大矢口宿祢は、出雲討伐につながる出雲との交渉役として崇神紀六〇年条に見える矢田部造の祖・武諸隅にも当たるとみるのが年代的に自然というが、

    大矢口宿祢は吉備津彦らとともに出雲討伐に活躍したと伝え、その子孫は中世の入沢氏(伯耆国日野郡の楽々福神社祠官)、 名沢氏など

     「天孫本紀」に兄弟と記される武諸隅命(矢田部造の祖)と大母隅連(矢集連の祖)とは、名前に「モロスミ」を共有しており、『書紀』崇神六〇年条の記事でも割注で同人と記すので、これらの事情から同人としてよい。
  • 穂積の遺称地・保津(奈良県磯城郡田原本町保津)は弥生期の大遺跡たる唐古・鍵遺跡の南西近隣に位置するし、河内国の哮ヶ峰(現在の生駒山)への降臨伝承が残る石切劔箭命神社(河内国河内郡の式内社で、東大阪市東石切町に鎮座。穂積堂と呼ばれた摂末社もある)の社家は、地域的に見て物部の初期分岐とみられるが、初め穂積と称し、いま転訛して「木積(コツミ)」を名乗る事情もある。鈴木真年翁も『史略名称訓義』で、可美真手命が大和国十市郡穂積里に居たとして、穂積臣氏本宗説を記している。
  • 唐古・鍵遺跡の主体たる物部氏が布留遺跡などに移り、纏向遺跡は別途、王都として大王家により造成され、崇神がその主となったとみ られる。

    物部の祖の伊香色雄や十市根は石上神宮に関与し、穂積から分かれて神宮の周辺から南方にかけての地域に本拠を移した

    物部嫡宗家は代々 山辺郡の天理市中央部辺りを本拠(山辺郡に穂積郷をあげる『和名抄』もあり、これが妥当ならその郷域か)としてきて、西山古墳など同市杣之内町・勾田町・守目堂町一帯の古墳群(杣之内古墳群)は物部一族築造の可能性が大きい。河内のほうは阿刀の別業の名が示すように別荘地域であったが、守屋大連が「弓削大連」ともいわれるように、当地の弓削連との所縁が強く、河内を主戦場に選んだものであろう。
     一族の矢田部氏は添下郡矢田郷を中心に大和郡山市・奈良市辺りに勢力を持ち、穂積氏は摂津国島下郡穂積郷(現茨木市穂積)を中心に西方の豊島郡穂積村(現豊中市の穂積・服部)にかけての地域に居住した。大和郡山市矢田には名神大社の矢田坐久志玉比古神社があり、茨木市穂積の北方近隣の福井に三島郡唯一の名神大社・新屋坐天照御魂神社があって、ともに饒速日命を祀るから、各々矢田部氏、穂積氏が奉斎したものとみられる。
  • 饒速日命
      ↓ 
    宇麻志麻治命→尾張の祖の天香山命は異母兄か?
      ↓ 
    彦湯支命
      ↓ 
    意富祢命
      ↓ 
    出石心大臣命
      ↓ーーーーー↓
    鬱色雄命  鬱色謎命
      ↓
    大水口宿禰
      ↓ーーーーー↓
    建忍山垂根  末羅国造
      ↓ーーーーー↓ーーーーーーーーーー↓
    大木別垂根 弟橘媛(日本武尊の妃)弟財郎女(成務天皇の妃)
      ↓
    穂積真津(穂積臣)
      ↓ーーーーー↓
     阿米    采女臣
  • 弟財郎女(おとたからのいらつめ、生没年不詳)は、成務天皇の妃。父は建忍山垂根(穂積氏の遠祖)で、母は未詳。和訶奴気王の母。

    古事記に記載があり、和謌奴気王(わかぬけのみこ)を儲けたとするが、日本書紀には記載はない。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。