酒の神、大神神社、少彦名

December 2018 編集されました カテゴリ: 出土品/交易
image酒の神、大神神社、少彦名

お酒の神様といえば大神神社です。 杜氏の神様として大神神社の摂社「活日神社」 杜氏の神とされる高橋活日命(たか…

Read the full story here


タグ付けされた:

コメント

  • 祭神:天津彦根命、少彦名命

    忍坂坐生根神社は大和国・城上郡鎮座・月次新嘗とされる式内大社です。

    忍坂坐生根神社は額田部氏が祖である天津彦根命を祀ったものと想像します。

    天津彦根命は天照大神と須佐之男の誓約の際に、天照大神の御統の珠(みすまる)から生まれた五柱の男神のうちの一柱です。

    忍坂は出雲系の氏族である額田部氏が居住していた地で、飛鳥時代の歌人額田王や鏡王女の生育地との伝承があります。

    忍坂坐生根神社の東400mには額田王の母とも姉ともされる鏡女王押坂墓があります。鏡女王や額田王の父は鏡王と称される鏡の製作・鋳造を行う額田部氏の首長と思われます。

    忍坂坐生根神社は寺川の支流である粟原川の右岸に鎮座しますが上流には草壁皇子を忍んで創建された栗原寺跡があります。

    談山神社所蔵の古文書に比売朝臣額田が栗原寺の金堂と釈迦像を造ったと記されます。その「比売朝臣額田」が晩年の額田王とも考えられています。
  • 歴代天皇の中で唯一息長の名を持つ29代舒明天皇(息長足日広額、おきながたらしひひろぬか)の父は敏達天皇の皇子、忍坂日子人大兄皇子(おしさかひこひとおおえのみこ) 母はその異母妹、糠手姫皇女(ぬかでのひめみこ)書紀では田村皇女の名で記されています。
    忍坂日子人大兄皇子は敏達と息長真手王の女、比呂比売の間に生まれているので、舒明の父、祖父さらに遡れば26代継体天皇まで濃淡はあるが息長氏との繋がりが見られる系譜伝承になっています。この舒明天皇の陵墓は桜井市忍坂にある段の塚古墳で3段築成の方形壇の上に2段築成の八角墳が築かれています。文久年間の「山陵考」によると南面が崩壊し石室が露出したとあり石室内に二基の家型石棺がおかれ、奥の石棺は横向き、前の石棺が縦向きに安置されているそうで舒明と母の糠手姫皇女の合葬陵といわれています。また忍坂日子人大兄皇子の叔母、大伴皇女の忍坂内墓もここにあります。舒明陵のある所は今、外鎌山と呼ばれていますが近世まで忍坂山と呼ばれていたそうで麓に式内忍坂坐生根(おっさかにいますいくね)神社が鎮座し祭神は少彦名命(すくなひこなのみこと)ですが本殿はなく背後の宮山がご神体になっています。地元には息長氏が勧奨した神社という伝承もあるが真偽の程は不明です。忍坂の西には神功皇后の磐余宮の伝承地もあり、また六世紀の磐余には天皇の諸宮がこの地に置かれて、この地に王権の武器庫があり、刀剣や武器・鉄器製作の鍛冶工房があり、王権の軍事力を支える基盤になっていたようで、その生産と管理にあたつていたのが息長氏だったという伝承もあります。
  • November 2018 編集されました
    大神神社の摂社である若宮社

    鴨部美良姫命 (かもべのみらひめのみこと)は、もともとこの土地をまとめていた豪族 和邇氏(わにうじ)の阿田賀田須命(あたかたすのみこと)の妻で、その子供が大直禰子(おおたたねこ)と伝えられています。
  • 奈良は出雲

    和爾坐赤坂比古神社(天理市)

    現櫟本町・和爾町から北方一帯を本拠地とした古代豪族・和爾氏の一族が、その祖を祀った神社という。

    賀田須命(アタカタス) 市杵島比売命(イチキシマヒメ)
    とあるが、市杵島比売命は後世の合祀であり、延喜式にいう祭神一座とは阿田賀田須命のことで、社名にいう赤坂比古とはこの命を指すという。

     阿田賀田須命の名は記紀には見えないが、先代旧事本紀(地祇本紀・9世紀前半)に
      「(素盞鳴尊の)八世孫 阿田賀田須命 和迩君等の祖」
    とあり、新撰姓氏録(815)には
      「大和国神別(地祇) 和仁古 大国主六世孫阿太賀田須命之後也」
    とある(両資料間で世代が一代違っている)。

     これからみると、和爾氏は阿田賀田須命を祖とする出雲系氏族で、その一族に和仁古(ワニコ)氏があったとなるが、管見した和爾氏系譜に和仁古氏の名はみえず詳細不詳(九州肥後国に進出した和邇氏が和仁古氏を称したという-ネット資料・九州の人々)。

     なお、姓氏録の河内国神別(地祇)・宗形君の項に、「大国主命六世孫吾田片隅命之後也」とあり、この吾田片隅命を阿田賀田須命と同一人物とする資料は多い(オオクニヌシ6世の孫という系譜、読みの一致からか)。とすれば、和爾氏(和仁古氏)と宗形氏とは同族となり、和爾氏は宗形氏と同じ海人族出身とする説があるのは、是によるものであろう。
  • 大和地域では10期区分の1期~3期の古墳から、墳丘裾周りに方形区画(プレ造出)を設け、後の造出につながるような祭祀を行っていた例がいくつか知られている。奈良県天理市の中山大塚古墳・燈籠山古墳・赤土山古墳では後円部背後に壇状施設が確認され、東殿塚古墳では前方部左(後円部を上にしたときの左)の突出部で祭祀用と思われる土器群が確認されている。また行燈山古墳・渋谷向山古墳では後円部右側くびれ部付近に壇状の地形が実測図から確認でき、四世紀半ばごろまでのプレ造出は設置位置が一定していない。造出は納棺後の祭祀(追善供養)を行うための場であったと考えられている。
  • 赤米と赤飯

    天皇の即位式である大嘗祭(だいじょうさい)は、即位後初めて行うの新嘗祭(にいなめさい)のことですが、この新嘗祭のルーツと思われるものに、赤米神事があります。この赤米神事はなんと、種子島の南種子町茎永(みなみたねまちくきなが)地区の宝満神社、長崎県対馬の厳原町豆酘(いずはらちょうつつ)の多久頭魂(たぐつたま)神社、岡山県総社市新本(しんぽん)の国司(くにし)神社の、モロ海人の本拠地で、日本でただ3箇所の神社にのみ伝承されているのです。

  • 讃岐忌 部氏は手置帆 負命か ら出てお り,こ の命 は工 芸 に長ぜ られ,御 母豊受姫命を崇 敬せ られ,祖 神 より伝 っ た御酒を造 り,供 えられ ましたので,こ の風習が今 日ま で伝 り,村 民が毎年濁酒を造 り,上 記両命を御祀 りして い る,現 三豊郡豊中町笠田の宇賀神社に,毎 年春秋2回, 社 内酒造殿 の甕 で,大 蔵省か ら特に許可 された1石 未満 の濁酒を醸造し,参 詣客に呑ませております。杜氏,倉 人は祖先伝来の家柄が定っており,勝 手な人が造るわけ に はまい りませ ん。 このよ うに神前供酒が許 され てい る のは,全 国で僅か数社 であ ります。
    太古か ら次に古代(大 和時代)に 入 りま して,日 本武 尊の御弟,神 櫛王が讃岐 国 造 の祖であり,そ の12人 の王子に酒造を教 えられた,十 二 この壷 の一つは,今 な お保存 されてお ります(高 松市 由良町)。 第12代 景行天皇(西 暦80~130)の 御孫,武 殻王 の5代 の孫に黒丸 という人がおって,酒 造の技に長じ,小麦こうじと小麦飯 で酒を造 り,そ の味芳醇 で,し か も清澄 してお り,つ い に第19代 允恭 天皇に献上 しま した ところ,帝 大に賞美 し給い,つ いに論旨をもって,最 高の名誉である「酒 部」の姓を賜 りましたので,以 後 「酒部黒丸」 と称 し, 村 々にその技術 を教 え,村 は富裕 になった と伝えられて い ます 。す なわち清酒 とい うべきものであ った ことを特 筆 したい と思い ます。 今 もこの黒丸 は綾歌 郡綾歌 町栗熊 に神社として祭られ,使 用した 「玉の井」という井戸の 遺跡も,現 存しております。

  • December 2017 編集されました
    『日本 書紀 』 に よ る と仁 徳41年(353年) 春3月,紀
    角宿禰(武 内宿翻の三男)を 百済に遣 して,国 郡の境界 を定めたり,郷 土の産物を記録させたりした。その時,百済の王族の一人,酒 君という者に無礼の行為があっ た。王 を責め ると,王 はか しこまって,鉄 の鎖で酒君 を縛 って奉 った。
    酒 君は 日本へ連行 されたが,間 もな く 逃 亡 して同郷 の綾織 の長の家にか くれた.名 前は酒君だ し,連 行 して来たのは紀氏 の一人 であるか ら,こ の人 が 最 もそれに近 い。 しか し日本 に来 て酒 を造 った とい う記 録 はない。他 の人物 と し て は 『古事記』の須須許理や 『新撰姓氏 録』 の曽割 呆利兄弟 も考え られ るが,こ の人 達は大君 に関 係ある酒造技師で,且 新羅系 と考え られて い るので別人 である。『新撰姓 氏録』 右京諸蕃 に よ く似 た名前の秦の酒 公(ま た は酒秦公)と い う人 もいる。 こ
    れ は京 都太秦 の 大酒 神社の祭神 であるが 「蚕養機織管弦楽舞之祖 神」 として祀 られ ている。二人共姓名 に酒の字 は付 いていて も直接 酒造にたつ さわ った とい うことではな さそ うだ。 まして 『日本書紀』 には百 済の酒君につい て,引 き続き次の記事がある。仁徳43年(355年)秋9月,天 皇が河 内へ行 幸 した時,あ る人が網 にかか った珍 らしい鳥 を献 上した。天 皇は逃 亡の罪を赦 して,酒 君 にこの鳥を見せた。酒君はこれに対えて「この鳥の類 は,百 済 に多 し。馴せ ば能 く人に従 う。亦捷 く飛 びて諸 の鳥を掠 る。百 済の人 この鳥を名づけて倶知 とい う。」
    日本では鷹 の ことで,酒 君は この鳥を預 り養育,訓 練 し て天皇 に奉 った。天皇は和 泉の百 舌鳥野で遊猟 をなされ た時,数 十羽 の雄 を とった とい う。酒君の特技は酒造 で は な く鷹 狩 で あ った ら しい。

    出典
    百 済 か ら来 た 酒 の 神 様 ・神 櫛 ノ王 ・村 主
    和歌山県酒造史編纂委員 松本武一郎
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1915/68/5/68_5_321/_pdf
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。