浦島太郎の伝承と、各地の月読神

11/11編集されました カテゴリ: 神社
image浦島太郎の伝承と、各地の月読神

丹後伊根町 丹後半島の東側,日本海や若狭湾に面した,伊根,朝妻,本庄,筒川の4つの村が合併して昭和29年11月…

Read the full story here


コメント

  • 一般に大伴氏は
    高皇産霊神→天忍日命→天津彦日中咋命→道臣命
    と言われている。
    しかし『古屋家家譜』によると、
    高皇産霊神→安牟須比命─香都知命─天雷命─天石門別安国玉主命─天押日命─天押人命─天日咋命─刺田比古命─道臣命
    となっている。
    道臣命が神武天皇と同世代なので、高皇産霊神は9世前である

     賀茂氏系図では 
    高魂命-伊久魂命-天押立命-陶津耳命(神武天皇と同世代)
  • 中臣烏賊津使主
    なかとみのいかつのおみ

    別名
    伊香津臣命:いかつおみのみこと
    雷大臣命:いかつちおおおみのみこと
    ……
    意美佐夜麻命の子。天児屋根命十四世孫、あるいは五世孫。神功皇后の審神者。中臣氏の祖。

    仲哀天皇に仕え、天皇が崩じると、神功皇后は烏賊津使主、大三輪大友主君、物部膽咋連、大伴武以連の四人の大夫に詔して喪を秘して百寮を率いさせ、 天皇の屍をおさめ、武内宿禰に奉侍させて海路より穴門に遷らせた。

    烏賊津使主は、後に皇后の勅を受けて百済に使いし、百済の女を娶り一男を生んだ。

    允恭天皇の時、烏賊津使主は天皇の命令を受けて衣通姫を迎える使者になり、 熱心に頼んで姫を天皇の后とするのに成功した。

    神功皇后新羅を征した時、軍に従ひ勲功ありて、 凱還の後、対馬県主となり豆酘に館をかまえ、韓邦の入貢を掌り 祝官をして祭祀の礼を教え太古の亀卜の術を伝えたという。

    中臣烏賊津使主 を祀る神社

    雷命神社
    雷神社 など
  • 梅原氏は、中臣氏と朝鮮の関係に注目するべきだ、と指摘する。なぜかというと、『続日本紀』桓武天皇の天応元年(七八一)七月の条に、次のような記事があるからだ。

     粟(柴)原勝子公の先祖は伊賀都臣で、これは中臣の遠祖、天御中主命の二十世の孫、意美佐夜麻の子である。伊賀都臣は神功皇后の御世に百済に使いして、当地の女性と結婚し、二人の男子を生んだ。名づけて大本臣、小本臣という。彼らははるか本系を訪ねて我が国にやってきた。美濃国不破郡栗原の地を賜って住み、その後栗原の地名を名につけた、中臣栗原連の姓を賜りたいと申し出た。

     この話は中臣氏の祖先を示唆するものと考えた梅原氏は、『隠された十字架』(新潮社)のなかで、

     おそらくこの中臣氏は、帰化人の血を引く東国出身らしい成り上り者であり、この成り上り者が鎌足の父、御食子を祖とし、不比等まで三代で政治の実権をほぼその手に握ったのである。
  • June 2016 編集されました
    浦嶋子は筒川庄の豪族の浦嶋子という名の人の息子で,父の名を継いでいました。

    真東の海上には常世(とこよ)島とも呼ばれる冠島が浮かんでいます。

    浦嶋神社
     淳和(じゅんな)天皇は浦嶋子の話を聞き,小野篁を勅使として天長2年(825年)に浦嶋神社を創建し「筒川大明神」として嶋子を祀っています。
    別名 宇良神社 浦島大明神 筒川大明神
    主祭神 浦嶋子
    相殿神 月読命
    現在この神社がある付近までが本庄浜の入り江が入り込んでいました。

    浦嶋子の祖先は月読命の子孫で,月読命の姉は天照大神,弟は素戔嗚尊(須佐之男命)。伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が黄泉の国からもどり御祓をして目を洗っていたら右目から生まれたといいます。
  • June 2016 編集されました
    網野銚子山古墳前方部の近くに浦嶋子の家があった。
    全長198m,後円部径115m,高さ16m,前方部幅80m,高さ10m の日本海側では最大の古墳。三段の墳丘が築かれ,斜面に葺石をふき,円筒埴輪が並べられていました。近くの小銚子古墳と寛平法皇陵古墳とともに4世紀末~5世紀初の古墳。国の史跡に指定されています。この地方一帯を治めていた豪族の墓でしょう。その祖先が浦嶋子だとも言われています。

    網野銚子山古墳の墳丘への入り口に畑があって,その中に碑が立っています
    碑文
    「皺榎(しわえのき)
     この樹には浦島太郎について次の民話が伝承されてゐる
     ここは水の江の住人浦島太郎の終焉のの地で太郎の舘跡なりとの説がある 太郎が龍宮より帰へりて玉手箱を開くに忽ち老翁となる 
    驚愕(きょうがく)せる太郎はその顔の皺(しわ)を毟(むし)り取ってこの樹に投げつけたりと
     依って今日猶(なお)この榎はその樹皮に醜き皺をなすなりと云ふ」
  • June 2016 編集されました
     乙姫とはじめて出会ったのが嶋子神社の対岸にある福島とよばれる小さな島です。 この中に西浦島神社という神社があるそうです。(地元の人からの伝聞)
    浦島太郎としてのイメージは亀の背に乗っている姿でしょう。しかし,丹後半島に伝わる話では,亀は亀姫であり,竜宮城への乗り物ではありません。

    海岸から南に入ったところに網野神社があります。ここには水江日子坐王(みずのえひこいますのみこ),住吉大神と水江浦嶋子が祀られています。それぞれ別の所にに鎮座していましたが,1452年9月に現在地に合祀されました。

     浦島太郎が竜宮城へ行ったのは日本書紀では雄略22年の秋7月で,丹波国与謝郡の筒川村(日置の里筒川村は京都府宮津市)の水江浦嶋子が大亀を釣り上げたことで始まります。一般に知られるお伽話の浦島太郎の物語は丹後の国の風土記がもとになっています。しかし,その内容は風土記とは違っています

    以下,丹後の風土記逸文

     『丹後の国風土記』によると,与謝郡日置(伊根・筒川・本荘から経ヶ岬までの広い地域をさす)に筒川村(現在の伊根町筒川)があります。ここに日下部首(くさかべのおびと)等の先祖で名を筒川嶋子(つつかわしまこ)という者がいました。嶋子は容姿端麗で優雅な若者でありました。この人は水江の浦の嶋子という人のことです。
     以下のことは以前の国守,伊預部馬養連(いよべのうまかいのむらじ)が書き表したことと同じです。

     長谷朝倉宮(はせのあさくらのみや(雄略天皇))の時代,嶋子は一人大海に小船を浮かべて釣りをしていました。しかし,三日三晩経っても一匹も釣れませんでした。あきらめていたころ1匹の五色の亀が釣れました。不思議だなあと思いましたが船上に上げておきました。すると,眠くなっていつの間にか寝てしまいました。

     しばらくして目が覚めると,亀が美しい乙女に姿を変えていました。その美しさはほかにたとえようがありません。ここは陸から離れた海の上,「どこから来たのですか。」とたずねると,乙女は微笑みながら「あなたが一人で釣りをしていたのでお話ししたいと思い,風や雲に乗ってやってきました。」と言います。嶋子はさらに「その風や雲はどちらから」とたずねました。すると乙女は「私は天上の神仙の国から来ました。決して疑わないでください。あなたと親しくしたいのです。」と言います。嶋子は乙女が本当に神仙の国から来たと信じました。さらに乙女は「私は永遠にあなたのそばにいたいと願っています。あなたはどうですか。お気持ちをお聞かせください。」と言いました。嶋子は「そんなに慕われているのを聞けばうれしいことです。」と答えました。乙女は海の彼方にある蓬山(とこよ)の国へ行こうと言います。嶋子は乙女が指さす方へ船をこぎ始めるとすぐに眠ってしまいました。

     すぐに大きな島に着きました。そこは玉石を散りばめたような地面で,綺麗な宮殿があり,楼閣は光輝いているように見えます。嶋子がこれまでに見たことがない景色で,二人は手を取り合ってゆっくりと歩んで行きました。すると,一軒の立派な屋敷の門の前に着きました。乙女は「ここで待っていてください。」と言って中に入って行きました。

     門の前で待っていると,7人の子供たちがやってきて「この人は亀姫様の夫になる人だ」と語っています。そして,次に8人の子供たちがやってきて,また「亀姫の夫はこの人だ」と話しています。嶋子は乙女が亀姫だと知りました。しばらくして,乙女が出てきたので子供たちのことを話すと,乙女は「7人の子供らは昴(すばる)で8人は畢(あめふり)だから怪しまなくてもいいですよ。」と言って門の中へ案内しました。(*昴(すばる)と畢(あめふり)は星座。畢は牡牛座を示します。)

     屋敷の中では乙女の両親が出迎えてくれました。嶋子はあいさつをすると座りました。両親は,「神の世と人の世が別々でもこうしてまた会うことができてうれしい」と大変喜んでいました。そして,たくさんのご馳走を味わうようにすすめられました。兄弟姉妹ともお酒を飲み,幼い娘らも取り囲みました。高く響きわたる美しい声,美しく舞い踊る人たち,見るもの聞くもの全てが初めてのことで驚くばかりでした。だんだん日が暮れて夜になり,みなが帰ると,嶋子と乙女の二人だけが残りました。そして,袖がふれあうほどに近づき,この夜,二人は夫婦となりました。

     二人は幸せな日々をすごしました。見るものは美しく,ご馳走がたくさんあり,心ゆくまで楽しむことができました。嶋子は神仙の世界で楽しい時を過ごし,現世を忘れてしまっていたのです。そして,いつしか3年の時が流れます。嶋子は父や母はどうしているのだろうかと故郷のことがだんだん気になってきました。悲しくも懐かしくもなり,そのことを考えると食事も進まないので,顔色も悪くなっていきました。妻となった乙女が,「近頃のあなたは以前とは違っています。どうしたのですか。そのわけを聞かせてください。」とたずねました。嶋子は「昔の人はこんなことを言いました。人は故郷を懐かしむものだ。狐は故郷の山に頭を向けて死ぬと言う。私はそんなことは嘘だと思っていたが,最近になって本当のことだと思えるようになった。」と言いました。乙女に「帰りたいのですか」とたずねられ,「私は神仙の世界で楽しい時を過ごしていますが,故郷のことが忘れられないし両親にも会いたくなりました。だから少しの間故郷に帰らせてほしい。」と申し出ました。

     乙女は「あなたと私は金や石のように固い約束で結ばれ,永遠に一緒に暮らすと誓ったではありませんか。しかし,あなたは私一人を残して帰ってしまうのですね」と涙を流しました。二人は手を取り合って,歩きながら語らいました。いくら話をしても悲しみが増すばかりです。やがて,嶋子の思いが固いことを理解し,別れることを決心しました。
     出発の日,乙女もその両親もみんなが見送りに来ました。乙女は嶋子に美しい玉櫛笥(*玉手箱:化粧道具などを入れるきれいな箱)を嶋子に渡して,「私のことを忘れないでください。この箱をあなたに差し上げましょう。でも,私にまた会いたいと思うのなら決してふたを開けてはなりません。」と固く言いました。嶋子は「決して開けません」と約束しました。

     船に乗って目を閉じるとあっという間に故郷の筒川が見えました。水江の浜に戻った嶋子は,大変驚きます。そこにはかつての村の姿がなく,見たことのない景色だったからです。しばらく歩いて,村人に水江の浦の嶋子の家族のことを聞いてみました。すると不思議そうな顔をして「今から300年前に嶋子という者が海に釣りに出たまま帰ってこなかったという話を年寄りから聞いたことがありますが,どうしてそんなことを急に尋ねるのですか」と言います。嶋子は村を離れていたのは3年間だと思っていたのですが,実は300年も経っていたと知り,途方にくれてしまいました。

     さまよい歩いて10日ほど経ったとき,嶋子は再び乙女に会いたくなっていました。傍らに持っていた玉手箱にふと目を向け,なでていましたが,いてもたってもいられなくなり,約束も忘れてふたを開けてしまいました。すると,開けきらないうちに中から芳(かぐわ)しいにおいが天に流れていってしまいました。ここで我に返って約束を思い出しま
    したがすでに遅かったのです。

     浦嶋子はここで玉手箱を開けてしまいました。するとたちまち顔がしわだらけになり,悲しみのあまりしわをちぎって木に投げつけたら樹皮が凸凹になったと伝わります。ここでは松ではなく榎だと伝わっています。 (京丹後市網野町)

     今となっては再び乙女に会うことはできません。嶋子は涙を流してただ歩き回るだけでした
     嶋子は涙をぬぐいながら次のような歌を歌いました。
     
    常世べに 雲たちわたる 水の江の 浦嶋の子が 言(こと)持ちわたる(浦嶋子の言葉を伝えてくれる雲は常世にまで流れている)

    神の乙女が雲の間を飛びながら歌っていました

    大和べに 風吹きあげて 雲放(ばな)れ 退(そ)き居(お)りともよ 吾(わ)を忘らすな(大和の国の方に風が吹いて雲を吹き飛ばした。離ればなれになっていても私を忘れないでください)

    嶋子は乙女への想いを断ちがたく,再び歌いました

    子らに恋いひ 朝戸を開き 吾が居れば 常世の浜の 波の音(と)聞こゆ
    (乙女を思って戸を開けて外を眺めていると,常世の浜の波の音が聞こえてくる)

    後の時代の人がこの歌に付け加えて歌いました

    水の江の 浦嶋の子が 玉匣(たまくしげ) 開けずありせば またもあはましを(玉手箱を開けなかったらまた会えたのに)

    常世べに 雲立ちわたる 多由女 雲はつがめど 我ぞ悲しき (常世に向かって雲が流れる。雲は次々に現れるが乙女には会えず悲しい)
  • 寝覚の床と浦島太郎

    寝覚の床(長野県木曽郡上松町) 岩の名称はここ
     浦島太郎は丹後の国水之江の人です。雄略天皇の時代,沖で釣りをしていたところ亀が釣れました。供の者が殺そうとしましたが,普通の亀ではないように思え,海に逃がしてやりました。しばらく経ってから太郎が海辺の松林を歩いていたところ,美しい乙女と出会いました。太郎は乙女が誘うままに歩いていくと,水晶が敷き詰められた広い庭に着きました。そして,そこには赤い珊瑚で造られた宮殿があったのです。「ここはどこですか。」と尋ねると,乙女は「ここは常世の国で,この建物は竜宮です。」と答えました。乙女と宮殿の奧へ入っていくと黄金の冠をかぶった竜王が現れました。竜王は「私はここの王だ。お前は私の娘の命を救ってくれたからその恩返しをしたい。」と言って御馳走を並べてもてなしました。楽しい宴会が何日も続きましたが,ある時,鶏の鳴き声を聞いて故郷のことを思い出しました。急に帰りたくなった太郎が竜王にそのことを伝えると,竜王は太郎に再会を約束し,弁財天像と「万宝神書」と名付けられた巻物,さらに,「絶対に開けてはいけませんよ。」と言って小さな玉筐(たまくしげ:玉手箱)を与えました。太郎はこうして故郷に戻ってきました。しかし,故郷はすっかり変わっていました。父母も親戚も誰もいません。不思議に思って,海辺の老人に尋ねると,太郎が故郷を離れてから300年も経っていたことがわかりました。太郎は大変驚きましたが,竜王から贈られた「万宝神書」を思いだし,中を開いてみました。するとそこには飛行自在の秘術と長寿延命の秘薬の製造方法が書かれていました。それを読んで飛行の術を学んだ太郎は各地を飛び回りました。その太郎が,たまたま木曽の寝覚めの里に来たのです。この地の奇岩の美しさに魅了され,ここに滞在することにしました。太郎は船や岩の上から釣りを楽しんで暮らしていました。ある時,釣り仲間と玉筐の話をしていた時,竜王との約束を忘れ,そのふたを開けてしまいました。すると,紫の煙が立ちのぼり,煙が太郎を包むと300歳の老人になってしまいました。この時同時に飛行の術も使えなくなってしまいました。嘆いてももとに戻らず,仕方なく,この地で長寿延命の薬を作って売っていました。後悔ばかりの毎日でしたが,938年の春のこと,太郎は行方知れずになってしまいました。そして,二度と再びその姿を見ることはありませんでした。しばらくして,村人が太郎が釣りをしていた岩の上に弁財天の像が置いてあるのを見つけました。村人たちはこの岩の上に祠を建てて像を納め,寝覚山臨川寺(しんかくさんりんせんじ)を建てました。
    (長野県上松町 臨川寺)『ふるさとの伝説』ぎょうせい発行より
  • 香川県の荘内半島の浦島太郎

    荘内半島に,浦島太郎と関係のある地名がいくつもあります。

    家の浦
    父与作は鴨之越の南にある家の浦の出身です。
    後に三崎(生里)に移り住みます。

    荘内半島に「浦島」という地名はありません。昔,大浜浦,積浦,生里浦,箱浦,香田浦,粟島,志々島を「荘内組七浦」と呼び,総称で「浦島」と呼んでいたそうです。
    荘内半島の「浦島」は,室町時代の歌にもその名が見られ,

    生里の集落
    浦島太郎は父与作の長子としてここで生まれました。太郎が生まれた里ということから「生里(なまり)」という地名で呼んでいます。  浦島太郎の父は「与作」,家の浦というところで生まれ育ちました。母は小浜(仁老浜)の「しもの家」が生家です。この二人が結ばれ,三崎(生里)に住むことになりました。ここで太郎が生まれました。

    どんがめ岩(箱崎)
    太郎はこの辺りで釣りをしていました。
    また,ここから竜宮城へ出発しました。17・8になった太郎は気立てもよく,立派な青年でした。生里は荘内半島の西海岸にあたり,波風が強く当たるところでしたので,太郎は釣りのしやすい明神の里(箱浦)に移り住むことにしました。ここで太郎は魚釣りをしながら生活していました。

    糸之越
     糸之越は太郎が家のある箱から釣り糸を持って母の古里の仁老浜に出かけた時通ったところです。ここに太郎の像が置かれていました。
     
    亀を助ける浦島太郎(詫間駅前)
     ある日,家の浦に釣りに出かけた太郎は,帰り道,鴨の越の浜で亀をいじめている子どもたちを見ました。かわいそうに思った太郎は,子どもたちにお金を払って買い取り,腰に下げていた竹筒を手に取ると,亀の口を開けて中に入れていたキビ酒を飲ませました。しばらくすると,亀は元気を取り戻し,海に戻っていきました。
     
    鴨の越
    父の古里から太郎の家に戻る途中にあります。子どもたちにいじめられていた亀を助けた場所です。

    集落と丸山とは干潮時につながります。丸山には浦島神社があり,その前に亀に乗った太郎の像があります。

    浦島神社  何日か後の5月,太郎はいつものように箱崎のどん亀石に乗って釣りをしていました。いつもは何か釣れるのに,この日はなぜか一匹も釣れません。仕方なく,ぼーっとしていると,いつの間にか夕刻になってしまいました。そろそろ家に帰ろうと支度をしていると,大きな亀が海の向こうから近づいてきました。

    高瀬川にかかる橋  太郎が驚いていると,亀の姿は消え,代わりに美しい娘が立っていました。そして,その娘は,「私は以前あなたに助けられた亀です。そのときのお礼に竜宮にご案内したいのです。」と言いました。

    浦島太郎像(詫間町 メモリアルパーク)
    太郎は,その言葉を受け入れ,亀の背に乗って竜宮に行くことにしました。亀は竜宮の乙姫だったのです。竜宮では楽しい時を過ごしました。やがて,古里が恋しくなった太郎は家に戻る決心をしました。乙姫は数匹の亀の背に7つの宝物を乗せ,太郎とともに古里の三崎(箱)の海岸に向かいました。


    太郎が乙姫に送られて亀の背中に宝物を積んで着いたところです。ここで乙姫と別れの握手をしました。その時,乙姫の腕輪が落ちたので,「金輪の鼻」と呼ばれるようになりました。  太郎は家のある三崎(箱)を目指しましたが,潮の流れに乗って積の金輪の鼻に着きました。ここで乙姫と固い握手をして別れました。この時,乙姫が腕に身につけていた金輪が落ちました。金輪の鼻はこの出来事がもとになった地名です。

    粟島(紫雲出山山頂より)  乙姫は,粟島の姫路で潮の流れが変わるのを待って,竜宮に戻っていきました。

    室浜  宝物をもらって帰った太郎は,浦々を歩き回るのですが,誰も見たことも会ったこともない人ばかりです。太郎を知っている人もいません。道で出会ったお年寄りに「三崎に住んでいた太郎を知っていますか。」尋ねると,「昔も昔,そのような名前の人がいましたが,行方不明のままですよ。」とこたえました。太郎が竜宮に行っている間に長い月日が流れていました。今はだれも太郎のことを知りません。

    室浜(不老浜)
    竜宮から帰った太郎が2・3年過ごしたところです。太郎は昔釣りをしていた箱崎に戻ってきました。そこで,昔のことを思い出し,亀石でつりをしたり,船を出したり,不老浜(ぶろま:室浜)にでかけたりして,空しい時間を過ごしていました。時々,竜宮の姫を思い出しては懐かしい気持ちに浸っていました。

    箱崎
    釣り場となっている岩場に「どん亀石」がありますが,満潮時は海面下に沈みます。亀の霊は箱浦小学校の近くにある竜王社に祀られています。
     太郎が戻って3年が経ったある日,粟島に亀の死骸が上がったと聞き,急いで船を出し,粟島に向かいました。浜に着いて亀の死骸を見ると,いつか自分が乗った亀であることがわかりました。太郎はここに死骸を葬りました。これが粟島の亀戎(かめえびす)社です。


    太郎が玉手箱を開けたところです。
    「諸大龍王」の石碑は海上安全や商売繁盛
    などを願って,1847年に建てられました。
    石碑の後ろに太郎親子の墓(五輪塔3基)があります。分骨を持ち帰った太郎は,大空(おぞら:八昭園)に祀りました。
    亀が死んで乙姫とも会えないと悲観した太郎は乙姫からもらった玉手箱を抱えて箱の浜をさまよい歩きました。竹生島の父母の墓の前に来た太郎は,ここで玉手箱のふたを開けました。

     「諸大龍王」石碑裏の碑文
     「海上安全商売繁昌諸人快楽
      弘化第4龍集丁未陽復吉旦」

    「諸大龍王は海を支配する龍神である。龍宮には龍神が祀られ此処のの主は乙姫である。浦島太郎は龍宮の使者である亀に乗り龍宮城に招かれ乙姫の寵愛を受けながら数百年を過ごしたと言う。弘化4年(1847年)箱の裏人たちが龍神 乙姫と太郎を尊崇し,太郎と両親の墓前(竹生島)にこの墓碑を建立し。海上安全と商売繁盛諸人快楽を祈願したものである。
    墓碑の証として前面が卒塔婆の形に彫られ,梵字がある。また台の石は亀の形をしており浦島太郎の行遊記を偲ばせている。墓碑の後方にある五輪の塔が太郎親子三人の墓であり,太郎が玉手箱を開けたこの地を卜して碑を建立したものであろう。平成九年三月」(左上の写真に書かれている説明)
    太郎が玉手箱をあけた時,白煙が上り,その煙は紫の雲となってこの山にかかりました。山全体を桜の木が囲み,毎年4月に桜まつりが行われています。

    紫雲出山
     弥生時代の遺跡のある山頂から駐車場まで続く道を少し降りた所にある茂みに入ると竜王社があり,浦島太郎が祀られています。箱のふたを開けると中から白煙が立ち上り,太郎はたちまち白髪の老人となってしまいました。そして,白煙は紫の雲となって紫雲出山にたなびきました。

    仁老浜方向  晩年,太郎は母の古里の小浜(仁老浜にろはま)に住み,ここで永眠しました。

    『浦島太郎のふるさと』 詫間町発行 を参考にしました。
  • 武器ではなく、農工具を造ったという賀茂氏は、鉄も銅も加工できたのだろうか。
    賀茂氏がつくった黄金の延べ板は「八つ橋」という土産物に、砂鉄で出来た玉鋼(たまはがね)は「おこしごめ」という土産物になったという。
  • 壱岐県主等祖(いきのあがたぬしたちのおや)、高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)の子、
     月読大神(つきよみのおおかみ)。

     月神命は長崎県壱岐市の月讀神社(つきよみじんじゃ)に祀られているが、日本書紀によると、23代顕宗天皇の3年(487年)春2月1日、阿閉臣事代(あへのおみことしろ)が、命を受け任那(みまな)に使いした。壱岐に着いた時、月の神が人に憑いて『わが祖・高皇産霊尊は天地をお造りになった功がある。田地をわが月の神に奉れ。求めのままに献上すれば慶福が得られるだろう。』と云われた。
     阿閉臣事代は京に帰って天皇に詳しく申し上げると、山城国葛野(かどの)郡の歌荒樔田(うたあらすだ)を奉られた。壱岐の県主の祖の押見宿祢(おしみのすくね、忍見宿祢)がお祀りして仕えた。この社は現在、京都市西京区松尾大社の境外摂社の月読神社と考えられる。月読神社の禰宜は現在でも押見宿祢の子孫の松室氏が担っている。
  • 天石門別八倉比売神社 徳島市国府町
     天石門別神は天照大神が隠れた天岩戸の神格化した神とされているが、櫛石窓神の別称で、太玉命の子に当たる。当社の神社名は天石門別神と八倉比売神社を祀ると理解していいのだろう。『安房斎部系図』に、「天背男命の后神が八倉比売神で、その子が天日鷲翔矢命」とある。天日鷲翔矢命は天日鷲命のことで阿波忌部の祖とされる神である。
     また、天石門別神は天岩戸を開けた手力雄神に比定されることが多いが、この神は銅鐸のパワーを秘めているように思われる。阿波では名東郡佐那河内村に天岩戸別神社が鎮座しており、この佐那はサナギであり、銅鐸であると思われる。現に銅鐸が埋納されており、それを祠で祀っていたようだ。
  • 『古事記』によると、邇邇芸命は天降りされた折、三種の神器(玉・鏡・剣)を与えられ、 五伴緒神とともに思兼神・手力男神・天石門別神を従えた。
    天石門別神の亦の名を櫛石窓神、豊石窓神といい、御門の神である。

    『古語拾遺』によると、豊磐間戸命と櫛磐間戸命は太玉命の御子神とある。

    櫛は奇で、豊と同じく美称。窓は真門の意味。

    『延喜式神名帳』宮中神の条に「御門巫祭神八座」とあって、 「櫛石窓神 四面門各一座」と「豊石窓神 四面門各一座」の神名を掲げている。 御殿の四面の窓、あるいは門の神で、外敵侵入を防塞する機能をもつ。
    この神を祭祀するのは御門の巫である。

    天石門別神は、天照大御神がお隠れになった天石屋戸が神格化したものとする説がある。

    『古事記』によると、天石門別神と手力男神は別の神だが、天石屋戸を開けた手力男神を天石門別神と同神とする神社もある。
  • 大和國高市郡 太玉命神社四座
    天太玉神社
    並名神大 月次新嘗
    旧村社

    御祭神
    天太玉命 大宮賣命 豊石窗命 櫛石窗命

    国道24号線のそば。北には数件のファッションホテルがある。

    本殿の周りは塀で囲まれ、仕方なく拝殿越しに本殿を撮影。本殿は、四柱配祀の形態、つまり扉が4つ。本殿横の説明では、左の祠は、玉依姫命神社(玉依姫命)。右の祠は、春日神社(天児屋根命)。

    創祀年代は不詳。

    忌部氏の祖神を祀る神社で、式内社・太玉命神社四座に比定されている古社。

    現在の四座は、天太玉命、大宮賣命、豊石窗命、櫛石窗命だが『五郡神社記』では、第一殿に天太玉命・大宮賣命、第二殿には天富命・大比乃理咩命を祀っているとある。

    『古語拾遺』によると、大宮賣命、豊石窗命、櫛石窗命は、みな天太玉命の御子。

    境内社が一社あるが詳細は不明。『式内社調査報告』には、境内社として「岡本天王社」の名が記されている。その社は、もとは一本木にあり、社前を騎馬のまま通行すると落馬すると伝えられていたらしい。
  • 11/11編集されました
    大宮売神
    おおみやのめのかみ

    別名
    大宮乃売:おおみやのめ
    大宮能賣神:おおみやのめのかみ
    大宮比売命:おおみやひめのみこと
    宮比神:みやひのかみ
    ……
    『古語拾遺』によると、太玉命の御子神。

    『古語拾遺』によると、神武天皇が即位の時、天照大御神と高皇産霊尊の勅に従って、 神籬を建てて祀った八神の中に一柱。後に宮中神祇官の八神殿において御巫に齋き祀られている。
    『延喜式神名帳』宮中神の条に、「御巫祭神八座」とあって、 「神産日神・高御産日神・玉積産日神・生産日神・足産日神・大宮売神・御食津神・事代主神」の神名を掲げている。

    大宮売神とは、心が和楽していっさいの憂いや苦悩がなくなるよう、霊魂を平らかにする神。 同時に、宮殿の守護をなし、君臣の和合をもたらす神。

    忌部氏伝来の大殿祭祝詞の最終段において登場する神で、天皇と同じ御殿の中に塞り坐して、 この殿に出入りする人を選び、神たちが荒ぶるのを言葉で直し、 天皇の朝御膳・夕御膳に仕える者たちの手足の間違いをさせないで、 さらに親王以下百官が、邪意悪意なく宮仕えをし、咎や過ちがあれば見直し聞き直し、 安らかに親王以下を仕えさせる役割をもつ。

    稲荷大神三座の一座として祀られることが多く、 さらに、同じく稲荷三座の一座である佐田彦大神を猿田彦と考えて、 大宮売神を、猿田彦命の妻で天の岩戸神話に登場する天宇受売命の別名という説がある。

    伏見稲荷大社で祀られる稲荷三神(上社・中社・下社の神の総称)の一柱でもあり、主祭神のウカノミタマの配神として上社に祀られている。穀物神であるウカノミタマに仕える巫女を神格化したものともされる。こうした属性から平安京の官営市場の守護神として祀られた結果、商売繁盛の神としても信仰されるようになった。

    また、江戸時代の国学者・平田篤胤は『宮比神御伝記』で、伊勢神宮内宮に祀られる宮比神(みやびのかみ)は、オオミヤノメまたはアメノウズメ(芸能の女神)の別名であると説いている。祐徳稲荷神社や志和稲荷神社でもオオミヤノメをアメノウズメに当てており、技芸上達の神としている

    諏訪大社下社秋宮 境内 稲荷社
    鼻顔稲荷神社
    守田廼神社 境内 守田廼稲荷社
    富士山本宮浅間大社 境内 稲荷神社
    御穂神社 境内 稲荷神社
    桑原神社 境内 若宮神社
    出雲大神宮 境内 稲荷社
    息神社
    北野天満宮 境内 稲荷社
    大宮姫命稲荷神社
    天太玉命神社
    石上神宮 境内 七座社
    宇奈多理坐高御魂神社 境内 大宮媛社
    豊栄稲荷神社
    厳島神社
    川添神社 など
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。