天日鷲、伊勢国、

December 2018 編集されました カテゴリ: 讃岐・阿波・伊予
image天日鷲、伊勢国、

天日鷲は伊勢国造となった。 手置帆負命・彦狭知命は、天太玉命に従って宮殿家屋機械器具の類をつくりはじめた神で、…

Read the full story here


タグ付けされた:

コメント

  • 天日別命(あめのひわけのみこと)

    天日別命(あめのひわけのみこと)は、天日鷲命(あめのひわしのみこと)の別名であり、
    天日鷲命は、天太玉命に従った五神の一人で、阿波・安房忌部氏の祖とれる人物です。

    天日別命の子供は、「安房国忌部家系」によると、
    下記の3人がいるようです。

    ①大麻比古命(またの名を、津咋見命・津杭耳命)
    ②天白羽鳥命(またの名を、長白羽命)
    ③天羽雷雄命(またの名を、武羽槌命)
  • 伊勢国河曲郡は伊勢国造であった中臣連の系譜の大鹿首らの拠点でした。

    大鹿国直の祖先は、伊勢に拠点を持っていた伊勢津彦命であり、伊勢津彦は、伊勢国造と同族であった天日別命に敗れて東国に退去した訳ですから、伊勢津彦が去る前から大鹿という地名が存在して、その地を支配した中臣氏が、地名から大鹿首を名乗ったと考えられます。

    伊勢国河曲郡には伊勢国一ノ宮と謂われる、都波岐神社があり、東国の伊勢津彦命の末裔が祀っていた猿田彦を祀っています。河曲郡が元々は伊勢津彦の裔の拠点であった事がこの
    ことからも証されます。

    また、伊勢国河曲郡には、式内社の阿自賀(あじが)神社が存在しています。

    出雲の勝部氏が祀っていた、佐太御子の母である、佐太神こと足日山に坐す秋鹿神(あしか)がこの伊勢国河曲郡に祀られていると考えられます。
  • 大鹿国直命が国造となった菊麻国の末裔は、刑部直を名乗っていました。

    上総国市原郡誌の中に含まれる明治村誌の奉免と明香の集落に関する記述に、
    大鹿国直の子には、小鹿直命という名の人がいると記載があります。


    宇志足尼

    古代氏族系譜集成の又書きには、宇那毘足尼と記されます。
    この人は、豊前国風土記に記される国前臣の祖先菟名手と考えられます。
    (大分県西国東郡の武蔵村史には、菟名手とは宇那足尼のこととする)
    国前には武蔵郷という和名抄に載る地名もあって、武蔵国造の子孫が国前に来た事を示唆しています。
  • 日本書紀が神代下第九段(天孫降臨)一書第二の中で、

      即ち紀国の忌部の遠祖、手置帆負神をもって、定めて作笠者とす。彦狭知神を作盾者とす。天目一箇神を作金者とす。天日鷲神を作木綿者とす。

    と列記しています

    天日鷲神は本当に「木綿(布)」作りか

    徳島県吉野川市にある種穂忌部神社には興味深い伝承が残されています。
    『天日鷲命の本名は天日鷲翔矢命といい弓矢の名手で、占いの矢を高天原から放ったら種穂山に突き刺さった』のだそうです。古事記も日本書紀本文も、この神様については珍しく口裏を合わせたように一言も伝えていません。
    天若日子の死。「天之加久矢」が「天香久山」に通じる
  • 天日鷲とは

    天御中主神の12世孫 『伊勢国風土記』  14世孫 『姓氏録』 『度会氏系図』

    神魂神・神皇産霊神の 5世孫 又は、7世孫 (神魂命五世孫天日和志命、神魂命七世孫天日鷲命) 『姓氏録』

    高皇産霊尊の孫 『大日本神名辞書』『姓氏録』 または、子 『安房斎部系図』

    天牟久怒命=「天村雲命」 の孫 『先代旧事本紀・国造本紀』

    天手力男命 の子 『大日本神名辞書』『古史伝』

    天背男命 の子 『安房斎部系図』

    八倉比売命 の子 『安房斎部系図』
                                          
    思兼神 の子 『ほつまつたゑ』 または 孫  

    天太玉命 の子 または、兄弟 『安房斎部系図』

    天比理刀咩命 の兄弟 『安房斎部系図』

    櫛明玉命 の兄弟 『安房斎部系図』

    天津羽々命 の兄弟 『安房斎部系図』

    足浜目門比売神 の夫 『安房斎部系図』

    彌豆佐々良姫命の夫 『伊勢国風土記』逸文

    言筥女命 の夫 『忌部神社』

    大麻比古神 の父 『安房斎部系図』

    長白羽命 別称「天白羽命」 の父 『安房斎部系図』
        
    天羽雷雄命 別称「武羽槌神」 の父 『安房斎部系図』

    彦国見賀岐建輿束命 の父 『度會國御神社』系譜

    津咋見命の父

    天富命 の祖父 『後藤田家家系』


    ※ 後裔 ※

    系図等では、安房忌部、神麻績連、倭文連、長幡部、神宮部造など。

    『姓氏録』では、弓削宿祢、天語連、多米連・宿祢、田辺宿祢、犬養宿祢 など。
    『斎部宿祢本系帳』では、天日鷲翔矢命の子の天羽雷雄命の子孫として委文宿祢・美努宿祢・大椋置始連・鳥取部連など。

    『古代氏族系譜集成』では、長幡部の祖。
  • 天富命は
    神武東征においては、手置帆負・彦佐知の二神の孫の讃岐忌部・紀伊忌部を率い、紀伊の国の材木を採取し、畝傍山の麓に橿原の御殿を作った。また斎部の諸氏を率いて種々の神宝・鏡・玉・矛・楯・木綿・麻等を作らせ、そのうち櫛明玉命の孫の出雲玉作氏は御祈玉を作った。

    そして、天日鷲命の孫の阿波忌部を率いて肥沃な土地を求め、阿波国に遣わして穀・麻種を植え、その郡の名は麻殖となった。続いて更に肥沃な土地を求めて阿波忌部を分けて東国に率いて行き、麻・穀を播き殖え、良い麻が生育した国は総国と言われ、穀の木の生育したところをは結城郡と言われ、阿波忌部が住んだところは安房郡と言われた。やがてその地に祖父の太玉命を祀る社を建てた。現在の安房神社でありその神戸に斎部氏が在る。また、手置帆負命の孫は矛竿を造り、その末裔は今別れて讃岐の国に在り讃岐忌部氏として年毎に調庸の他に八百竿を奉るのは、その事のしるしである。
  • 天日鷲命は、宇治山田付近の村長の大国玉命の娘・弥豆佐々良(みつささら)姫を妻とした。これが度会(わたらひ)氏の祖先である。(風土記逸文) 

    『古語拾遺』天日鷲命の孫(すえ)は、木綿また麻また織布(あらたえ)を造る。よって天富命をして日鷲命の孫を率ゐて肥饒地を求め阿波国に遣はし、穀(かじ)、麻の種を植ゑしめき。その裔、今彼の国にあり。大嘗の年に当りて、木綿、麻布、また種々の物を貢(たてまつ)る。郡の名を麻殖(おえ)とする所以(ゆえ)の縁(もと)なり。
  • 杉山神社(茅ヶ崎)
    横浜市都筑区茅ケ崎中央58−5
    祭神五十猛命
    配神 天照大神、倉稲魂神、素戔嗚尊

    都筑郡茅ヶ崎村の郷社であった。
    武蔵風土記にはこの社を式内社としている。これによると「忌部勝麻呂が天武天皇御宇の白鳳三年秋九月、神託によりて武蔵国杉山の地に太祖高御産巣日大神、天火和志命、由布津主命三柱の神を祀り杉山神社と號す・・」とある。 現在の祭神と全然違っている。また一説には日本武尊を祀るとの伝えもある。
    吉田東悟『地名辞書』によれば、「当社の御神体は円経10cmの銅の鏡に不動の像を刻んだもの。」と云う。


    杉山神社は本源の所在不明。現在、横浜市内に「杉山神社」と称する神社は41社。また新編武蔵風土記稿に72社、うち都筑郡24社の記載がある。杉山神社の分布はいずれも鶴見川の本流、並びに支流ちかくに鎮座している

    御由緒(境内の碑の裏に記述がある)
    勅願所式内武蔵國都筑郡之一座當國三ノ宮枌山神社祭神由布津命 傅記云由布津命ハ天日鷲命之孫也 天武天皇白鳳三年九月堅田主命二十代ノ孫忌部勝麻呂依御霊而奏天朝武蔵國枌山乃國ニ立神籬右大神ヲ奉リ枌山社ト號シ奉ル 勝麻呂ノ弟義麻呂祭主トシテ奉仕 麻ノ貢ヲ奉リキ仁明天皇承和五年預宮幣ニ嘉祥九年五月授従五位下封田ヲ寄玉フ 遥後元暦二年正月廿一日依御願而従鎌倉殿御奉幣有之タリ鎮座記元一千二百十余年也
    合資由来 明治四十三年十月八日 神奈川縣指令之第二九三四號ヲ以テ御認可 神奈川縣都筑郡中川村茅ケ崎字境田二〇九八番地村社枌山神社祭神五十猛命 被合併神社同東前八〇八番地無格社神明社祭神天照皇大命 同字八二五番地天王社祭神素盞鳴命 同字六二七番地稲荷社祭神稲倉魂命 右三社ハ村社枌山神社に合祀 空社地立木ハ村社基本財産ニ編入本社ノ経営成 大正九年十月指定村社ニ昇格 同年十月十三日中川村長供進使トシテ奉告祭ノ式ヲ挙ゲタリ碑ヲ建テ以後世ニ傅フ
    大正九年十月十三日 氏子中  二子石工小俣刻
  • 伯耆一ノ宮 倭文神社の栞

    鎮座地 鳥取県東伯郡東郷町宮内七五四番地
    JR山陰線松崎駅下車 バス藤津入口下社 松崎駅からタクシーあり。約4キロ
    御祭神 健葉槌命(主神)・下照姫命・事代主命・建御名方命・少彦名命・天稚彦命・味耜高高彦命
    由緒
     安産の神として崇敬されている当神社は、伯耆国の一ノ宮である。 創立年代は不詳であるが、社伝によれば。大国主命の娘下照姫命が 出雲から海路御着船従者と共に現社地に住居を定め、当地で死去さ れる迄、安産の指導に努力され、農業開発、医薬の普及に尽くされ たという。
     創立当時当地方の主産業が倭文(しづおり)の織物であったので、 倭文部の祖神健葉槌命に当地と関係の深い下照姫命を加えて祭神と したもので、他の五柱の神は大国主命のお子神か関係の深い神々で ある。
     当神社に対する安産信仰は古来からのもので、数々の霊験が伝え られているが、倭文の織物は姿を消したので、安産の信仰が残り、 当神社は安産の神として、本県は勿論広く県外にも御神徳が及んで いて、安産祈願の参詣者で社頭は賑わっている。
     平安時代延喜式神名帳(西暦九二二)には、当神社の名が見え、 神階は、度々昇進し、承和四年(西暦八三七)従五位下、斎衡三年 (西暦八五六)従位上、天慶三年(西暦九四〇)には、従三位から 正三位に進んでいる。
     平安時代当神社にも多数の神宮寺が建立されたが戦国時代武将に 社領を没収され、神社のみを残して各寺院は四散した。
     当神社には勅額と称する古額が現存し、正一位伯州一ノ宮大明神 と刻されている。
    往古社殿広大で千石の朱印地を有したと 伝えられるが、戦国時代荒廃。天文二十三年(西 暦一五五四)尼子春久社殿を造営神領七十石寄進。後 神領中絶したが、元亀元年(西暦一五七〇) 羽衣石城主南条宗勝がこれを復旧した。
     徳川時代は池田藩主祈願所となり祭日には藩 老和田氏から境内警備のため、鉄砲六人を付され ている。
     明治以降県社であったが昭和十四年に国幣小社とな った。
     例祭日は五月一日
  • 『安房斎部系図』に、「天背男命の后神が八倉比売神で、その子が天日鷲翔矢命」とある。天日鷲翔矢命は天日鷲命のことで阿波忌部の祖とされる神である。
  • June 2016 編集されました
    神皇産霊尊-角凝魂命 ─伊佐布魂命─天底立命-天背男命-天日鷲翔矢命 という系図がある。
    ツノコリの3世孫にユカワタナがいる。角凝命は鳥取氏の祖であると波太神社(鳥取大宮)は説明する。

    『旧事』伊佐布魂命(いさふたまのみこと)。別名:天活玉(アマノイクタマ)命。倭文連(やまとのふみのむらじ)等の先祖

    天背男命(弟天嗣杵命─天鈴杵命…度会神主)

    ─ 許登能麻遅姫命、弟天日鷲翔矢命
    (妹天比理乃咩命、妹天津羽羽命、妹天万栲幡千幡比売命、弟櫛明玉命[玉祖])

    ー大麻比古命(弟天白羽鳥命[神麻績祖]、弟天羽雷雄命)
  • 常宮神社

    由緒
    謹みて按ずるに、天八百萬比咩命(常宮大神)は上古より、養蚕の神として霊験あらたかにして、此の地に鎮まり給い、今より約二千年前、仲哀天皇の即位2年・春2月に、天皇・皇后御同列にて百官をひきいて敦賀に御幸あり、笥飯の行宮を営み給うた。そののち天皇は熊襲の変をきこしめされ、紀州へ御巡幸せられ、陸路山陽道を御通過、山口県へ向はせ給う、神功皇后は2月より6月まで此の常宮にとどまり給い、6月仲の卯の日に海路日本海をお渡りになり、山口県豊浦の宮にて天皇と御再会遊ばされ給うた。此の由緒を以って、奈良朝時代の大宝3年(1270年前)勅を以って社殿を修造し神功皇后・仲哀天皇・応神天皇・日本武命・玉妃命・武内宿禰命を合わせまつられた。爾来、気比神宮の奥宮としで一体両部上下の信仰あつく、小浜藩政まで気比の宮の境外の摂社として祭祀がとり行われた。明治9年社格制度によって県社常宮神社となって気比神宮より独立いたした。
    例祭 総参祭(7月22日11時)
    気比神宮と常宮神社との関係は、神社の起源に実に根ぶかいものがある。ひもろぎの宮と鏡の宮。奥宮と口の宮。上社と下社。気比の神と常宮の神。仲哀天皇と神功皇后。
    本営と摂社等、何れもはなすことの出來ない神社同志である、おそらく昔より一体両部の神社と見るべきである。さて7月22日11時気比神宮宮司以下神職気比の神々を、船型の神輿にうつしまつり、御座船神宮丸に奉安して御幸の浜より船出する。
    沿岸の漁業者小船に分乗し、御座船を曳行し、常宮へ海上渡御され、正午本殿にて祭典あり、午後3時御帰還される.当日のお供の船をはじめ海上よりの参拝者多く、終日境内はにぎはう。総参とは此の祭事に神人すべてあずかり参ると言う特殊な祭典の意味であろう。即ち梅雨あけの波風静かな常宮の浜に気比の神々が一年一度の海上渡御をされで、景色のよい夏の一日をこよなく楽しみ、且つ神遊び給う蜘祭で、敦賀の夏祭のさきがけである。
    常宮本紀に
    三條天皇御製
    おほなごや きさひの神の あとたれし
        常の宮居は 静けくも見ゆ
    御神徳
    天八百萬比咩命は常宮大神ととなえまつり、養蚕の守り神として敦賀は勿論、県内南条郡、又三方郡滋賀県の北部の人たちの信仰をあつめ御神徳をたれ給うた。
    神功皇后は三韓征討の前、この地に御腹帯をおつけ遊ばされ、のち福岡県宇美市にて応神天皇(八幡大神)を御安産遊ぱされた故事によっで、古くより安産の神として御神徳をたれ給い、広く国内よりの参拝者多し。又、神功皇后は此の地を御船出されるにあたり、海神をまつり海上の安全を御祈願され、はるばる日本海をわたって遠く朝鮮までも無事・航海された由縁により、海上の守り神として漁業者・船主・船乗の深い信仰をあつめている。
    国宝新羅鐘
    豊臣秀吉公当社を崇敬し、文緑のいくさに兵たちの武運長久を祈願し、凱旋に際して彼の地朝鮮慶州の吊鐘一口を若狭藩主大谷刑部義隆を正使として奉納せられた。慶長2年2月29日今から400年以前のこと。このつりがねは、龍頭の旗さしに穴をうがち上帯下帯は蓬莱山の図、乳は三段三列で松がさを形どっている。正面の天女は鼓をうちながら大空を舞う浮彫になっている。この鐘は黄金を多分に含み、その音色は黄鐘の調にあっている。古代音楽の楽器としても優秀品である。
    明治33年美術工芸甲種第一等として国宝に指定。明治41年大正天皇皇太子の時これを御台覧に供せらる。昭和27年10月新国宝に再び指定をうけた。朝鮮の大和7年3月の作。吾国の奈良朝時代白雉2年にあたり、今から1300余年を経ている世界的名鐘である。朝鮮慶州の鐘はこれより60年古く、宇佐八幡宮の鐘はこれより50年新しいと言う。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。