穂積姓鈴木氏と熊野神宮

December 2018 編集されました カテゴリ: 古代氏族
image穂積姓鈴木氏と熊野神宮

熊野別当(くまのべっとう)または熊野三山別当(くまのさんざんべっとう)は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社…

Read the full story here


タグ付けされた:

コメント

  • http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1055098450

    物部連の本宗家が穂積臣という関係になります。物部氏ももともとの原始的な氏族名は穂積だったはずです。

    ニギハヤヒは河内国河内郡日下に入り、その後大和国磯城郡の鳥見白庭山に遷ったとされますが、その子可美眞手命とその嫡流は磯城郡穂積里に居て、後に穂積姓を称することになります。(というよりも原始的な氏族名が穂積で、土地の名を穂積にしたと考えるほうが良いかも知れません。穂積は、出雲積や安曇(安曇氏)、津積(尾張氏)、鰐積(和爾氏)と同じ、原始的姓氏名です。)従って、ヤマト王権に服属した畿内周辺の有力豪族として「臣」姓を与えられることになります。

    一方、その分流である物部連は、その「物部」という名前からも分かるように、軍事警察や手工業物品の管掌に由来する氏族ですから、「連」姓が与えられることになります。

    姓の違いから両者を別族と考える理由はありません。

    先代旧事本紀、新撰姓氏録によれば、欝色雄、大綜杵(欝色雄の弟で伊香色男の父)、伊香色男など全て大臣になっています。欝色雄の系統が穂積臣(欝色雄の子が大水口)になります。結局、物部連は垂仁朝に十市根が賜姓されたことに始まるので、物部の嫡流が連姓ということです。

    つまり、名負氏に、地名(穂積)をもって穂積と称していたから「臣」姓が与えられたのであり、職掌をもって物部と称したから「連」姓を与えられた。名負氏の性格による賜姓の違いです。
  • 大彦命の母・内色許売(欝色謎)命は、紀国の穂積臣の始祖の妹とある。

    穂積臣は全国的な大姓「鈴木」姓の起源となる穂積氏鈴木姓の始祖。後述するが、この穂積臣が岩手県鬼首山(室根山)に熊野神『瀬織律姫』を奉戴して移住したことで、岩手県や宮城県に鈴木姓が広がったと思われる。
    穂積臣の娘・伊迦賀色許売(伊香色謎)命も孝元天皇の后となるが、『日本書紀』は、物部氏の遠祖の大綜麻杵の娘とし、『旧天孫本紀』にも伊香色雄の姉で、父は大綜杵、母は高屋阿波良姫と記している。通説も物部氏としている。
    穂積氏はニギハヤヒを祖とする物部氏の同族であり、いずれにせよ物部氏系の娘だとなるが、母の高屋阿波良姫が気にかかる。安倍氏の氏神は「高屋安倍神社」で、安倍氏族の高橋氏が奉ったのも「高家神社」。高橋氏との関係が考えられる。
  • 鈴木氏の血筋は、神主であり武士である。

    武士を「もののふ」と呼ぶ語源が、物部氏族の「もののぶ=物部(もののべ)」で、物部(もののべ)の「物」は武器を指し示すもので、鈴木姓は、「もののふ」の語源になった物部氏族の穂積国興の三男基行が鈴木を称するに始まり、鈴木(苗字/名字)・穂積(ほずみ/氏)物部朝臣(もののべあそみ/姓/カバネ)・基行(もとゆき/名/名前)である。

    藤代鈴木氏の源流を辿ると大和国山辺郡穂積が発祥とされる天津神(アマツカミ)や饒速日命(ニイハヤヒ)の後裔が神別氏族として有力豪族の穂積氏ある。

    神別氏族・穂積氏の饒速日命(ニイハヤヒ)同祖には物部氏、熊野国造家、采女氏などが在り、源流は古代大和王朝成立に助力した部族王に一致している。

    つまり大姓の出自の主流が源平藤橘と称する中で、鈴木姓は穂積を主流としている物部朝臣(もののべあそみ)なのである。

    藤白鈴木家に伝わる系図には、饒速日命(ニギハヤヒのミコト)の子孫、千翁命(チオキナのミコト)が神武天皇に千束の稲を献上したので穂積の姓を賜った。


    そして、この時榔(ナギ)の木に鈴をつけて道案内をしたので後に穂積国興の三男・基行が鈴木を称するように成り、その鈴をつけた椰(ナギ)は御神木となった。

    鈴木姓は、紀伊国や三河国に小規模な武士団はあるものの、むしろ熊野新宮神職に鈴木氏多く、熊野三山の末社は約三千、六十余州に熊野神社の無い国は無く、「熊野神社勧請で全国に広まった」と言われている。

    熊野神社・鈴木姓は紀伊国名草郡藤白浦が本拠地で、諸国の鈴木氏は「この藤白・鈴木氏流より枝分かれた」と伝えられる。

    戦国時代、鉄砲三千丁を持って傭兵集団雑賀衆を指揮し、最後は一向宗・顕如(れんにょ)上人に味方して織田信長と石山合戦を戦った猛将・雑賀孫市(鈴木重意/しげおき)もこの白藤鈴木氏流である。

    つまり、物部朝臣(もののべあそみ・姓/カバネ)鈴木氏は、由緒正しい「もののふ=武士」の家柄と言う事に成る。

    古事記・日本書紀に拠ると、物部(もののべ)氏は河内国の哮峰(タケルガミネもしくはイカルガミネ/現・大阪府交野市)に天皇家よりも前に天孫降臨したとされるニギハヤヒのミコト(饒速日命/邇藝速日命)を祖先と伝えられる氏族で、元々は兵器の管理を主に行なっていたが自然と大伴氏とならぶ武器を扱う「軍事氏族へと成長して行った」とされている。

    言わば物部(もののべ)氏は武門を売り物にする古代の有力豪族(部族王・臣王・国主)で、連(むらじ)の姓(かばね)、八色の姓の改革の時に朝臣姓(あそみ/あそんせい)を賜っている。

    当時屈指の勢力を誇る大豪族・大伴氏と拮抗する勢力を持つ大豪族の物部(もののべ)氏は、加羅(から)系の祖をもつ大連(おおむらじ)の家系で、同じ半島の倭国出身ではあるが、新羅(しらぎ)の方に影で味方していた。

    欽明(きんめい)大王(おおきみ・天皇第二十九代)の御世になると、物部尾輿(もののべおこし)が欽明天皇と組み、当時最有力豪族(臣王・国主)だった大伴(おおとも)氏(臣王・国主)の大連(おおむらじ)大伴金村を失脚させている。

    大伴(おおとも)氏の失脚で最有力豪族になった物部(もののべ)氏であるが、大伴(おおとも)氏衰退の間隙を縫って高句麗系の蘇我(そが)氏・臣王が頭角を顕わして来る。

    五世紀も終わりに近づくと、物部氏と蘇我氏が、伝来した仏教の扱いで対立する。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。