播磨、讃岐と伊予の大己貴神と少彦名神

December 2018 編集されました カテゴリ: 讃岐・阿波・伊予
image播磨、讃岐と伊予の大己貴神と少彦名神

孝昭朝に石上大神を奉斎し、新河小楯姫を妻として二児(大水口宿禰・大矢口宿禰)を生した。 関連伝承地 加麻良神社…

Read the full story here


タグ付けされた:

コメント


  • 飯神社は、讃岐国二十四社の1つで、飯ノ山山麓に鎮座。
    天神社、荒神社(五十猛命)などが祀られている。

    式内社、元県社の飯神社は、古事記の国生みの神話に登場する讃岐国(香川県)の国魂神、飯依比古命と、大国主命と協力して国土の経営に当たった、少彦名命をお祀りして居ります。
  • 天津彦根命の子、少彦名神は温泉神とされましたが、宇佐国造はこの同族となります。別府温泉は、古来有名であり、八世紀の初めの『伊予国風土記』逸文の温泉(道後温泉)の条には、神代に宿奈毘古奈命(少彦名神のこと)が仮死状態になったことに嘆き悲しんだ大穴持命(大国主命)が、大分の速見の湯(別府温泉)を海底に管を通して道後へ運び、湯浴みさせて、蘇生させたところ、生き返った少彦名神がちょっと寝たわいと言って四股を踏んだので、その踏んだ足跡が温泉の石のなかに残っていると記されています。『豊後国風土記』速見郡にも、竈門山に泉源のある赤湯泉(血の池地獄)や玖倍理湯(くべりゆ。鉄輪にあった間歇温泉)などの記述があります。
  • 延喜式神名帳 城下郡 村屋坐弥富都比売神社 大 月次相嘗新嘗
        (倭名抄 城下郡室原郷=室屋郷の転写間違いとする説もある。)
    祭神…三穂津姫命を祭る、姫は大物主命の配なり。…但し創祀の由来詳らかならず。
        注 神社明細帳に、三穂津姫命・大物主命を祭るとあり。(大和志料)
    同じ延喜式内社の村屋神社二座も境内に移されている(祭神は経津主神、室屋大連神、武甕槌神、大伴健持大連)。

    天武紀(上)には、
    「村屋神が祝に着きて曰く『今、吾が社、中道より軍衆まさに至らむとす。故、よろしく社の中道を塞ぐべし。』 未だ幾日を経ずに、廬井造鯨の軍が中道より至る。」という文がある。

     箸墓後円部は三輪山山頂から2.4キロほどの位置にありますが、ほぼ、等距離に景行陵古墳があります(下地図、赤線)。
    「時に高皇産霊命、大物主神にみことのりす。『汝がもし国神を以って妻と為せば、吾は汝に疎き心有りと謂わむ。故に、今、我が娘、三穂津姫を以って汝に配し妻と為す。宜しく八十万神をおさめ、長く皇孫のために護り奉れ。』」(日本書紀神代下)

    三穂津姫という大物主神の妻になった神(人)がいました。
    三穂津姫が壱与に重なるのは明白で、その三穂津姫を祭る神社が奈良県磯城郡田原本町大字蔵堂字大宮の延喜式内大社、村屋坐弥富都比売神社です。

    集落名が伊与戸であることも、偶然ではない。
    通説は卑弥呼の後継者を台与(トヨ)と訂正しますが、魏志倭人伝の記述通り壱与(イヨ)もある。

    新撰姓氏録に、伊与部という氏族がみられ、
    天辞代主神の後裔(右京神別)、火明命後裔(右京神別)と伝えています。
    どちらも大国主神の息子(記、紀と播磨国風土記)とされる神で、火明命は先代旧事本紀に天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊とされ、物部氏の祖神、饒速日命と同一神です。つまり伊与部は物部系氏族ということになります。

    村屋神社も「当社の神職は代々守屋氏が世襲し、その祖先の守屋筑前守は物部守屋の後裔と称して大和国一円の神職取締役であったという。(日本の神々4、谷川俊一編、白水社)」と書かれ、大和朝廷に国を譲った前王朝の物部氏と強く結び付いています。
  • 愛媛の重要な 四柱の神様を祀る、 
    「伊豫豆比古命神社」

    *伊豫豆比古命神社(椿神社)
    *松山市居相二丁目2番1号
    *祭神
    伊豫豆比古命(いよずひこのみこと)
    伊豫豆比売命(いよずひめのみこと)
    伊与主命(いよぬしのみこと)
    *境内社
    勝軍八幡神社(誉田別命)
    御倉神社(宇迦之御霊神)
    児守神社(天之水分命・木花開耶姫命)
    奏者社(潮鳴栲綱翁神)
  • July 2017 編集されました
    小市国造 おち、おいち 子致命
    (応神天皇期)小市氏(直) 伊予国東部
    怒麻国造 ぬま 若彌尾命
    (神功皇后期) 伊予国北部
    風速国造 かぜはや 阿佐利
    (応神天皇期) 風早氏(直) 伊予国中部
    久味国造 くみ 伊與主命
    (応神天皇期) 久米氏(直) 伊予国中部
    伊余国造 いよ 速後上命
    (成務天皇期) 伊余氏(伊予氏)(凡直)

    淡道国造 あわじ 矢口足尼
    (成務天皇期) 淡道氏(凡直) 淡路国

    粟国造 あわ 千波足尼
    (応神天皇期) 粟氏(凡直) 阿波国北部
    長国造 なが 韓背足尼
    (成務天皇期) 長氏(直) 阿波国南部

    讃岐国造 さぬき 須賣保禮命
    (応神天皇期) 讃岐氏(公)、佐伯氏(直)
  • July 2017 編集されました
    伊予神社
    伊予郡松前町神崎
    主祭神 彦狭島命
    配神
    愛比売命(えひめのみこと)
    伊予津彦命(いよつひこのみこと)
    伊予津姫命(いよつひめのみこと)
    日本根子彦太瓊命
    細姫命
    速後上命(はやのちあがりのみこと)

    河野氏の系譜を記した『予章記』には孝霊天皇の皇子の彦狭島命が反抗する民を制圧するために伊予国に派遣されたとあり、続けて皇子が現社地にあたる神崎庄に鎮座し、このことから当社を親王宮と呼ぶと記している。

    速後上命は『先代旧事本紀』内の「国造本紀」では神八井耳命の子孫とされており、成務天皇の時代に伊予国造に任命されたとある。

    社伝によれば、文治年間に伊予守源義経から崇敬され、その寄進により社殿が造営されたが文永年間にその社殿が消失したという。中世には祭神彦狭島命の子孫を称する河野氏から崇敬を受けており、天正年間に河野通信の命で社殿が造営されたという。[3]寛文年間ごろより親王宮大明神という名称になった。

    明治30年(1897年)に後述の経筒などの出土を受けて社格を国幣社へ昇格することを認可されたが、氏子数の少なさから結局は県社にとどまった。
  •  伊豫神社 
    愛媛県伊予市上野宮神戸郷。 
    祭神:月夜見尊、 愛比賣命、 神八井耳命、 速後上命
      

    社伝では、太古、神戸郷御谷山に、大山積神によって、天御中主神を祀る古社があり、後に国造によって、山の麓、朝日の面に天照大神を祀り、夕日の面に、月夜見尊を祀ったのが、弥邑神(伊予村神)の創祀という。
  • 神日本磐余彦天皇第3皇子子神は井耳命訓見國に宮造りして徳威県にまし給うて政治を司る。伊予皇子と号す。この時神饒速日命の御子天山命子宇摩志摩治命子饒田命の女弥井媛を娶り給うて伊豫の國造を継ぎ給う。是れ小千姓河野氏の祖なり。勅を奉じて皇子神地所を撰み宗廟を斎き祀るに神籬を建て給う。
    「神代古考記(源寛著)」「大内裏記」

    瀛州オオノシマ小千国徳威県古矢野神山神の神田神戸となる。
    神武天皇御子神八耳命、伊豫國造の大祖神饒速日命の曾孫饒田命の女を妃とし伊豫國造家を継がせ給う。勅を受け伊豫訓見國徳威県神戸邑に下向あり、饒田命迎え奉りて家に伝わる天道鉾を奉りて命の補佐となりて天下を始め給う。この命の御孫建石龍命神野國造となり給う。
    「伊予温古録」
    ※建石龍命(阿蘇津彦神)とは冒頭紹介した阿蘇國造の祖神である。阿蘇山の火口にはもと火山湖として水があふれていたが、この命が蹴破って草原を開き、米作りが始まったという。

    神日本磐余彦天皇御宇勅命にて皇子神八井耳命を伊豫二名州に下し給うて伊豫の國造の元、天照国照火明櫛玉神饒速日尊の子天香山命の子宇摩志摩治命の子味饒田命の女御井津美弥比売を妃に娶りて國造家を嗣ぎ給う。
    「二名州大鑑」
    神武天皇第二皇子神八井耳命は神饒速日命の曾孫饒田命の女御井姫を妃とし、伊予の國造家を継ぎ給う。
    「伊予旧蹟抄」
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。