鳥鳴海、国忍富神 、出雲の系譜 « 古代史&フォーラム by tokyoblog

December 2018 編集されました カテゴリ: 出雲
鳥鳴海、国忍富神 、出雲の系譜 « 古代史&フォーラム by tokyoblog

鳥鳴海神の系譜
鳥鳴海ー国忍富神ー速甕之多気佐波夜遅奴美神ー甕主日子神ー多比理岐志麻流美神ー美呂浪神ー布忍富鳥鳴海神ー天日腹大科度美神ー

Read the full story here


タグ付けされた:

コメント

  • 大和国には鳥見(登美)という地が二か所、城上郡(現桜井市)と添下郡(現奈良市)にある。
    長髄彦の本拠は城上郡のほうであったが、添下郡のほうも無縁ではなく、長髄彦の勢力範囲であった。
    この二つの鳥見にはそれぞれ式内社があり、城上郡の等弥神社、添下郡の登弥神社があげられる。後者は富雄川東沿岸の奈良市石木町に鎮座するが、その祭神のなかの一人に登美建速日命という神があり、同社の他の祭神からみて、この神が本来の祭神で登美彦すなわち長髄彦にあたると考えられる。

    中田憲信編の『諸系譜』第六冊所収の「長公系譜」には、建日別命という者が見えるが、この者こそ登美建速日命ではないかと考えられる。
    同系図では、建日別命は長国造(阿波南部)・長我孫や都佐国造(土佐)の遠祖であり、事代主神の孫に位置づけられる。その父を天八現津彦命(一云、観松比古命)とするが、又名の観松比古命は、「国造本紀」の長国造及び意岐国造の条には観松彦色止命と見えており、阿波国名方郡の式内社、御間都比古神社(ミマツヒコ。名東郡佐那河内村下モノミ石に鎮座)の祭神でもある。観松彦命は事代主神の子とされること、その子に「登美」に関係ある者がいること、その後裔に長国造・長我孫を出したことなどを考え合わせると、神武に立ち向かった長髄彦その人であろう。そして、「登美建速日命」が登美彦・長髄彦であるならば、建日別命はその父の位置にある天八現津彦命とも同人だということになる。


    長国造の領域は阿波国那賀郡の那賀川流域が中心であったが、その周辺には、勝浦郡の式内社の事代主神社や、名方郡の式内社の多祁御奈刀弥神社(タケミナカタトミ。名西郡石井町浦庄字諏訪に鎮座し、諏訪神たる建御名方命・八坂刀売命夫妻を奉斎)など三輪・諏訪一族に関係が深い古社が存在しており、これらの社も長国造一族が祀ったとみられる。

    「観松彦」とか「天八現津彦」とかいう呼称は、大和の支配者の美称にふさわしい。大和朝廷第五代の天皇である孝昭天皇の和風諡号が観松彦香殖稲尊とされることも想起される。観松彦の下の「イロト(色止・伊呂止)」が弟を意味する語であることで、長髄彦が事代主神の後継者であっても実際には子ではなかったとすると、兄・事代主神に対する「弟」の意味で妥当か


  • 天津彦根 ー 天御影 ー 意富伊我都 ーーー 彦伊賀都 ー 天夷沙比止 ー 川枯彦 →→
                        lー 阿多根(山背国造祖)
                        lー 彦己曽根(凡河内国造等祖)

      →→ 坂戸毘古 ーーー 国忍冨 ーーー 大加賀美 ーーー 鳥鳴海 ー 八倉田 →→(近江の三上氏の本流)
               l       l        l
               l       l        lー 速都鳥(穴門国造)
               l       lー 水穂真若
               l       l
               l       lー 筑箪 ー 忍凝見 ーーー 建許呂 ーーー 意冨鷲意弥(師長国造)
               l       l            l       lー 大布日意弥(須恵国造)
               l       lー 加志岐弥      l       lー 深川意弥(馬久田国造)
               l                    l       lー 建弥依米(石背国造)
               l                    l       lー 筑波使主(茨城国造)
               l                    l       lー 屋主刀祢(菊多国造)
               l                    l       lー 宇佐比刀祢(道口岐閉国造)
               l                    l       lー 加米乃意美(周防国造)
               l                    l
               l                    lー 阿閉色(筑波国造)
               l
               lー 建勝日 ー 意美津奴彦(甲斐国造)


  • July 2016 編集されました
    出雲王朝系図
     
    素盞嗚尊─①ヤシマジヌミ─②フハノモジクヌスヌ─③フカブチミズヤレハナ─④オミズヌ─⑤アメノフニギヌ─⑥オオクニヌシ─⑦トリナルミ─⑧クニオシドミ─⑨ハヤミカノタケサハヤジヌミ─⑩ミカヌシ─⑪タヒリキシマルミ─⑫ミロナミ─⑬ヌノシトリナルミ─⑭アメノヒベラオオシナドミ─⑮トオツヤマザキタラシ


    代数 王名 王妃名 王妃の父 王妃の祖父 よみ
    1 八島士奴美 木花知流比賣 大山津見 ヤシマジヌミ
    2 布波能母遅久奴須奴 日河比賣 淤迦美 フハノモジクヌスヌ
    3 深淵之水夜禮花 天之都度閇知泥神 布怒豆怒 フカブチミズヤレハナ
    4 淤美豆神 布帝耳神 刺国大 オミズヌ
    5 天之冬衣神 刺国若比賣 アメノフニギヌ
    6 大国主 鳥耳 八島牟遅 オオクニヌシ
    7 鳥鳴海 日名照額田毘道男伊許知邇 トリナルミ
    8 国忍富 葦那陀迦 クニオシドミ
    9 佐波夜遅奴美 前玉比賣 天之甕主 ハヤミカノタケサハヤジヌミ
    10 甕主日子 比那良志毘賣 淤加美 ミカヌシ
    11 多比理岐志麻流美 活玉前玉比賣 比比良木之其花麻豆美 タヒリキシマルミ
    12 美呂浪 青沼馬沼押比賣 敷山主 ミロナミ
    13 布忍富鳥鳴海 若尽女 ヌノシトリナルミ
    14 天日腹大科度美 遠津待根 天狭霧 大山津見神アメノヒベラオオシナドミ
    15 遠津山岬多良斯 トオツヤマザキタラシ

    葺根命。天冬衣神。 
    カンタチとフトミミの子。サシクニワカメを妻とする。 
    父カンタチ亡き後、オオモノヌシを継ぎ、ハデツミの子のトヨツミヒコと共に筑紫32県を治める。 
    子供ができなかったのでオホナムチのとりなしで、ツミハの子のクシミカタマを養子に貰い受ける。 
    最後はツクシのヤス(夜須)で、サシクニワカメと一緒に罷る。 
    臨終の時、クシミカタマに「生まれ来る御子(タケヒト)の祝いに捧げよ」とムラクモの剣を渡している。これこそソサノヲがヤマタノオロチから得たハハムラクモの剣のようだ。代々ソサノヲの家系の長男(オオモノヌシ)に受け継がれてきたようである。
    島根県簸川郡大社町大字日御碕、日御碕 (ヒノミサキ) 神社
    佐賀県小城郡小城町大字池上字牛尾、牛尾 (ウシオ) 神社
    石川県輪島市河井町、重蔵 (ジュウゾウ) 神社
      
    『古事記』「天之葺根命」は、またの名を「天之冬衣神」。刺国若比売は「天之冬衣」の神の妻になり、大国主神を生む。素戔嗚尊は八股の大蛇から手に入れた太刀を五世の孫「天之葺根命」を遣わして天に上奉ぐ。

    刺国若比売 (指国別女)。 
    「サシ国別 (サシ国を治める者) の姫」の意。 サシ国は後の薩摩・指宿あたりと思われる。
    フキネの妻。クシミカタマをツミハから養子に貰い受け、ミモロ山端の青垣殿に共に住む。 
    最後はツクシのヤス(夜須)で、フキネと一緒に世を去る。

    積羽 (八重事代主神)。 
    コモリの次男。 三島大明神。 
    ニニキネのオオモノヌシ・コモリのコトシロヌシとなる。
    ホオテミの時、弟のタケフツと共にイフキの宮にて四国24県を治める。
    その後、筑紫に行ったカンタチ (アスカ君のモノヌシ) のコトシロとして、アスカの宮にも侍る。
    その後は 阿波 → ハラ → ミシマ → ハラ → ミシマ → 伊予 と通い勤め、ミシマミゾクイの娘のタマクシ姫との間に、クシミカタマ・クシナシ・タタライソスズ姫を儲ける。 
    83万3048歳で罷る。この時クシミカタマは108歳、イソスズ姫は15歳。
    阿波の県に葬られる。死後にタケヒトからヱミス神の名を賜る。
    奈良県御所市、鴨都波 (カモツワ) 神社
    徳島県阿波郡市場町香美字郷社本、建布都 (タケフツ) 神社
    徳島県阿波市宮の本、事代主 (コトシロヌシ) 神社
    香川県仲多度郡琴平町、金刀比羅宮 (コトヒラグウ) 事知神社
    大阪府高槻市三島江、三島鴨 (ミシマカモ) 神社
    静岡県三島市大宮町、三嶋 (ミシマ) 大社
      
  • 物部一族
    崇神帝の母親でもある「伊香色謎命」と兄の「伊香色雄命」の兄妹
    この二人の場合「伊香(イカ)」という文字が使われ、読みも「イカ」となっていますが、いつも利用する「東国諸国造、天津彦根命之裔」系譜では始祖天津彦根命の孫にあたる神様が「意冨伊我都命、オオイカツ」であり、その系譜は、

      天津彦根命--天目一箇命(天御影命)--意冨伊我都命--彦伊賀津命--阿目夷沙比止命--川枯彦命--坂戸彦命--国忍冨命

    と連なる訳ですが、物部連の祖とも言われる「大禰命」あるいは「彦湯支命」に嫁いで出石心大臣命を産んだ淡海川枯媛、そして中臣連の祖・御食津彦命に嫁いだ御食津媛命(又の名、伊香刀自比売命、イカトジヒメ)の姉妹はいずれも川枯彦命の妹であり、坂戸彦命の妹の坂戸由良都媛命は出石心大臣命の許に輿入れして孝元帝の皇后となった内色許売命(ウツシコメ)を産んだとされています。同系譜は重ねて、国忍冨命の姉妹二人がそれぞれ内色許男命と中臣祖・梨迹臣命の妻となったと伝えていますから、天津彦根命を遠祖に仰ぐ一族の間では、

    物部連、中臣連そして三上祝など古くから神々を祀ってきた由緒ある氏族は皆、同族(五十族)なのだ

    という伝承が語り継がれていたのだと思われます。その中臣氏の或る血筋が後の藤原氏を名乗った(賜姓された)ことは余りにも有名ですが、日本書紀は神功皇后摂政前紀の仲哀九年三月条で、殊更に、

    皇后、吉日を選びて、斎宮に入りて、親ら神主となりたまう。即ち竹内宿禰に命して琴撫かしむ。中臣烏賊津使主(イカツオミ)を召して、審神者にす。
  • 正徳4年(1714年)の北島道孝覚書によると、

    向上官職が国造の名代を勤めるのは、神代において、向家(向上官職)が国を平定したからだと述べています。

    「向ハ平ナリ、神代巻曰く云々、
    今我避ケ奉ル、誰復タ敢テ順(シタガエ)ハ不(ザ)ル者有ランヤ、二神ヨリ授ケラレタ
    広矛ヲ所持テ国を平(コトムケ)シ時云々、・・・

    向上官職ハ、右ノ平ナリ、杵築大社神前ニテ国造名代ヲ相勤メル義ハ、右の神書ニヨル・・・」

    次に、杵築大社領地の北島分の石高を示した文書。

    「杵築御神領北島分目録の事

    一、百四拾壱石七斗五升       杵築宮廻
    一、弐百五石八升            千家村
    一、弐百六拾七石八斗三升      北島村
    一、五百三拾石八斗五合        富村

    ・・・

    合 千百九拾石七斗五升

    一六〇四(慶長9)年10月23日 北島惣兵衛尉 康兼(花押)
    富与兵衛尉  孝長(花押)
    千家民部少輔 慶澄(花押)」

    富家の領地であった富村からの大社への寄進が国造家より大きかった事を示しています。

    富村には、出雲国風土記の出雲社の有力候補の神社である 富神社が鎮座しています。

    元々は、富家の神である、足摩乳命/足名椎命、櫛稲田姫命、
    国忍富神、布忍富鳥鳴海神が祭られていたといいます。
    現在祭られている天之冬衣命(あめのふゆぎぬ)も富家の神です。

    八束水臣津野命は、富家ではなく、神門臣家の人物であるため、後世付け加えられた神です。

    天穂日命に関わる神は一切祀られていないことが、富家が北島家の分家ではない事を示しています。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。