北史 百済伝 « 古代史&フォーラム by tokyoblog

December 2018 編集されました カテゴリ: 古代史書
北史 百済伝 « 古代史&フォーラム by tokyoblog

百済という国は、蓋馬韓に属し、索離国より出る。その王が出って行ったが、その侍女が後に妊娠し、王が帰還して、これを殺そうとした。侍女が曰く「以前、天上に大きな雞子のごとき気を見て、それに感精した故に受胎した」。王、これを捨てる。後に男児が誕生し、王はこれを豚舎に放置したが、豚は息でこれを暖めたので死なない。後に厩舎に移したが、同じことだった。王は以て神と為し、これを養育させた、名を東明という。…

Read the full story here


コメント

  • 三国史記の百済(ぺクチュ)は、現在の扶余地名を一度も王都とした記録がありません。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。