百済王族の亡命 « 古代史&フォーラム by tokyoblog

June 2015 編集されました カテゴリ: 一般/歴史書

百済王族の亡命 « 古代史&フォーラム by tokyoblog

いったいなぜこんな山奥の地に!?
百済は六六三年の白村江の戦いで滅亡するが、神門に百済王が亡命するのは八世紀半ば。その間何があったか?

Read the full story here


コメント

  • 天武天皇二年(六七三)六月二日、天武天皇は百済人の沙宅昭明の死に際して、彼に外小紫の位を贈るとともに「大佐平」の位を賜っている。この「大佐平」の位というのは百済の王が臣下に授ける最高位の位とされている。

    日本の天武天皇が、沙宅昭明に百済の位を授けたのは何故か?
  •  異説もいくつかあるようなのだが、『隋書』に寄れば百済の八大姓は沙氏、燕氏、賛氏、解氏、貞氏、國氏、木氏、苗氏となっている。
  • 随書・百済伝に「国中大姓有八族。沙氏、燕氏、刕氏、真氏、解氏、国氏、木氏、苗氏」とあり。八氏は五世紀頃の百済国の支配層なり。百済王十七代直支王(文周王)の後裔と称す。
  • 大原 高安(おおはら の たかやす、生年不詳 - 天平14年12月19日(743年1月19日))は、奈良時代の皇族・貴族。当初高安王を称するが、大原真人姓を与えられ臣籍降下した。敏達天皇の孫である百済王の後裔]。筑紫大宰率・河内王の子[3]。官位は正四位下・衛門督。
  • 703年に伊予守となった百済王良虞は、聖武帝に黄金九百両を献上した敬福の父親
  • 福智王と比木大明神

    高鍋町持田の大年にある「大年神社」の祭神は「稲田姫命」。スサノオノミコトの妹で、同町蚊口の鵜戸神社の由緒では、「大年神」はスサノオノミコトの子神である。五穀豊穣(ほうじょう)、農耕の守護神で、中世には領主伊東氏から田8反と屋敷が与えられていた。
     また同神は、木城町比木の比木神(五社大明神)と縁が深く、同社の大祭に先立って「大年下り」が大年神社境内に祭られた「比木大神」を中心に行われる。比木社のご神体「御袋神」の浜下りの神事である。
     高鍋町鴫野(しぎの)の浜の真砂を持ち「上り」、比木社の大祭は始まる。流布している「比木大明神本縁」(宝暦5年、加賀美光章編)をさかのぼる59年前の元禄9(1696)年、新田村(新富町)の神官井上良光(よしてる)が書写した「旧記」は次のように述べている。
     百済の王は「貞家」(ていか)と言い、王位に21年間あって皇太子に王位を譲った。皇太子は福智王で、王位について3年で国に内乱が起こり、日本に逃れた。
     天平勝宝8(756)年9月、安芸国(広島県)の厳島に着き、同10年秋、日向国児湯郡嘉口(かぐち)の港に入った。そのとき、ぬれた衣を乾かしたところを「もひろげ」、馬具を干したところを「くらかけ」という。
     福智王は住むところを決めるため珠玉を投げた。18里も飛び、そこを「火棄」(ひき)と名付けた。
     同じころ、貞家王は臼杵郡金ケ浜に着く。ここから78里の山奥に住居を構える。百済から追ってきた賊と坪谷伊佐賀坂(東郷町)で戦いとなったが、福智王が火棄から駆け付け、賊を滅ぼした。
     この戦いで食料が尽き、王と兵士が困っていたが、神門の武将・益見太郎が鹿(しし)を狩り、助ける。このことから、神門の祭りには捕れた獲物を神に供える神狩(みかり)がある。戦死した二男の皇子を伊佐賀大明神として祭り、流れ矢に当たって死去した貞家王の墓を「塚原」という。神門大明神がこれ。
     福智王は火棄に火棄大明神として祭られた。火棄を比木と改めたのは仁寿2(852)年。福智王の母が「大年大明神」で、陵は鴫野にある。
     このように比木神社の4つの大祭は、比木神が「大年神」と「神門神」という農耕世界と狩猟世界の2つの守護神を結ぶ神であることを示している。
    永井哲雄
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/chiiki/seikatu/miyazaki101/shinwa_densho/041.html
  • 続日本紀延暦9年(790年)の条。
    百済王一族の上表文に、「応神朝、百済に人を求めた時、百済王貴須王の孫、辰孫王が、倭国に派遣された。
    辰孫王は、皇太子の師となり、その子孫は、葛井、船氏等となった」とある。

    ここに登場した貴須王は、百済国13代王。しかし、6代王も、貴須王と呼ばれていた。
    在位は、214年~234年。倭国女王卑弥呼の頃
  • 八艘帆が崎
    五十猛、百済王子・阿佐太子、空海が上陸した
    佐賀県杵島郡。艘帆が崎で、正面に見える森が島でした。
    その向こうに、武内宿禰の居館跡山惣があり、その近くの石崎に湊がありました。
    百済王子の渡来が書かれていました。その名は阿佐太子。

    八艘帆が崎(はっすぼがさき)
     古代海中に浮ぶ杵島山の山麓東南に二大良港があり、
    一は竜王崎、二は八艘帆が崎である。

    一、口承によれば稲佐大明神着岸のところを焼天神と伝えている。

    二、神代の時、素盞嗚尊の子、五十猛命は孤津、大屋津命と共に韓地より樹種を持ち帰り、この岬に着岸され全山に植林せられたと言われている。

    三、稲佐山累縁記によれば、百済聖明王の王子阿佐太子は、欽明天皇の勅命により、火ノ君を頼り稲佐に妻子従房数十人、八艘の船にて来航、座所二カ所を設けらる。

    一を北の御所と言い、一を太子庵という。この岬に八艘の帆を埋没したので、その後八艘帆が崎と言う。

    四、平城天皇大同二年、空海上人(弘法大師)帰朝し、ここ八艘帆が崎に上陸、太子庵にて稲佐山開創の事務を執らる。
    補、焼天神の 白は、八艘帆が崎と同じである。

    平成四年四月吉日   御即位大嘗祭記念
    稲佐文化財委員会
  • June 2016 編集されました
     武蔵野国への古代朝鮮からの入植の記録を、日本書紀・続日本紀から抜粋すると,
    (日本書紀)天智天皇五年(666):高麗遣前部能婁等進調。
    、、位玄武若光等。是冬、京都之鼠、向近江移。以百濟男女二千餘人、居于東國。凡不擇緇素、起癸亥年至于三歲、並賜官食。倭漢沙門智由、獻指南車。
    天武十三(684)年:化來百濟僧尼及俗男女幷廿三人、皆安置于武藏國。
    持統元年(687):以投化高麗五十六人、、、
    (続日本記)霊亀二年(716):以駿河。甲斐。相摸。上総。下総。常陸。下野七国高麗人千七百九十九人。遷于武蔵国。始置高麗郡焉。
    天平宝字二年(758):帰化新羅僧卅二人。尼二人。男十九人。女廿一人。移武蔵国閑地。
    天平宝字四年(760):置帰化新羅一百卅一人於武蔵国。

    があり、さらに、新編武蔵風土記稿の高麗郡総説では、上記のほかに青木村に住む青木内蔵助家譜に「其先武石麻呂霊亀二(716)年二月詔を蒙り、高麗人九百九十人を具して、丹波国より本郡に至り、住居せし、其の地を即ち青木村と名くとあり・・・」とあります。当然、正史に載らない入植者も多数あったと考えるべきでしょう。
     一方、同じ古代朝鮮からの入植者のためにおかれた、新羅郡(現在新座市と旧保谷市)には、その一族をしめす神社はなく、氷川神社の領域になっています。また、高麗郡、新羅郡には、式内社のないことも特徴の一つ。
  • 稲佐神社 杵島郡白石町

    祭神
    天神(てんじん)、女神、五十猛神、大屋津比賣之神 配 聖王神、阿佐神

    由緒
     式外社。大同二(807)年創祀。三代実録に貞観三(861)年従五位下とある。
     西国寺社奉行伊豆藤内の『稲佐大明神、神者人王三十代欽明天皇之朝、附国百済聖明王、為明王為新羅之冦所殺也、其世子余晶並弟恵等数十人率妻子従族而来、于我朝』(肥前国誌)とある。
     余晶が父の遺骨を稲佐山(杵島)山の山頂に葬り、帰化して稲佐大明神として祀ったという。
     上記由緒は、配祀の神の説明である。
  • 〈史料 5〉『日本書紀』天智天皇二年九月辛亥朔丁巳条。
    百済州柔城、始降於唐。是時国人相謂之曰。州柔降矣。事無奈何。百済之名絶于今日。 丘墓之所豈能復往。但可往於弖礼城、会日本軍将等、相謀事機所要。遂教本在枕服岐城之 妻子等、令知去国之心。
    〈史料 6〉『日本書紀』天智天皇二年九月甲戌条。
    日本船師及佐平余自信。達率木素貴子。谷那晋首。憶礼福留。并国民等至於弖礼城。明 日、発船始向日本。
    〈史料 5〉は、国を失った百済人たちが日本に亡命しようとする状況を詳しく説明して いる。〈史料 6〉は、百済遺民が帰国する日本の水軍とともに渡来していた状況を示して いる。ここでは、佐平余自信、達率木素貴子、谷那晋首、憶礼福留などの人名が確認でき る。彼らの氏姓である「余」と「木」などからみると、王族や中央貴族の出身であったと 考えられる。また、彼らの官位である「佐平」や「達率」は、百済官僚制度の中でも高位 なので、彼らは百済復興運動を主導した勢力であったとみられる。ここでは、一部の人名 しか確認できないが、百済が滅亡した後、復興運動の主要な勢力が亡命国として選択した ところは、やはり友好関係の日本であったと推定される。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。