忌部、天太玉、天日鷲命、手置帆負命、笠縫邑

December 2018 編集されました カテゴリ: 讃岐・阿波・伊予
image忌部、天太玉、天日鷲命、手置帆負命、笠縫邑

天日鷲神は、神代紀には二箇所見えて、天岩戸事件のとき祈祷のため粟国忌部の遠祖でその作った木綿を天香山の真榊に掛…

Read the full story here


タグ付けされた:

コメント

  • 阿波忌部の天日鷲命のを祀る後裔の主流、支流が黒潮に乗って天竜川を遡上し、飯田の座光寺あたりに麻続郷を拓きさらに諏訪に足を延ばし、さらに更級にも進んだのでしょう。
    麻続族は天白羽神を祀ります。これは天日鷲命の孫とされています。一族には違いないようです。
    天日鷲命は穀(カジ、楮の類)の樹皮から木綿(ゆう)=真っ白を作り、天白羽命は麻から麻布=青みを作ります。穀の葉が諏訪神社上社本宮の社紋であることが頷けるか
  • 神武の時、度会・忌部が伊勢津彦を追いやって伊勢国造になっていたのを、中臣氏が律令期に追いやった。

    房総も阿波と同様にアワと読みます。相馬は倉麻とも書きます。麻の倉庫です。
    上総では、本来は大伴氏が祭っていた国造社を安房神社に変えて、安房忌部氏が祀るのが元正時代717年です。
    初代出雲国司は忌部子首です。彼は壬申の乱で大海人皇子側に立ち飛鳥の倭京を守る貢献により出世しましたが所詮地方官です。その間、中臣大嶋は大出世しています。
  • 天日鷲を祀る神社 鷲神社


    鷲子山上神社  栃木県那須郡那珂川町矢又 
               茨城県常陸大宮市鷲子
    鷲神社           土浦市東崎町
    鷲神社                田村町
    鷲神社                大畑
    鷲神社            那珂郡那珂町鴻巣
    大鷲神社          北相馬郡利根町押戸
    鷲宮神社          稲敷郡河内町古河林
    脇鷹神社               桜川村飯出
    鷲神社            稲敷市鳩崎
    鷲神社            結城郡八千代町沼森
    鷲神社            取手市寺田
    日枝神社     龍ヶ崎市馴馬
    佐志能神社    石岡市染谷
    日鷲神社 水戸市金谷町
    鷲神社      古河市沼森
  • 神麻績連は忌部氏・天日鷲命の後裔なのである。


    平田篤胤『古史成文』

    故れ其の天日鷲命は(亦天日鷲翔矢命と云す) 産巣日神の御子 天底立命(亦名は角凝魂命) の子 天手力男神(亦名は天石戸別命、亦名は伊佐布魂命、亦名は明日名門命) の子。

    粟國忌部、多米連、天語連、弓削連等が祖なり。

    次に長白羽命は(亦天白羽命と云す。亦名は天物知命。亦名は天八坂彦命)天日鷲命の子。
    神麻績連等が祖なり。

    次に天羽槌雄命は(亦健葉槌命と云す。亦天羽雷命と云す。亦名は綺日安命)角凝魂命の子、伊佐布魂命より出づ。倭文連、長幡部等が祖なり。

    次に天御桙命は、神服部連等が祖なり。次に天八千千比賣命は、伊勢人面等が祖なり。
  • 『新撰姓氏録』では、

    左京 神別 天神 多米連 多米宿祢同祖
    神魂命五世孫天日和志命之後也
    成務天皇御世。仕奉炊職賜多米連也

    右京 神別 天神 多米宿祢
    神御魂命五世孫天日鷲命之後
    成務天皇御世。仕奉大炊寮。御飯香美。特賜嘉名

    摂津国 神別 天神 多米連
    神魂命五世孫天比和志命之後也

    河内国 神別 天神 多米連
    神魂命児天石都倭居(アメノイワトワケ)命之後也

    右京 神別 天神 天語連 県犬養宿祢同祖
    神魂命七世孫天日鷲命之後也

    大和国 神別 天神 田辺宿祢
    神魂命五世孫天日鷲命之後也

    左京 神別 天神 弓削宿祢
    高魂命孫天日鷲翔矢命之後也
  • 事代主命が鴨氏の祖神の一人であることは、鴨氏の系図や日本書紀の記述に確認されます。
    一方、異母兄の阿遅志貴高日子根命は、古事記において迦毛之大御神と称されます。
    つまり、二人の父である大国主命こそが、本当の鴨氏の太祖、すなわち賀茂建角身命であると分かります。

    この賀茂建角身命は、鴨系神社の社伝や新撰姓氏録において、八咫烏・金鵄、と同一人物であると確認できます。
    そして、その金鵄とは、天加奈止美命(あめのかなとびのみこと)の別名を持つ天日鷲命のこと、と平田篤胤、『大日本神名辞書』等が指摘しています。
  • 阿波国は忌部国。阿波国式内大社三社は、天石門別八倉比売神社・忌部神社・大麻比古神社ですが、全て忌部系の神社です。

    天石門別八倉比売神社は、延久二年(1070)の太政官符で「八倉比賣神の祈年月次祭は日本国の大典であるからしっかり執り行え」と国司を叱っていますが、その太政官符には八倉比賣神を「忌部神」と記しています。

    忌部神社は、延喜式神名帳に、「天日鷲神」また「麻植神」と書かれています。
    大麻比古神社の御祭神は、古来から猿田彦神です。

    大麻比古命は、斎部氏系図に天日鷲命の子と書かれており、大国主命の子 ー 事代主命で、完全一致し、それにより上の「大国主命=賀茂建角身命=天日鷲命」が証明されます。
  • 工匠神社のタ(テ)オキホオヒの神とはちなみに、タオキホオヒのタ(テ)は「手」であり、天岩戸神話の手力男命の事
  • December 2017 編集されました
    紀伊の忌部と鳴神社

    主祭神 速秋津彦命 速秋津姫命 天太玉命
    社格等 式内社(名神大)旧村社
    創建 (伝)第6代孝安天皇年間

    『紀伊名所図会』の引く社伝によれば、孝安天皇(第6代)の頃、名草郡の治水のために水門神である速秋津日古命を祀るよう託宣があり、それによって祀られたのが鳴神社の創建であるという。社名「鳴」は、『紀伊続風土記』で「鳴水」「鳴滝」という谷から流れる水の意と推測されたように、川に関連した名であるとされる。

    一方、承平年間(931年-938年)頃の『和名類聚抄』では、名草郡の郷として「忌部(いんべ)」の記載が見える[4]。これは鳴神社南方の和歌山市井辺(いんべ)付近に比定されており、一帯は紀伊の忌部氏(紀伊忌部)の本貫地であったとされる。また同書において「忌部」の次に「誰戸」の記載が見えるが、これは「神戸」の誤記で、「忌部神戸」すなわち忌部神の神戸(神社付属の民戸)を意味するとされる[4]。関連して『新抄格勅符抄』大同元年(806年)牒では、忌部神の神戸20戸のうち紀伊国に10戸の記載が見える[4]。鳴神社には『延喜式』四時祭相嘗祭条の「酒稲50束、神税」の記載から神戸があったことが確かであることから、これらの忌部神戸は鳴神社に付属したと見られ、鳴神社は紀伊忌部の氏神として奉斎されたと考えられている。またこれらの神戸は、鳴神社の鎮座する和歌山市鳴神周辺に分布したと推測される

    なお『古語拾遺』では、紀伊忌部は彦狭知命の後裔であり、名草郡御木郷・麁香郷(いずれも『和名抄』なし)の2郷に居住して材木の貢納、宮殿・社殿造営を担ったと記されてい
  • 古語拾遺
     忌部氏の祖は天岩戸で活躍した天太玉命であるが、ほかに天太玉命に従っていた五神があり、そのうち、天日鷲命が阿波忌部氏、手置帆負命が讃岐忌部氏、彦狭知命が紀伊忌部氏の祖となったという。なかでも天日鷲命は穀(カジノキ:楮の一種)・木綿などを植えて白和幣を作り、その子孫が最も著われて代々、木綿・麻布などを朝廷に貢上し、それは大嘗会の用に供された。麻植郡の名もこれから起こった。
     天太玉命の孫天富命は、阿波忌部を率いて東国に渡り、麻・穀を植え、また太玉命社を建てた。これが、安房社で、その地は安房郡となりのちに安房国となったと伝えられる。いま、安房神社は安房国一宮となっている。

    |忌部神社

     阿波の忌部神社は神名帳の注記のように、天日鷲命を祭神とし、延喜式臨時祭の条には「天日鷲神社」とある。嘉祥二年(849)、天日鷲神に従五位下が授けられ、貞観元年(859)大麻比古神とともに従五位上に進み、以後、両神同じく元慶二年(878)に正五位下、同七年に従四位下に昇叙されている。ところが、その後の動向は史料が欠けて詳らかではなく、中世には兵火にかかったりして、わずかに細々と存続したようだ。
     ただし、忌部氏はこの付近に栄え、代々荒妙御衣を貢上して御衣御殿人と呼ばれ、室町時代に及んだ。忌部氏の中心地は社地の西南種野山の平地で、南北朝時代には武士として活躍しており、三木氏を称していた。三木はおそらく御調(ミツキ)の意であろう。この三木氏の一部が、吉野川をさらに遡った美馬郡の、貞光川という支流の流域に移った。鎌倉時代の初期の頃と思われ、そこの端山の吉良というところに忌部神社を分祀し、忌部庄の名が生れた。
     ところで、忌部神社の祠官は、代々阿波忌部氏が務めた。忌部氏は上記のように天太玉命の後裔である。『古代氏族系譜集成』などの忌部氏系図によると、天玉太命の玄孫にあたる飯長媛命に斎主と注記され、神魂命の後裔にあたる由布津主命と夫婦となり、その間に堅田主命が生れている。そしてその子孫が、阿波忌部・安房忌部氏とに分かれている。
     阿波忌部玉淵に至って、麻植郡大領となり併せて忌部大祭主を務めるようになった。以後、玉淵の子孫が代々忌部神社の大祭主を務めたとある。戦国時代、忌部大宮司持光は因幡守を称し貞光城主であったが、長宗我部元親に攻められ降ったことが系図に記され、その孫の景光のときに笠井氏を称している。

    |大麻比古神社

     降って、明治に至り忌部神社は国幣中社に列したが、そのときいずれが本社かわからず、政府から使を派遣して実地に検分し、当時、麻植郡山崎村鎮守の天日鷲神社が、延喜式の忌部神社であることに確定され、社名を復して祭典が執り行われた。
     一方、大朝比古神社の祭神は、一説に猿田彦命というが、大麻比古すなわち天富命の父津咋見命の別名という説の方が正しいかと思われる。大麻の名からしてやはり忌部氏奉斎の神社であろう。大麻比古神社も忌部神社と同じく、承暦四年(1080)に神の崇りが現われたと『朝野群載』に見えるくらいで詳しいことは分からない。ただ、国府に近かったことから、中世には阿波の一宮とされ、大麻大名神とも呼ばれた。また、古くは大麻山中にあったが、のちに麓の現社地へ移されたという。
     近世には、徳島藩主蜂須賀氏が、阿波と淡路を領したので、大麻比古神社は阿波.淡路の総産土神と称された。なお、 阿波にはもう一社一宮があり、神名帳名方郡の天石門別八倉比売神社である。

    【忌部神社の神紋:梶の葉/大麻比古神社の神紋:麻】
  • December 2018 編集されました
    手置帆負命
    たおきほおいのみこと

    ……
    『日本書紀』には「作笠者」とある。『古語拾遺』では、笠や矛を作ったとある。

    太玉命の率いる五神(天日鷲命:阿波忌部の祖、手置帆負命:讃岐忌部の祖、彦狭知命:紀伊忌部の祖、櫛明玉命:出雲玉作の祖、天目一箇:筑紫・伊勢忌部の祖)の一柱。

    『古語拾遺』には、天照大御神が天岩戸にお隠れになった時、彦狭知命とともに天御量を作り、材木を切って瑞殿を作った。 よって、木工の祖神とされている。

    古代の建築技術者、また笠・矛の製作専門技術者。

    手置帆負命 を祀る神社
    莫越山神社 千葉県南房総市宮下27
    莫越山神社 千葉県南房総市沓見253
    天計神社 岡山県岡山市北区中井町1-5
    多和神社 香川県さぬき市前山字道2451
    齋神社 兵庫県養父市長野字東山265
    大口神社 三重県伊勢市竹ケ鼻町53-2-2
    射楯兵主神社 境内 十二社合殿 兵庫県姫路市総社本町190
    大津神社 境内 摂宮 岐阜県飛騨市神岡町船津1823-2
    日前國懸神宮 境内 國懸宮末社 和歌山県和歌山市秋月365
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。