手力男神、 和邇氏 、佐奈県、曙立王

December 2018 編集されました カテゴリ: 神武ー開化
image手力男神、 和邇氏 、佐奈県、曙立王

『古事記』によると手力男神は佐那の県に坐 といいます。 力の神、スポーツの神として信仰されており、戸隠神社(長…

Read the full story here


タグ付けされた:

コメント

  •  『古事記』には、
     「天石戸別神、亦名櫛石窓神謂、亦名豊石窓神、
      此神者、御門之神也。」
    とあり、別名が櫛石窓神、豊石窓神であると記されている。
     加えて、"御門之神也"と記されているように、
    古の宮城の内裏、その四方の門に祀られていたという。
     『延喜式』(神明帳)には宮中神三十八座のうちに「御門巫祭神八座」とあり、
    先従の巫女によって祭祀が行われていたことが窺える。
     なお八座とあるが、"御門之神"は先の櫛石窓神・豊石窓神の二柱で、
    「四面門各一座」、即ち二柱が四方各々に祀られ、計八座となっていたようである。

     この他、『古語拾遺』、『先代旧事本紀』にも同神(或いは別名)が見える。
     例として『古語拾遺』には
     「豊磐間戸命、櫛磐間戸命二神殿門守衛〔是、並太玉命子也〕。」
    とある。
     一方『先代旧事本紀』には神祇本紀に
     「復豊磐間戸命令、櫛磐間戸命二神殿門守衛並天太玉命之子也」
    と、先の『古語拾遺』の記述とほぼ同じものが見える。
  • 和珥氏は奈良時代になると大春日氏や柿本氏となっているが、公卿にはまったく昇っていない。
    蘇我氏と交代したかのように勢力が衰えているが、「大春日」氏となっているように、春日辺りが勢力圏だった。
    もともと大三輪氏や葛城氏などと違って、「和珥」ってどこ?というような氏族名なのだが、今櫟本に和爾下神社がある
    櫟本とは奈良県天理市の地名だが、天理市の中心部が古代の石上布留だとすると、櫟本は少し北にあたる。
    和爾下の「下」が山の下の意味だとすると、ここが記紀にいう和邇坂で赤坂と考えられる。
    但し和爾下神社はもう少し西の大和郡山市域にもある。
    このように、和珥の故地は春日から櫟本にかけての、奈良盆地北東部の山麓となる。
    のちに奈良と呼ばれる部分は和珥氏の本拠地だった

    雄略の皇女を産んだ元采女は春日和珥臣深目の娘童女君「春日和珥」」

    この女性が産んだ雄略皇女が「春日」大娘皇女、雄略紀に「更名高橋皇女」と分注がしてある。
    「高橋」は影媛の歌にもあらわれる石上布留の北の地名。和珥氏の勢力圏であろう。
    この春日大娘(又は高橋)皇女が仁賢の皇后となって産んだ長女が「高橋」大娘皇女である。
    この長女自身はその後詳細不明だが、弟妹から大王武烈、継体皇后手白香、宣化皇后橘仲を出している。
    仁賢の他のキサキの中には和珥臣日爪の娘糠君娘がいて、彼女は「春日」山田皇女を産んでいる。
    (一本では和珥臣日觸の娘大糠娘、皇女の名は山田大娘皇女、又の名を赤見皇女。)
    この春日山田皇女は安閑の皇后となり、子は産まなかったが、宣化死後欽明即位前に、欽明に政務を執ることを要請された皇后である。
    この皇女を産んだ糠君娘が仁賢の後宮に入ったのも、仁賢皇后春日大娘皇女の外家が和珥氏であることと関係があるだろう。
    春日大娘皇后は、外家の娘をキサキとして納れさせたのである。
    仁賢は雄略の皇統ではなく、断絶した皇統への婿入りの面もあるから、雄略皇女である皇后春日大娘の権威は相当高かったのであろう。
    皇后と糠君娘の、母方が同族であるという関係は、光明皇后と縣犬養廣刀自のようなものか。
    糠君娘の産んだ春日山田皇女の「春日」も、母方からきているのであろう。
    「山田」もその周辺の地名なのではないだろうか。
    そして安閑の皇后にも、継体・宣化皇后とは異母の姉妹ではあるが、同族の母方をもつ春日山田皇女が選ばれた。
    和珥氏・春日氏の后妃はなおも続く。
    武烈の皇后(?)として春日娘子があげられるが、后妃で記されているのは彼女だけで、父も不明。
    名も不明とみていいだろう。
    しかしこれもおそらく母春日大娘皇后の外家の女性なのだろう。
    武烈の姉手白香皇女の夫となった継体のキサキにも和珥氏の女性がいる。

    継体後宮は圧倒的に近江地方の女性が多いが、数少ない大和の氏族出身者が和珥臣荑媛である。これも、手白香皇后が春日大娘皇后の娘であることと関係しているのだろう。
    そして継体と手白香の子欽明の後宮に春日日抓臣の娘糠子がいて、春日山田皇女と橘麻呂皇子を産んでいる。

    古事記にも「春日之糠子郎女」と記され、「春日山田郎女」「麻呂古王」「宗賀之倉王」を産んだとされているので、そんな簡単な問題ではないかもしれない。
    しかし皇子女たちにも特に事跡はない。
    そして敏達の後宮に、春日臣仲君の娘老女子夫人(又の名を薬君娘)がいる。
    この女性は難波皇子・「春日」皇子・桑田皇女・大派皇子を産んでいる。
    この皇子たちは実在しており、事跡もある。
    子孫もいる。
    難波皇子は橘氏等の祖であるが、のちの皇位継承に彼等は絡んでいない。
    敏達系の嫡流は息長系の廣姫腹押坂彦人大兄皇子であり、和珥氏の地位の低下を思わせる。
    しかし和珥氏は皇后を輩出してはいるが、大王を出していない。

    縣犬養橘三千代

    和珥氏や春日氏がすべて同一氏族かどうかもはっきりとはわからない。
    そして敏達朝を最後に、この氏族から后妃が出ることはなくなった。
    和珥氏出身の母をもつ春日大娘皇后以来の女系の家系が絶えた時期と重なるのは、偶然であろうか。
  • 日本の正史には「鵜の羽で産屋の屋根を葺き終わらないうちに生まれたために名付けられた」と記される「鵜葺草葺不合命」。しかし、日本各地に伝わる古文書(竹内文書・宮下文書・秀真伝など)では、神武天皇以前に<うがや朝が73代続いた>と記されている。

    <鵜>は沖縄語で<アタ>と言うそうで、記紀では鵜飼の祖を阿多氏としている。
    ならば、<鵜伽耶>は<アタ加那>とも呼称されていたのではなかろうか?

    『出雲国風土記』の意宇郡にある寺・社の項に<阿太加夜の社>がある。
    現在地は島根県八束郡東出雲町出雲郷。出雲郷と表記するが<あだかえ>と呼称し
    ており、古くは<あたかや>であった可能性が高い。

    出雲国造神賀詞で<宇奈堤(卯名手)に坐す>とされる事代主は、なぜか『出雲国風土記』にはまったく登場せず、古来民間では海の神<恵比寿様(えびすさま)>
    として信仰されている。

    『豊後国風土記』総記に
     「纏向の日代宮天皇(景行天皇)が豊国直らが祖、<菟名手>に詔して豊前国に行き到り(略)」

    『日本書紀』景行天皇十二年九月条に「国前臣の祖<菟名手>」とある。

    岩波文庫版『日本書紀』の補注によれば、国前臣の祖<菟名手>を

     「国前臣は大分県国東半島に本拠をもつ氏族。和名抄に豊後国国崎郡国前郷がみえる。孝霊記に日子刺肩分命を豊国の国前臣の祖とし、旧事紀・国造本紀には国前国造を掲げ、志賀高穴穂朝(成務天皇)、吉備臣同祖吉備津命六世午左自命、定賜国造。とする」
  • 菟上足尼 うなかみのすくね

    別名
    菟足神

    同名神
    菟上王:うなかみのみこ
    兎上命:うなかみのみこと
    ……
    生江臣の祖、孝元天皇の裔・葛城襲津彦命の四世孫。雄略天皇の頃、穂国の国造となった。

    菟上足尼と同じ「菟上」の名を持つ神々が存在するので、ここで紹介。

    菟上王は、彦坐王の子である大俣王の子で曙立王の弟。比売陀君の祖。
    物言わぬ品牟都和気命に付き添って出雲大神を拝し、神宮造築を奉行した。

    兎上命は、『常陸国風土記』によると、薩都里の土雲を討ち「よく殺さしめて福(さち)なるかも」といい、佐都(薩都)の地名となった。
  • 比売多神社(ひめだじんじゃ)
    所在地:滋賀県長浜市高月町東柳野。
    延喜式神名帳:近江国伊香郡鎮座、旧地:比売多神社旧地(合祀)久留弥多神社。
    祭神:菟上壬命、(合祀)豊玉姫、久留弥多神。
    由緒:不詳。もとは姫塚古墳の地に鎮座。

    近江の伊香郡

    「式内社からみて伊香郡に居住したことがうかがえる氏族としては、 伊香連、石作部、安曇、玉作、佐味、比売陀君、多米連 (忌部) そして天日槍系渡来人の八系統を挙げることができる」と結論づけておられる。
  • 元春日 恩智神社
    【御祭神】
     大御食津彦大神(天児屋根の命の五世の孫)
     大御食津姫大神(伊勢神宮外宮の御祭神豊受姫大神異名同神)
    【由 緒】
     当神社の創建は大和時代の雄略年間(470年頃)と伝えられ、河内の国を御守護の ためにお祀りされた神社で国内でも有数の古社であり、後に延喜式内名神大社に 列する神社である。

    「恩智神社圭田八十三束三字田所祭手力雄神也雄略天皇三年奉二圭田一行二神事一 云々」

    と記されている(総国風土記)奈良時代(天平宝字)に藤原氏により再建 されてより、藤原氏の祖神である「天児屋根命」を常陸国「現香取神宮)より 御分霊を奉還し、摂社として社を建立したその後、宝亀年中に枚岡(枚岡神社)を 経て奈良(春日大社)に祀った。従って当社は元春日と呼ばれる所以である。 神功皇后が三韓征伐の際、当社の神が住吉大神と共に海路、陸路を安全に道案内し、 先鋒或は後衛となり神功皇后に加勢したその功により神社創建時に朝廷から七郷を 賜わった。以来、朝廷からの崇敬厚く、持統天皇の元年(689)冬十月に行幸されて
     以来、称徳天皇(第48代)天平神護景雲二年(768)には、河内、丹後、播磨、美作、 若狭の地三七戸を神封に充てられ、文徳天皇(第55代)嘉祥三年(850)10月に正三位、 清和天皇(第56代)貞観元年(859)正月に従二位、更に正一位に叙せられ、恩智大明神の 称号を賜り、名神大社として、延喜式、名神帳に登載される。
  • 外宮の故郷丹波を平定したのは、和珥氏の母を持つ日子坐王(ひこいますのみこ)ですが、その孫の曙立王(あけたつのみこ)が、佐那神社に手力男神と共に祀られています(佐那神社の祭神は二座です)
    曙立王は『古事記』に伊勢の品遅部(ほむぢべ)君・佐那造(みやつこ)の祖であり、その名を倭老師木登美朝倉曙立王(やまと・お・しき・とみ・あさくら)であると書かれています。師木は磯城郡、登美は三輪山の麓、朝倉は初瀬の出雲郷の西です。

    11代垂仁天皇と和珥氏の母との間に生まれた皇子本牟智和気(ホムチワケ)は、八拳髭が胸先に伸びるまで言葉が喋れなかった。(出雲国仁多郡三津郷にいた阿遅須枳も髭が八握に伸びるまで言葉が喋れなかった)
    そこで天皇は曙立王と弟の菟上王(うなかみのみこ)を添えて出雲に遣ったところ、斐伊川の所で喋れるようになった(阿遅須枳も斐伊川で喋れるようになった) 喜んだ天皇は菟上王に出雲神の神宮を造らせた(古事記)

    このように佐那神社は出雲と和珥氏に深い関係があるのですが、出雲氏族の三輪氏はその系図の中で大田田根子の叔父阿田賀田須が、和珥氏の始祖であると記しています。阿田賀田須(あたかたす)は宗像氏の始祖でもあります。宗像氏は宗像大社に多紀理姫・市杵島姫・多岐津姫を祀りますが、多紀・多岐は多気です。
    和珥氏は浅間神社に木花咲耶姫を祀っていますが、木花咲耶姫の本名は吾田(あた)津姫で阿田賀田須の(あた)と共通します
  • 信濃國伊那郡 阿智神社
    旧郷社

    御祭神
    天八意思兼命 天表春命
    配祀
    誉田別命 健御名方命 大山咋命

    長野県の阿智村にある。
    阿智町役場の北西3Kmほどの智里(ちさと)に鎮座。
    阿知川を遡って153号線を西へ進み、
    256号線に入って1Kmほどの昼神温泉に阿智神社前宮(前社)がある。

    256号線から北へ入った場所に境内があるのだが、
    入る場所を間違えて、僕は境内の裏から参拝した。
    ということで、一度境内を通過し、表参道に戻って参拝開始。
    参道の坂道を上ると鳥居が立っており、鳥居の奥に手水舎。
    手水舎の前を通過し、階段を上ると、もう一つの鳥居。
    鳥居をくぐると、社殿のある林の中の境内。

    「鳥居をくぐる」と記したが、実際にはくぐっていない。
    参道の二基の鳥居には、細い注連縄が張られているのだが、
    胸の高さの位置に張られているため、くぐる事をためらった。
    通常の神社の鳥居では、注連縄は上部の貫(横棒)の位置にあるのだが、
    阿智村周辺の神社では、鳥居の脚の部分の中ほどに張られているようだ。

    境内の奥、北側に南向きの社殿。
    入母屋造妻入りの拝殿の後方に、本殿を納めた覆屋が接続した形式だ。

    拝殿の左手の木に、白い御幣が掲げられていた。
    なにか意味のあるものだと思うが、詳細は未確認。
    西側にあることから、奥宮を遥拝するものなのかもしれない。

    創祀年代は不詳。
    社伝によると人皇第八代孝元天皇五年春正月、
    天八意思兼命が御子神を従えて信濃国に天降り鎮座したという。
    式内社・阿智神社に比定されている古社。

    鎮座地である「昼神」の地名は「蒜噛」を好字に替えたもの。
    『日本書紀』景行天皇四十年の条に、日本武尊が信濃の山中で白鹿となって現れた神に
    蒜(ひる)を投げつけて殺したため道に迷って難渋したが白い犬に助けられ美濃に出たとあり、
    以前は、信濃坂を越える者は、神の気を受けて病になる者が多かったが、
    この後は、山を越えるものは蒜を噛んで人や牛馬に塗ると神気にあたらなくなったとある。

    祭神は、天八意思兼命とその御子・天表春命。
    天表春命は帰化人である阿智祝の祖と考えられ、
    出雲系の諏訪族に対する、天孫系の尖兵として当地に駐留したと伝えられ、
    奥宮の地は天表春命の墳墓という説がある。

    一説には、当社は戸隠神社の元宮であるといい、
    阿智神社は吾道宮とも称し、
    『信濃地名考』には、天八意思兼命の御子・手力雄命は吾道宮に鎮座した後、
    戸隠神社奥社へ遷座したと記されている。
    また、天八意思兼命を祭神とする戸隠神社中社や
    天表春命を祭神とする戸隠神社宝光社は当社から分祀されたものという説もあるらしい。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。