翰苑 倭國

December 2018 編集されました カテゴリ: 古代史書
image翰苑 倭國

『翰苑』 は唐の時代の 張楚金が撰し、雍公叡が注した「類書」。  「類書」とは、多くの書物の中からその内容を分…

Read the full story here


コメント

  • 『翰苑』(660年成立)新羅条に「任那」が見え、その註(649年 - 683年成立)に「新羅の古老の話によれば、加羅と任那は新羅に滅ばされたが、その故地は新羅国都の南700~800里の地点に並在している。」と記されている。
    『通典』(801年成立)辺防一新羅の条に「加羅」と「任那諸国」の名があり、新羅に滅ぼされたと記されている。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。