ユーザ用ツール

サイト用ツール


cms:feed

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

cms:feed [2016/12/28 ] (現在)
N_Miya 作成
ライン 1: ライン 1:
 +
 +====== RSS/ATOM フィードの集約 ======
 +
 +[[:​ja:​dokuwiki|DokuWiki]] では、外部サイトの [[wp>​Web_feed|XML フィード]]からデータを取得してページに埋め込むことができます。DokuWiki 自体の XML フィード出力機能については、[[:​ja:​syndication|XML フィード]]を参照してください。
 +
 +===== 構文 =====
 +
 +RSS や ATOM フィードを含めるのは簡単です。以下に、スラッシュドット・ジャパンの最新の見出しを含める場合の例を示します。
 +
 +  {{rss>​http://​slashdot.jp/​slashdotjp.rss}}
 +
 +{{rss>​http://​slashdot.jp/​slashdotjp.rss}}
 +
 +XML フィードの解析には [[http://​simplepie.org/​|SimplePie]] を利用しています。SimplePie で解釈可能なすべての形式が DokuWiki でも利用できます。以下に示すパラメータをスペース区切りで追加することにより、出力を変化させることができます。
 +
 +^ パラメータ ​ ^ 説明 ​ ^
 +| 数字 ​       | 表示するアイテムの上限数として使用されます。デフォルト値は 8 です。 |
 +| reverse ​    | アイテムを逆順で表示します。フィード内の最後のアイテムが最初に表示されます。 |
 +| author ​     | アイテムの著者名を表示します。 |
 +| date        | アイテムの更新日時を表示します。 |
 +| description | アイテムの説明を表示します。[[:​ja:​config:​htmlok|HTML の埋め込み]]が許可されていない場合は、すべてのタグが取り除かれます。 |
 +| //​n//​[dhm] ​ | フィードの再取得間隔を指定します。d は日、h は時、m は分を表します (例: 12h = 12 時間)。 |
 +
 +再取得間隔のデフォルト値は 4 時間です。10 分以下の値を設定してもすべて 10 分として取り扱われます。通常 DokuWiki はキャッシュされたバージョンのページを供給しようとしますが、動的な外部コンテンツを含む場合、この動作は明らかに不適切です。パラメータを指定することで、最後のページレンダリング処理から//​再取得間隔//​以上の時間が経過した場合に再びレンダリング処理を行うよう DokuWiki に指示できます。
 +
 +パラメータの指定を含む例を以下に示します。
 +
 +  {{rss>​http://​slashdot.jp/​slashdotjp.rss 5 author date 1h}}
 +
 +{{rss>​http://​slashdot.jp/​slashdotjp.rss 5 author date 1h}}
  
cms/feed.txt · 最終更新: 2016/12/28 by N_Miya